仮想化

データセンターおよびハイブリッド クラウドでのエンタープライズ クラスの仮想化の実現

マイクロソフトの仮想化ソリューションが提供するすばやい展開と保守は IT の効率性と柔軟性を大幅に向上させます。オンプレミスとクラウドで同じ仮想化プラットフォームを使用して、多くのワークロードを小数のサーバーに統合してコストを削減し、俊敏性を向上させることができます。

Windows Server 2012 R2 評価版のダウンロード System Center 2012 R2 評価版のダウンロード
Telefonica がハイブリッド クラウドを採用

仮想化によって次世代のデータセンターが実現し、需要の高いほとんどのワークロードの効率性と可用性が向上しました。プライベートおよびハイブリッド クラウドの包括的なプラットフォームを作成するために、マイクロソフトの仮想化ソリューションは、サーバー ハードウェアの統合など、基本的な仮想化機能を越えた多くの機能を提供します。このことは、コストと運用の効率性を大幅に削減できることを意味します。

ワークロードの仮想化、プライベート クラウドの構築、パブリック クラウドを介したサービスのスケール、またはこれらの組み合わせを目的とした場合のいずれでも、Windows Server 上に構築されたマイクロソフトの仮想化および管理ソリューションを使用すると、リソース管理を向上させ、IT をサービスとして提供することができます。また、VMware からマイクロソフトに移行すると、ビジネス ニーズに合わせてクラウド コンピューティングを活用できます。

利点

  • 使い慣れたプラットフォーム (Windows Server に組み込まれた Hyper-V) でのコスト削減と運用の効率化
  • 単一のコンソール ビューで利用できる物理、仮想、およびクラウド環境の統合管理ツールの包括的なセット
  • プロセッサ単位でライセンスされる無制限のデータセンター仮想化および管理製品で実現する VMware よりも優れた経済性

Hyper-V への移行

過去 3 年間において Hyper-V のシェアは VMware の ESX に比べて 4 倍拡大しています。多くのお客様が既存の VMware インストール ベースに対してマイクロソフト プラットフォームを確認および評価するにつれて、仮想マシンの移行は優先順位の高いタスクとなりました。仮想環境から仮想環境 (ハイパーバイザーから別のハイパーバイザー) への移行である場合でも、物理環境から仮想環境への移行である場合でも、移行によってワークロードおよびサービスの統合、そしてクラウドの基盤へのパスが提供されます。

無償で提供されているソリューションである Microsoft Virtual Machine Converter (MVMC) 2.0 を使用すると、VMware ベースの仮想マシンおよび仮想ディスクを VMware ホストから Hyper-V ホストおよび Windows Azure に変換できます。

このツールの詳細については、http://aka.ms/mvmc (英語) を参照してください。移行オプションの詳細については、migrations@microsoft.com エイリアスに問い合わせてください。