A person using Office applications on their Windows device
¥32,184 (税込)
¥32,184 (税込)
概要 要件 FAQ レビュー

主な機能

Office Personal 2019 があれば、いつでも、どこでも、だれとでも、最高の仕事ができます。最新バージョンのデスクトップ アプリケーションは、最大限の生産性を実現するように設計されています。強力な編集機能で本格的なドキュメントをすばやく作成したり、レイアウトをピクセル単位で調整しながらコントロールをデザインしたりできるほか、新しい組み込みの Excel ツールによって、データからさらに多くの洞察を迅速かつ簡単に得ることができます。クラウド上のドキュメントには、必要なときにいつでもアクセスできます。ドキュメントをオンラインに保存すれば、チームで共通認識を持つことも簡単です。スイート全体に組み込まれているチーム コラボレーション ツールを使って、プロジェクトの共有、発表、共同作業を行うこともできます。

                                                                                                                              必要なアプリケーションが見つからない場合すべてのオプションを表示

最も多く寄せられる質問

Office 365 は、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、Access などの常に最新のアプリが含まれているサブスクリプションです (Publisher と Access は Windows PC でのみご利用になれます)。アプリは、Windows PC、Mac、iPad、iPhone、Android タブレット、Android スマートフォンなどの複数のデバイスにインストールできます。さらに Office 365 には、1 TB の OneDrive ストレージ、1 か月あたり 60 分の Skype 無料通話、電話とチャットによる Microsoft サポートなどのサービスも含まれています。サブスクリプションをお持ちの場合、常に最新のアプリを入手でき、リリースと同時に更新プログラムを自動的に受け取ることができます。


Office 2019 は永続版製品であり、Windows PC または Mac で使用するための Word、Excel、PowerPoint などのアプリケーションが含まれています。Office 365 に含まれるサービスは一切含まれません。永続版にはアップグレード オプションはありません。つまり、次のバージョンへのアップグレードを計画している場合、その永続版を通常価格で購入する必要があります。

Office 365 と Office 2019 の違いの詳細については Office サポートでご確認いただくか、比較表を使用してニーズに合った Office バージョンを選択できます。

まず、条件を満たす教師と学生に無償で提供される Office 365 Education の対象となるかどうかを確認します。この製品には、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Microsoft Teams、その他の Microsoft クラスルーム ツールが含まれます。Office 365 Education は試用版ではありません。このプログラムに正式に登録を済ませている認定を受けた教育機関は無料で利用できます。

 
自分の学校が Office 365 Education の対象になっていない場合は、その他のオプションから選択して、予算とニーズに合った Office バージョンを見つけることができます。

自分のコンピューター、モバイル デバイス、ブラウザーで Office を実行できるかどうかを確認するには、Office のシステム要件ページを参照してください。

Office のインストールとライセンス認証には、インターネット アクセスが必要ですが、Word、Excel、PowerPoint などの Office アプリケーションをコンピューターに完全にインストールすれば、これらを使用するためには必要ありません。

Office を購入すると、Microsoft アカウント ページの [サービスとサブスクリプション] セクションからインストールできます。

 
Office のダウンロード、インストール、再インストール、またはライセンス認証に関する詳細なサポートについて、または Office の更新プログラムの詳細なガイダンスについては、Office サポートのこの記事を参照してください。

Office 365、Office 2019、Office 2016、2013、2010、2007 のユーザーと、Office for Mac 2011 および 2008 のユーザーは、ドキュメントを開いて表示することができます。ただし、これらの以前のバージョンでは、互換機能パックのインストールが必要になる場合があります。

はい、Office 365 トレーニング センターには、Office を最も効果的に使うためのクイック スタート ガイド、クイック ガイド、ヒントとコツ、トレーニング コースが用意されています。

Office 365 のよくある質問 (チャット リンク付き): https://products.office.com/microsoft-office-for-home-and-school-faq

Office サポート フォーラム (チャット リンク付き): https://support.office.com/