セキュリティ ツール

マイクロソフトでは、デバイスを保護するためのさまざまなツールを提供しています。デバイスのセキュリティ強化にご利用ください。これらのツールはすべて無料です。

ウイルスから保護する

デバイスをウイルス、スパイウェアなどのマルウェアから守ります。

Windows 10、Windows 8 以降:

  • Windows Defender
    Windows 8 以降の Windows では、ウイルス、スパイウェアなどのマルウェアから保護する機能 (Windows Defender) があり、すぐに使用できるようになっています。

Windows Vista、Windows 7:

  • Microsoft Security Essentials
    Microsoft Security Essentials は、Windows Vista および Windows 7 を稼働しているデバイス用のツールです。

最新の状態を保つ

最新のセキュリティ更新プログラムをインストールし、オンラインのデバイスの安全性を高めます。

  • Windows Update
    Windows や Office などのマイクロソフト製品に対するセキュリティ更新プログラムなどを、お使いのデバイスへ自動的に配信しインストールを行う仕組みです。既定の設定では、自動更新が有効になっているため、自動的に、新しいセキュリティ更新プログラムの公開を確認し、デバイスにインストールします。
    Windows Update の利用手順、Microsoft Update へ切り替える方法、および自動更新が有効かを確認するには「Windows Update の利用手順」を参照してください。

ウイルス感染を確認する

ウイルスやスパイウェアなどのマルウェアに感染している可能性がある場合は、デバイスをスキャンしてください。

  • 悪意のあるソフトウェアの削除ツール
    Blaster、Sasser、Mydoom などの特定の悪意のあるソフトウェア (マルウェア) をチェックして、検出された感染を除去します。
  • Microsoft Safety Scanner
    必要に応じてスキャンを実行し、ウイルスやスパイウェアなどのマルウェアを駆除することができます。Microsoft Safety Scanner は、既存のウイルス対策ソフトウェアがインストールされている環境でも、セカンド オピニオンとして使用できます。
  • Windows Defender オフライン
    悪意のあるソフトウェアの一部は、デバイスからの削除が非常に難しい場合があります。Windows Defender オフラインを使用すると、最新の脅威の定義を使用して、デバイスを再起動しながら Windows 上からは確認が難しいルートキットのようなソフトウェアを検出して削除できます。