Office Premium 活用編 - 大容量 OneDrive を活用!

OneDrive で、マルチデバイスで、Skype で! Office の楽しさがもっと広がる Office 365 サービスの活用法を解説します。

1 TB の大容量だから安心。身のまわりにある写真・映像・ドキュメントの
データを OneDrive に引越ししよう!

身のまわりにある、写真・映像・ドキュメント ファイルなどを、OneDrive にバックアップ保存しませんか? USB や DVD に保存しているデータも、まとめて OneDrive にバック アップ保存すれば、見たいときにあちこち探さなくても大丈夫!また PC が壊れたり、紛失してもデータは残っているので安心です。

様々な場所に保存しているデータ/スマホで撮影した写真/Windows の設定をバックアップ/OneDrive

活用1身のまわりのさまざまなデータを OneDrive に引越し

さまざまな場所やメディアに保存しているデータ/データ引越し/OneDrive にたくさんの/データを移してスッキリ!
Pointさまざまな場所で保存されているデータを、OneDrive に引越しすると…
データを持ち歩かずにOK !/PC/USBメモリ/これまで PC や USB に保存していたデータをOneDrive に保存すれば、データを持ち歩かずにどこからでもアクセスOK!データの紛失や破損の心配もなくなります。
データを一括管理できる!/DVDやCD/外付けHDD/容量が多かったり、乱雑に保管しているDVD や CD-ROMなどのデータのバックアップとして、まとめて一括管理できます。
さまざまな場所に保存されているデータを OneDrive に移動する

スタート画面から OneDrive アプリを開き、保存先のフォルダを開いてページを右クリックし、
アプリ バーの[ ファイルの追加 ]を選択します。

スクリーンショット1

追加したいファイルを選択し[ OneDrive にコピー ]を選択すると、コピーされたファイルが
OneDrive に保存されます。

スクリーンショット2

Document 以外の場所からも OneDrive にデータを移動できます。
メディアをパソコンに接続、または挿入すると以下のように表示されます。

スクリーンショット3/USBメモリ/外付けHDD/DVD / CD

それぞれのメディアのフォルダを開き、OneDrive に移すデータを選択して[ OneDrive にコピー ]を選択するだけでOKです。
簡単に OneDrive にデータがコピーされます。元の場所にあるファイルを削除すれば、引越しの完了です。

ドキュメント ファイルの保存先も OneDrive にしよう

PC のファイルの保存先を OneDrive に指定することができます。OneDrive に移動する手間がかかりません。PC に比べて保存容量の比較的少ないタブレットでも、OneDrive にデータを保存することで本体の空き容量を節約することができます。

Office ドキュメントを保存する際、OneDrive を選択して保存します。

スクリーンショット4

※PC がインターネットに接続していない時は、一旦 PC に保存され、インターネットがつながった時に、
OneDrive のフォルダと同期されます。

スクリーンショット5

OneDrive に保存しておけば、外出先でもスマホやタブレットで
Office ファイルにアクセスして確認や編集ができます。

活用2Windows のシステムや設定を OneDrive がバックアップ

OneDrive に Windows のシステムや設定を簡単にバックアップできます。
同じ Microsoft アカウントでサインインした PC 間で、デスクトップの壁紙や言語設定、
Webブラウザーといった各種設定を、OneDrive を通じて同期できます。
タブレットや新しい PC への設定の移行もスムーズにできます。
また、 PC に不具合が起きたり壊れたりしたときも、バックアップがあれば安心です。

○○さんのPCの設定/自動バック アップ/○○さんの PCの設定/○○さんの PCの設定を簡単に同期できる/○○さんのPCの設定/タブレット/○○さんのPCの設定/新しい PC万一 PC が壊れてしまってもデータは安全です/PC の設定は無事だから、ほかのPC やタブレットですぐに環境を再現できるね

注)「この PC の設定をバックアップする」の項目につきましてはあくまでも、設定のバックアップになります。
具体的には以下の通りです。

  • ・パーソナル設定:スタート画面、デザイン、デスクトップの個人設定
  • ・アプリの設定:アプリ、アプリデータ
  • ・その他の設定:Web ブラウザー、パスワード、言語設定、簡単操作、その他の Windows 設定
  • ・バックアップの設定:PC の設定

ハードディスク内のファイルやフォルダを複製するものではありませんのでご注意ください。

バックアップの設定はとっても簡単!

