セキュリティ対策を強化する

データ分類アプローチの評価

マイクロソフト分類ツールを統合または採用することによりデータ保護ロードマップを強化することができます。Gartner レポート「Microsoft Azure Information Protection がデータ分類を取り巻く状況を変革」をご覧いただき、詳細をご確認ください。

Gartner レポートをダウンロード

ポリシーに基づく機密データの検出と保護

Office 365 のデータ損失防止機能により組織の最重要データを保護してください。ポリシー ルール、ポリシー違反の予防的通知、情報保護、集中コンソール、コントロールをカスタマイズします。

Office 365 のデータ損失防止機能の詳細を確認

データを簡単に分類して保護

Microsoft Azure Information Protection を使うと、データを分類し、機密度に基づいて永続的なラベルを適用して、データが組織の外部に移動した場合でも情報を保護することができます。

データの分類と保護に関するこのビデオを見る

レポート作成とアラートにより機密データを監視

Office 365 セキュリティ & コンプライアンス センターを使うと、組織の Office 365 全体にわたるセキュリティ データ レポートを表示できます。監査レポートおよびログにアクセスし、モニタリング ダッシュボードを表示して、ポリシー違反を特定し、修復します。

レポート作成とアラートの詳細を確認

サイバー防御の詳細を確認

「サイバー防御とサイバー犯罪の拡大期:マイクロソフトがお客様とデータの安全を確保」のウェビナーでは、お客様のデータを保護し、デジタル リスクを軽減して、サイバー脅威に対処するためのマイクロソフトのチームが活用する、いくつかのベスト プラクティスをご覧いただけます。

サイバー防御およびサイバー犯罪のウェビナーを見る

搭載された Windows 情報保護を使ってデバイスを保護する

Windows 情報保護を使用すると、個人情報とビジネス情報を識別して、それにアクセスするアプリケーションを制御できます。さらに、さまざまなユーザーによるビジネス データへのアクセスを制御して、組織のサイバーセキュリティを強化できます。

Windows Information Protection の詳細を確認

GDPR コンプライアンスを最新に保つ

Microsoft Cloud Web キャストで、安全保護個人プライバシー権に登録して、保護を強化するのに役立つツールやサービス、また Microsoft 365 によりデータを保護する方法を確認いただけます。

Web キャストに登録する

GDPR コンプライアンスを最新に保つ

Microsoft Cloud Web キャストで、安全保護個人プライバシー権に登録して、保護を強化するのに役立つツールやサービス、また Microsoft 365 によりデータを保護する方法を確認いただけます。

Web キャストに登録する

注目のリソース

Back To Top
close-button