Foundation

構成をつかめば
企画書は見えてくる

企画書づくりで大切なのは、最初にきちんと構成を決めること。小説で言えば「あらすじ」だ。
「まず、序論、本論、結論という流れをつくってみると、全体の構成が見えやすくなると思います」と山﨑さん。
序論は企画書全体のサマリー(要旨)、結論は文字どおり「まとめ」。
本論については「最低限伝えたいこと、伝えるべきことをツリー状に書き出し、その論拠を補う情報を当てはめていきます。こうすると、集めた情報の中から何を選び、何を捨てるべきかということがはっきりします」。
企画書づくりで陥りやすい失敗の 1 つは、とにかくたくさんの情報を集め、整理もしない状態で並べてしまうこと。これでは相手に「何が言いたいのか」が伝わらないのも無理はない。

山﨑 紅さん

Akashi Yamazaki

富士ゼロックス変革マネジメント部マネージャー、人材開発コンサルタント。人事本部人材開発戦略グループ長などを経て現職。コミュニケーション力強化を得意とし、著書、講演多数。成蹊大学非常勤講師も務める。

資料の基本構成

必ず通る企画書をつくる 3 つのポイントとは?

伝えたいこと、伝えるべきことを集約すると、おのずと盛り込む情報が減量されるので、企画書の枚数も少なくなる。余分な情報のノイズが減るので、相手に「言いたいこと」がストレートに伝わりやすくなるのだ。では、伝えたいこと、伝えるべきことを集約するうえでのポイントは何か? 山﨑さんは「What、Why、How の 3 つをきちんと押さえること」だとアドバイスする。「What はこの企画がどういうものか、Why はこの企画がなぜ必要なのか、How はこの企画をどうやって実現するのかを伝えるための情報です。この 3 つを相手にすっと理解してもらえれば、企画が通る可能性は格段に高まるはず。営業先への提出資料はもちろん、社内資料も、要旨が明確なら上司の確認や意思決定のスピードが上がります。書くべきことが明確な分、資料作成のスピードも向上しますね」。では What、Why、How をどうまとめればいいのか?次のページから詳しく解説しよう。

知っておきたいパワポ術
その 1

最新の環境でもっと充実
Office 365 サービス × Office 2016

「議論を深めたり、イメージを広げるツールとしても PowerPoint は役立ちますね」と山﨑さん。「Office 365 サービス」では、「Microsoft OneDrive」に保存したプレゼンテーションのクラウドでの保存・共有や、「Office Online」を使った共同作業が可能。さらに最新の「Office 2016」では、プレゼンテーションを簡単に共有できる「共有」タブをリボンに新たに設置。Web 会議などでの使いやすさはさらに向上した。ほかにも新機能として、プロフェッショナルなデザインが一瞬でできる「PowerPoint デザイナー」や、スライド間の切り替えなどが美しく表示される「変形」など、より魅力ある企画書が素早く作れる豊富な機能が搭載されている。

撮影協力:世界最軽量モバイル PC「LAVIE Hybrid ZERO」(Office Premium 搭載で Office 365 サービスが 1 年間無料) は
こちら