4 つのエディションと 3 つの購入形態

  • エディションと購入形態


    Windows 7/8/8.1 ユーザーは 1年間の無償アップグレードが可能

    Windows 7/8/8.1 ユーザーは、7 月 29 日からの 1年間、Windows 10 に無償でアップグレードすることができます。Windows 7/8/8.1 をお使いのお客様は、ぜひ、この機会に Windows 10 への移行をご検討ください。

    Windows 10 のエディションは Home、Pro、Enterprise、Education の 4 つ

    Windows 10 には、4 つのエディションが用意されます。Windows 10 Home は一般コンシューマー向けのエディションで、使い慣れた Windows のデスクトップ、最新のセキュリティや OS 機能を継続的に提供します。Windows 10 Pro は、中小企業向けのエディションです。Home の機能に加えて、デバイス管理、データ保護、リモート アクセスなどの機能が利用できます。Windows 10 Enterprise は、中堅/大規模向けのエディションで、ボリューム ライセンスのみでの提供となります。Pro の機能に加えて、Device Guard などの高度なセキュリティ機能、ミッションクリティカル システム向けの Long Term Servicing Branch (LTSB) などが提供されます。Windows 10 Education は、教育機関向けのエディションとなります。


    Windows 10 の新規購入方法は 3 つ

    Windows 7/8/8.1 をお使いのお客様は、7 月 29 日から 1年間、Windows 10 に無償でアップグレードすることができます。また、現在ボリューム ライセンスのソフトウェア アシュアランス (SA) を契約されている企業のお客様は、契約にしたがって、1 年間という制約に縛られることなく、Windows 10 に無償でアップグレードすることができます。また、SA を継続して契約することで、Windows 10 に関する各種トレーニング、サポートを受けることができます。

    一方、Windows 10 を新規購入する方法は 3 つ用意されています。1 つは Windows 10 のプレインストールされた PC を購入する方法です (OEM 購入)。もう 1 つはパッケージを購入する方法です (Retail/ESD)。3 つ目の方法は、ボリューム ライセンス (VL) による購入です。Windows 10 Enterprise、Windows 10 Education はボリューム ライセンスのみでの提供となります。



    Windows as a Service で常に最新のイノベーションを

    中小企業が Windows 10 を選択する 3 つのメリット

    このコンテンツのトップページへ