Azure リソース用マネージド ID

構築するアプリやクラウド サービスの資格情報の管理が不要になります。

組織を安全に守るシームレスな ID ソリューション

マネージド ID とは?

Azure リソース用マネージド ID は、クラウド サービスに安全にアクセスするのに役立ちます。マネージド ID を利用すると、資格情報の管理、ローテーション、保護をすべて Azure に任せることができます。

マネージド ID を使用して Azure のサービスにアクセスする

マネージド ID の用途は、Azure Active Directory (Azure AD) 認証をサポートするクラウド サービスどうしの通信です。

システム割り当てマネージド ID

1 つの Azure リソースに対して 1 つのシステム割り当てマネージド ID を有効にします。システム割り当てマネージド ID のライフサイクルは、その ID が表す Azure リソースにひも付けられています。

ユーザー割り当てマネージド ID

ユーザー割り当てマネージド ID を 1 つ作成し、これを 1 つ以上の Azure リソースに割り当てます。ユーザー割り当てマネージド ID のライフサイクルは、その Azure リソースからは独立しています。

マネージド ID をサポートする Azure のリソース

構築するアプリで使用する Azure のリソースから、Azure Key Vault や Azure SQL などのサービスに接続します。

マネージド ID をサポートする Azure のサービス

資格情報不要で Azure のサービスに対する認証を行う方法を説明します。

Azure リソース用マネージド ID の詳細はこちらをご覧ください。

マネージド ID に関するその他のリソース

クイックスタート

マネージド ID の使用を開始します。

チュートリアル

マネージド ID を使用する方法を学びます。

よく寄せられる質問

よく寄せられる質問への回答を紹介します。

組織を安全に守るシームレスな ID ソリューション