セキュリティ基本対策 5 か条

3. アカウントやパスワードを管理する

ビデオでもご確認確認いただけます

セキュリティ基本対策5か条 - 3. アカウントやパスワードを管理する [YouTube]

ひとつのアカウントを複数の人で共有して利用するのではなく、ひとりひとりがアカウントを作成し利用することが重要です。アカウントを分けることで、同一 PC にログオンした場合でもそれぞれの作業スペースが分離するため、万が一、アカウントのパスワードを盗み取られた場合やウイルスに感染した場合でも、被害範囲を最小限に抑えることができます。またアカウントを共有利用していた場合、セキュリティ事故が発生した際に、実際には誰が作業を行ったのか、正規の作業であるのか、という判断を行うことができず、対処の遅れや被害の把握に支障をきたすことがあります。企業だけではなく、家庭内で家族が利用する共有の PC であっても、それぞれのアカウントを作り、PC を利用することをお勧めします。

企業だけではなく、家庭内で家族が利用する共有の PC であっても、それぞれのアカウントを作り、PC を利用することをお勧めします
企業だけではなく、家庭内で家族が利用する共有の PC であっても、それぞれのアカウントを作り、PC を利用することをお勧めします
Windows 10 のアカウント管理画面

(Windows 10 のアカウント管理画面)

また PC や Web サイトへログインする際に利用するパスワード含め、パスワードは英数字記号、大文字小文字を組み合わせ最低でも 8 桁以上の推測されにくいものを設定してください。複数のサービスで同じパスワードを使いまわさないようにします。

パスワードの管理方法やより安全なログイン方法を知りたい方は、下記の関連サイトやビデオも併せてご覧ください。