*
*
Windows Server 2008 R2 早わかりライセンス ガイド Windows Server 2008 R2 サーバー ライセンスを正しくお得に購入しよう!
*
*
今すぐこちらへ
*
ライセンス購入ケース スタディ
Windows Server 2008 R2 のライセンス基礎知識 仮想化環境とライセンス ボリューム アクティベーション 2.0 サービス プロバイダー向けライセンス
*
サーバー ライセンスと CAL の種類とモード、そして仮想化環境での実行可能なインスタンス数など、Windows Server 2008 R2 ではさまざまなライセンスの購入パターンがあります。ここでは、最適で、お得なライセンスの購入方法をケース スタディでご紹介します。
*
*
CAL を賢く購入するならこちら
外部ユーザーのアクセスが多い場合はこちら
社内サーバーが少ない場合にはこちら
ソフトウェア アシュアランスで賢く購入
仮想化環境におけるライセンスの注意点
OEM のライセンスはこちら
*
バージョンアップも見据えた、L+SA の賢い購入プラン
*
Windows Server 2008 R2 のライセンスを購入するなら、今後のバージョンアップを見据えて、L (製品ライセンス) + SA (ソフトウェア アシュアランス) による購入をおすすめします。アップグレード特典のある SA 付きで Windows Server を購入することで、将来的に最新バージョンへの移行コストを節約できます。
*
L のみで購入した場合 L+SA を購入した場合
*
最新バージョンへの移行なら、CAL も L+SA がお勧め
*
CAL のバージョンは、サーバーと同じバージョンか、もしくはサーバーよりも新しいバージョンであることが必要です。また、クライアントのアクセスするサーバーが 1 台でも新しいバージョンになると、CAL も最新バージョンが必要となります。
*
そこで、CAL も L+SA で購入しておけば、常に最新バージョンのサーバーを利用できるので、移行をスムーズに行え、将来的な CAL 購入費用を抑えることができます。また、すべての CAL を SA 付きで購入しておけば、サーバーのバージョンが混在している場合でも、思わぬライセンス違反の発生を防止できます。
*
L のみで購入した場合 L+SA を購入した場合
*
*