Microsoft Translator テキスト API

Microsoft Cognitive Services API コレクションの一部である Microsoft Translator テキスト API は、クラウドベースの自動翻訳(機械翻訳) サービスで、世界の GDP の 95% 以上に対応する多数の言語をサポートしています。Translator を利用して、多言語のサポートが必要なアプリケーション、Web サイト、ツールなどのさまざまなソリューションを構築できます。

Microsoft Translator は、ビジネス向けに開発された、自動翻訳のための実績あるテクノロジで、カスタマイズ性とスケーラビリティに優れています。Microsoft Translator のテクノロジにより、Office, SharePoint, Yammer, Visual Studio, BingSkypeを含むさまざまな Microsoft 製品で翻訳機能が実現されています。開発者は、業界標準の REST テクノロジを利用して Web、デスクトップ、モバイル アプリケーションに翻訳機能を組み込むことで、Translator API の豊富な機能セットを利用することができます。 自動翻訳と Microsoft Translator の仕組みについて詳しくは、こちらをご覧ください。

Microsoft Translator for Business のメリット

エンタープライズ向け
  • 堅牢性の高い実績あるソリューションで、 世界中の企業が利用
  • 世界の GDP の 95% をカバーする幅広い、高品質な言語サポート
  • 企業の IT 組織で求められるセキュリティ要件に対応
 
カスタマイズ可能
  • さまざまなデバイスおよびオペレーティング システムのクライアント アプリケーションおよび Web アプリケーションで動作
  • 企業のワークフローや製品に対応
  • 業界に特化した翻訳のためのカスタマイズをサポート
効果的なスケーラビリティ
  • 1 日当たり数語から数十億語まで対応できるスケーラビリティ
  • 200 万字までの少量であれば無料、大量の翻訳および企業のお客様には割引あり
  • Microsoft やパートナーのソリューションに統合されたクラウド サービスにより市場投入までの期間を短縮可能

エンタープライズ向け

このサービスは、世界中の多数の企業で既存のワークフローに組み込まれ、社内向けおよび社外向けのコンテンツやアプリケーションで使用されています。顧客向けのアプリケーションやサービスで Microsoft Translator を利用した翻訳機能を提供している企業は多く、 eBayEtsy はその一例です。 Hewlett-PackardPressReaderPublic Technologies などの多くの多国籍企業でも Microsoft Translator が使用されています。

カスタマイズ可能

Microsoft Translator では Microsoft Translator Hubを使用して公開前にカスタマイズすることも、 Collaborative Translation Framework (CTF)を使用して公開後にカスタマイズすることもできます。

Microsoft Translator Hub を利用すると、通常利用している用語やスタイルに合わせた翻訳システムを構築できます。CTF では、制御モデルまたはオープン クラウドソーシング モデルを使用して、公開後の翻訳を改善することができます。

効果的にスケーラブルです

Translator は、ニーズに合わせて簡単に使い始めることができます。無料のサブスクリプションに登録することで、月に 200 万字まで無料で利用できます。この上限を超える場合は、月次サブスクリプションを Windows Azure Marketplaceで購入するか、企業のお客様であればボリューム ライセンスを利用できます。 すぐに始めましょう

Microsoft Translatorをフォローする
次の言語でこのページを翻訳します
アプリのダウンロードインストール