セキュリティ インサイトへの統合ゲートウェイを獲得する

複数のソリューションをつなぐことでセキュリティを強化する

複数のソリューションをつなぎ、既存のワークフロー、アラート、コンテキスト情報と統合することで、脅威の検出に関する優れたインサイトを獲得し、インシデント対応を強化することができます。

詳細はこちらSecurity API に関するドキュメントを表示する

よりインテリジェントなセキュリティ アプリの構築

Microsoft Graph の一部として利用できる Security API が、マイクロソフトやパートナー様のセキュリティ ソリューションと統合するための標準インターフェイスと共通スキーマをどのように提供するかご確認ください。1度認証して、単一の API コールを作成。複数ソースのセキュリティ インサイトにアクセスしたり、それらのインサイトに基づいた判断も可能。さまざまな SDK やコード サンプルを利用して簡単に開始できます。

C# のサンプルで開始するPython のサンプルで開始する

アラートを SIEM にストリーミングする

多くの企業では、セキュリティ情報およびイベント管理 (SIEM) システムが、セキュリティ オペレーションのハブとしての役割を果たしています。Security API からのすべてのアラートを Azure Monitor を通じて、同じ API スキーマでストリーミングも可能。これにより、SIEM でのマッピングと関連付けを簡単に行えるようになります。

SIEM 統合に関する詳細を確認する

セキュリティ エコシステムを強化する

マイクロソフトの Security API で簡単に Microsoft Intelligent Security Graph に接続可能。また Microsoft Intelligent Security Graph の機能を拡張することができます。Security API を使用して、他のソリューションからセキュリティ インサイトを獲得できるだけでなく、Graph を通じて自社のセキュリティ アラートおよびコンテキスト情報を提供したり、機能を公開したりできます。

Microsoft Graph への参加に関する情報をリクエストする

Back To Top
close-button