カンタン宛名印刷

クイックガイド動画

Word と Excel でかんたん宛名印刷

Excel で作成した住所録を Word に取り込んで宛名面の作成、印刷ができます。

STEP 1Word と Excel で宛名印刷をしよう

1 住所録ファイルの作成

あらかじめ、Excel で住所録のファイルを作成し保存しておきます。住所録テンプレートダウンロードはこちら から。

2 はがき宛名面印刷ウィザードを開く

Word を起動します。

1[差し込み文書タブ]をクリックします。

2[はがき印刷]をクリックします。

3[宛名面の作成]をクリックします。

[はがき宛名面印刷ウィザード]が開きます。[次へ]をクリックして必要事項を入力していきます。

3 はがきの種類を選ぶ

1[はがきの種類を選択してください] の [年賀/暑中見舞い] にチェックを入れてください。

2[次へ]をクリックします。

4 はがきの縦書き/横書きを指定する

1[縦書き] か [横書き] にチェックを入れてください。

2[次へ]をクリックします。

5 書式を設定する

1宛名/差出人のフォントを選択してください。

2縦書きの場合は、この 2 項目にもチェックを入れてください。

3[次へ]をクリックします。

6 差出人の住所を入力する

1宛名面に差出人情報を印刷したくない場合は、チェックを外してください。

2宛名面に差出人情報を印刷する場合は、それぞれのフィールドに情報を入力してください。

3[次へ]をクリックします。

7 差し込み印刷を指定する

1[既存の住所録ファイル]にチェックを入れてください。

2[参照]をクリックします。

3住所ファイルを選択してください。

4[開く]をクリックします。

5[次へ]をクリックします。

8 はがき宛名面作成の終了

1[完了]をクリックします。

2[テーブルの選択]ウィンドウが開いたら、[OK]をクリックします。

9 完成

Excel で事前に作成した内容が表示されているかプレビューのボタンで印刷前に確認することができます。
フォントやレイアウトも調整可能です。

プリントアウトして完成です。

ページのトップへ戻る

STEP 2連名を設定しよう

1 フィールド名を表示させる

1「結果のプレビュー」をクリックし、プレビューを無効にします。

2プレビューを無効にすると、実際の宛名ではなくフィールド名が表示されます。

2 連名を表示するためにフィールドを追加する

1「<<名>>」の後ろをクリックし、「Enter」キーを押して改行させます。

2改行させると、カーソルが②の位置に移動されます。

3「差し込みフィールドの挿入」をクリックします。

4「連名」をクリックします。

5「連名」が追加されます。

3 連名の間延びを整える

1「下揃え」をクリックします。

2「連名」の名前が下揃えで表示されるようになります。

4 敬称を表示するためにフィールドを追加する

1「差し込み文書」のタブをクリックします。

2「<<様>>」の後ろをクリックし、「Enter」キーを押して改行させます。

3「敬称」をクリックします。

4「敬称」が追加されます。

5 連名の確認をする

1「結果のプレビュー」をクリックします。

2「連名」がある場合、「連名」と「敬称」が表示されるようになります。
※このステップで連名を検出、表示するためには住所録エクセルファイルの「連名」の欄に名前が記載されている必要があります。

ページのトップへ戻る

住所録テンプレート

大切な住所録も OneDrive にバック アップをとっておこう! テンプレートを使えば、住所録管理も簡単! 住所録(はがき作成) 年賀状作りにかかせない住所録もテンプレートを使えばラクラク。データを OneDrive 内で管理しておけば、どこからでも編集できて常に新しい情報を入手可能!

ページのトップへ戻る