Edge のロゴ

iOS と Android 向け Microsoft Edge

Microsoft Edge が iOS と Android * に登場!モバイルデバイスと Windows 10 PC で連続する Web 体験を提供します。お互いにバックグラウンドで同期しているので、異なるデバイス同士でも、まるで同じデバイスのように Web ブラウジングできます。

モバイル版 Edge の画面を表示した Apple と Android 製の電話

アプリをダウンロード

ありがとうございます!

TestFlight を使用してiOS 向け Microsoft Edge プレビューをダウンロードする方法が記載されたメールが Apple から届きます。受信トレイをご確認ください。なお、メールの受信には最大 24 時間かかることがあります。

ありがとうございます!

ダウンロード リンクがまもなくお手元に届きます。

後ほど再度お試しください

後ほど再度お試しください

モバイル版 Edge の画面を表示した Apple と Android 製の電話

アプリをダウンロード

iOS / Android 向け Microsoft Edge イチオシの機能

PC 版の Microsoft Edge でも好評の「ハブ」はモバイルデバイスでも威力を発揮します。あふれる Web の情報を整理し、どこにいても流れを止めることなく Web の情報を管理したり、見つけ出せます。

一人の女性がタイムラインを使用中、コンピューターの傍で電話を持っています。

昨日行っていた作業を素早く見つけます。

ファイルをどこに保存したか、または探しているウェブサイトがわからなくなったことはありませんか?電話を手に取って、過去の利用状況にアクセスできます。1

アプリをダウンロード

画面に Edge の PC で続行機能を表示している iPhone と Android 携帯電話

つながる

PC からモバイルへ、モバイルから PC へ。お互いにバックグラウンドで情報を同期しているので、まるで一つのデバイスのようにブラウズできます。モバイルデバイスと Windows 10 PC の間で簡単にコンテンツを移動させられるので、どこにいても中断した Web ページの続きが見られます **。パスワードやお気に入りもデバイス間で同期されます。

Edge のデータ同期機能を画面に表示した iPhone と Android 端末

活用する

興味のあるコンテンツの集約や整理、管理のお手伝いをする魅力的な機能が内蔵されており、欲しい情報に集中することができます。

「ハブ」はお気に入りや、リーディングリスト、履歴を一箇所に集約して、情報にアクセスしやすくする機能。

「読み取りビュー」を利用することで、広告のようなコンテンツに関係のない情報を取り除き、情報に集中できるようになります。

Edge を画面に表示した iPhone と Android 端末

使いやすい

ボタン一発で呼び出せる「QR コード リーダー」や声で検索できる「音声検索機能」を内蔵しているので、Web の検索や表示、共有を楽々とこなせます。訪問したWebページや入力した情報を端末に残さない「InPrivate モード」も利用できます。

Google Play および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。

Apple および Apple ロゴは、米国および他の国々で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

* Android バージョン 4.4 以降または iOS 10 以降が必要です。デバイスおよび国と地域によってご利用いただける内容およびサポート内容が異なる場合があります。エンタープライズ バージョンの詳細なシステム要件:

コンポーネント要件

プロセッサ

iOS: 該当なし

Android: ARM ベースのプロセッサを搭載した KitKat 4.4 以降のバージョン

メモリ

iOS: 該当なし

Android: 1GB

オペレーティング システム

iOS: iPad® および iPhone® 用 Microsoft Edge には iOS 11.0 以降が必要です。iPad Pro™ 用 Microsoft Edge には iOS 11.0 以降が必要です。Microsoft Edge は最新の 2 バージョンの iOS に対応しています。新しいバージョンの iOS がリリースされると、Microsoft Edge のオペレーティング システム要件は、その時の最新の 2 バージョン (新しいバージョンの iOS および前バージョン) になります。

Android: Android 用 Microsoft Edge は、次の基準を満たすタブレットおよびスマートフォンにインストールできます: ARM ベースのプロセッサを搭載した Android KitKat 4.4 以降を実行していること。

製品の機能性と機能可用性はシステムの古さで異なります。最高の体験をしていただくため、上記のオペレーティング システムの最新バージョンを使用してください。

その他

製品の機能とグラフィックスは、システム構成によって異なる可能性があります。機能によっては、追加の、または高度なハードウェアやサーバー接続が必要になるかもしれません。

ライセンスおよびサービスへのアクセスには Microsoft アカウントおよび/または組織アカウントが必要です。

** Windows 10 Fall Creators Update 以降が必要です。

1 ユーザーがMicrosoftアカウントにサインインされるとき、電話のタイムラインは過去7日間の、タブレットおよびノートブックでのものも含む利用状況を表示します。