STEP 1 バックアップの設定を行います。

スタート画面で[ Windows + C ]ボタンを押してチャームを表示し、[ 設定 ]を選択し、[ PC 設定の変更 ]を選択します。

スクリーンショット6

[ PC 設定 ]の[ OneDrive ]を選択

スクリーンショット7

[ 同期の指定 ]を選択

スクリーンショット8

[バックアップの設定]をオンにします

スクリーンショット9

STEP 2 設定が有効になっていることを確認します。

続いて、デスクトップでブラウザーから OneDrive を開き、右上の[歯車アイコン]マークをクリック

スクリーンショット10

[ オプション ]を選択します

スクリーンショット11

[ デバイス バックアップ ]を選択します。バックアップが有効になっていることが確認できます

スクリーンショット12
システムや設定を OneDrive にバックアップすれば、どのデバイスでも同じ環境で使えて便利だね

活用3スマホの写真や、メールの添付データを引越し

スマホで撮影した写真や動画、スマホで受信したメールの添付データなどを、OneDrive に簡単に保存できます。
スマホで撮影した写真が常に OneDrive に入るようにしておけば、後から 写真を PC で加工したり、利用することも簡単にできます。保存領域の少ないスマホをお使いでも、安心して写真や動画の撮影ができます。

XXXXX
スマホの写真が常に OneDrive にバックアップされるようにしよう!

まずはOneDrive アプリをインストール

スマホ向け OneDriveアプリをダウンロードしよう。/アプリを開いて登録したMicrosoftアカウントでサインイン。

※ここでは iPhone を例に紹介していますが、Android 版も同じようにストアーから OneDrive をインストールしてください。

撮影した写真を自動的にOneDrive に保存できます。

カメラ バックアップを有効にします。/OneDriveの[設定]からでも設定可能です。/撮影した写真が自動的に OneDriveに保存されます。

OneDrive に保存した写真を見よう!

OneDrive に自動保存された写真を確認できます。

OneDrive アプリを起動します。/下部[ファイル]メニューの[写真]をタップします。/自動的に保存された写真を確認することができます。
XX

受信メールに添付されたデータを OneDrive に保存しよう!

メールに添付されたデータを簡単に OneDrive に保存できます。

受信したメールの添付ファイルを長押し/[OneDrive]で開くを選択。/OneDriveにアップロードを選択/保存したいフォルダの場所を決めて[この場所を選択]を押します。/選択したフォルダにアップロードされると、上記メッセージが表示されます。
スマホで受信した添付データをその場で OneDrive に保存しておけば、後からPCで作業するのもスムーズだね

撮影時、スマホには保存せず、OneDrive だけに保存できる!

スマホで写真を撮影する際、撮影した写真を本体に保存せずに OneDrive のみに保存することによって スマホ本体の保存領域を節約することができます。※iPhone 、iPad に対応しています(2014 年 11 月現在)。

例えばこんな時に便利!/直接 OneDrive に保存できるから、スマホの容量を気にせずにたくさん写真が撮れる!/スマホで撮った写真がOneDriveに自動的に保存される/新郎新婦はOneDrive に保存された当日の写真をすぐに見ることができます。
OneDrive アプリで、保存したい場所(フォルダ)を開いた状態で、右上のアイコンをタップします。/メニューから[アイテムを追加]をタップします。/[写真や動画の撮影]をタップします。/カメラが起動します。撮影した画像や動画はOneDriveのフォルダに保存されます。スマホ本体には保存されません。