ゆりか先生のセキュリティひとくち講座
あなたを狙う不正品 ~被害に遭わない為のポイント

非正規品の PC やソフトウェアは、不正な商品を扱う露天商での販売に加え、オンライン ショップや、オークション サイトを利用した販売が多く報告されるようになってきました。
悪質な偽造品や不正商品や、信頼できない流通経路で PC やソフトウェアを購入すると、「インストールできない」「認証ができない」「動作が不安定になる」といった被害に加え、マルウェアに感染してしまう可能性があります。マイクロソフトが行った調査 (英語情報) によると、信頼できない流通経路で販売されていた PC の約 20% の PC には、このようなマルウェアが含まれて販売されていました。マルウェアは、大きな犯罪を行うためにあなたの PC を踏み台にしたり、こっそりとあなたの情報を盗んで行ったりします。また、ファイルや写真の共有や電子メールの送信などを通じて、家族や友達の PC へも感染を広げ、被害を拡大させます。
非正規品によく見られる特徴を理解し、トラブルに巻き込まれないよう十分に注意してください。

■購入前に確認するポイント

ポイント 1: 正しいパッケージやラベルが貼られていますか?

偽造防止のための仕組みがあります。偽造品は、外見から判断できることがあります。注意深く確認しましょう。

  • 正規のラベルが貼られていますか?
  • ホログラムがありますか?
    • ソフトウェア パッケージを購入した場合は、ホログラフィックの CD または DVD が同梱されています。ディスクを傾けると、あざやかな色彩と 3D エフェクトが表示されます。また、このホログラムはディスクと一体になっており、剥がすことはできません。
  • パッケージにミスはありませんか?
    • ソフトウェア パッケージに記載されている文字に、スペルの間違い、ぼやけた文字はありませんか? また、印刷品質が悪い、画像がぼやけている、デザインが乱れているなどの特徴はありませんか?

ポイント 2: 信頼できる販売店ですか?

非正規品の多くは、信頼できない経路で販売されています。安全に製品を購入するために、Microsoft ストアまたは、信頼できる販売店から購入してください。
また、日本国内向けにソフトウェアのダウンロードによる販売も行われていますが、Microsoft ストアおよび正規の販売代理店に限られています。Microsoft atLife ご購入情報などを参考にし、信頼できる販売店であるかを十分に確認してください。

ポイント 3: 利用可能なエディション、ライセンスですか?

OEM 版、DSP 版と呼ばれる特定な目的での利用向けエディションや、日本では発売していない他言語版などがあります。これらのエディションは、目的外での購入および利用はできません。また、製品を利用するためには、個人、企業など、利用用途に応じた正しいライセンスを受ける必要があります。正規に販売されているエディションであるか、正しいライセンスがあるか、製品情報や、購入情報で確認を行ってください。

■その他にもこんな点にも注意してみましょう

  • 適切な価格ですか?

    現在確認されている非正規品の多くは、格安の価格を提示し多くのユーザーを呼び込みます。価格の比較を行いながら、「うますぎる話」ではないか、確認を行いましょう。

  • 個別販売ではありませんか?

    回復ディスクは、元の出荷された PC 以外の PC にはインストールできない、あるいは正常にライセンス認証が行えない場合があります。また、プロダクト キーは、単体では販売されていません。

  • 中古品の場合

    中古 PC やソフトウェアを購入する場合は、ライセンスがすでに他の PC で利用済みではないか、確認を行ってください。不安な方は、マイクロソフト再生 PC 用プログラムを参考にして、安全な再生 PC の購入を行ってください。

イラスト:講師

■正規品ではないことが疑われる場合

非正規品の販売を発見された方は、マイクロソフト情報提供窓口まで、ご報告ください。また、利用している PC に「正規品ではありません」のメッセージが表示される、購入元に不審な点が思い当たるなどの正規品ではないことが疑われる場合は、サポート技術情報を参考にしてください。