より持続可能な未来に向けた Microsoft の取り組み

Microsoft は、環境負荷の軽減、研究の推進、お客様による持続可能なソリューション構築の支援、環境に配慮したポリシーの提言を通じて、より持続可能な未来へ向けて前進しています。

持続可能な未来に向けた 10 年以上にわたる歩み

Microsoft は、環境負荷の軽減、研究の推進、お客様による持続可能なソリューション構築の支援、環境に配慮したポリシーの提言を通じて、より持続可能な未来へ向けて前進しています。

重点分野

事業全体を通じて、次の分野で最大の効果を発揮できるよう努めています。

Microsoft の看板の前を自転車で走る人。

二酸化炭素削減目標達成への歩み

Microsoft は、自社の排出量を二酸化炭素換算で 1,560 万トン削減しました。

風力タービンと紫色の夕焼け

950 万トンの直接排出量削減

Microsoft の本社にある 125 棟のビル全体でエネルギー消費量を 10% 削減し、その結果として二酸化炭素排出量が削減されました。

持続可能な工場設備の外観

内部炭素課金

2012 年に導入された内部炭素課金により、Microsoft の事業部門は二酸化炭素排出量の削減に対して財務的責任を負うようになりました。

工場の天井に張り巡らされたチューブやパイプ

Microsoft による二酸化炭素排出量の削減

新たなビジネス プラクティスとクラウド対応テクノロジにより、クローバル規模で二酸化炭素排出量を削減しました。

木々がまばらに生えた緑の丘陵

より環境にやさしいデータセンターへの取り組み

Microsoft は、2020 年までに再生可能エネルギーを 60% にするという目標を設定しました。

野原にある風力タービン

年間 11 億 kWh のグリーン エネルギー購入実績

米国環境保護庁により、Microsoft は 2012 年におけるグリーン電力の国内第 3 位の購入企業として認定されました。

チューブ内の水滴から眺めた街。

2030 年までにウォーター ポジティブを達成

Microsoft は、水の消費量を削減すると同時に、自社が事業を営む水ストレスの高い地域において水を補充し、水へのアクセスを向上させます。

渓谷を流れる水

プロアクティブなアプローチによる水の管理

Microsoft は、水不足や汚染、海洋の健全性など、世界の水問題の解決に役立つツールやサービスを開発し、展開しています。

下にある水源から水をすくう手

より優れた水管理

未来にわたる水の確保に AI がどのように貢献しているかをご覧ください。

小さな滝

水の未来

Microsoft は、水の未来は今後の技術革新にかかっていると考えています。

倉庫で在庫を確認する作業者

責任ある調達、リサイクル、廃棄

Microsoft では、各デバイスの製造において、特定の材料に関する法的要件を上回る厳格な環境基準を順守することで、化学物質のリスクに対応した予防的アプローチを推進しています。

ゴールド レベルのゼロ ウェイスト認定アワードを手にする Microsoft Dining Services の Mark Freeman 氏と Senior Facilities Manager の Mohan Reddy Guttapalem 氏

ゼロ ウェイスト認定

米国の Zero Waste Business Council が、Microsoft 本社にゴールド レベルのゼロ ウェイスト認定を授与しました。

タブに戻る

Microsoft の持続可能性に関する取り組みやニュースを入手する

Microsoft の持続可能性に関する取り組みやニュースを入手する

登録していただくと、Microsoft の持続可能性テクノロジに関するメールを定期的にお届けします。

Microsoft をフォロー