コース 23247A:

System Center 2012 によるプライベート クラウドの構成と展開

コース日数:5 Days
交付日:2012年12月28日
言語:日本語, 英語
受講対象者:IT Professionals
レベル:300
テクノロジ:Microsoft System Center 2012
トレーニング タイプ:コース
トレーニング方法:講義形式 (教室)
このコースについて
このコースは、Microsoft System Center 2012 を使用したプライベート クラウドの構成と展開について説明します。
受験対象者のプロファイル
プライベート クラウド インフラストラクチャの設計、インストール、構成を担当するデータセンターの管理者を対象としています。
このコースの目標
このコースにより、次のことを習得できます。

  • プライベート クラウド環境の要件を満たすハイレベルの設計をおこなうことができます。
  • アプリケーション ファブリックを構成し、展開することができます。
  • PXE サーバー、更新サーバー、ソフトウェア更新ベースラインを構成することができます。
  • Microsoft Server Application Virtualization (App-V) を構成し、それを使用して仮想アプリケーションを配列および展開させることができます。
  • ファブリックにサービスを配信するために必須のコア コンポーネントをビルドすることができます。
  • プライベート クラウドへリソースを割り当て、アクセス権を付与することができます。
  • Operations Manager を使用したプライベート クラウドの監視方法について理解することができます。
  • プライベート クラウド環境用に拡張およびカスタマイズするための必須ツールについて理解することができます。
  • Service Manager のコア コンポーネントを設定、構成し、プライベート クラウド ファブリックへ統合することができます。
  • サービス カタログを構成し、Self-Service Portal へ発行することができます。
  • プライベート クラウドでの DPM の展開と構成に必要な知識を得ることができます。
  • プライベート クラウドで Microsoft System Center 2012 Orchestrator を展開、構成し、他の System Center 2012 コンポーネントと統合することができます。

コース概要セクション 1: プライベート クラウドの計画この章では、プライベート クラウドのコア コンポーネントとプライベート クラウドを展開するための要件について説明します。レッスン
  • プライベート クラウドの紹介
  • プライベート クラウドを展開するための要件
  • プライベート クラウド インフラストラクチャの設計
  • System Center 2012 のコンポーネントの概要
  • VMM による Hyper-V クラスタリングの展開
ラボ : プライベート クラウド インフラストラクチャの準備
  • Virtual Machine Manager エージェントの展開
  • VMM を使用した Hyper-V ホスト クラスターの作成
この章により、次のことを習得できます。
  • プライベート クラウドについて説明することができます。
  • プライベート クラウドを展開するための要件を理解することができます。
  • プライベート クラウド インフラストラクチャを設計することができます。
  • Microsoft System Center 2012 のコンポーネントについて説明することができます。
  • VMM を用いて、Hyper-V ホスト クラスタリングを展開することができます。

セクション 2: Microsoft System Center 2012 Virtual Machine Manager によるプライベート クラウドの構成と展開この章では、System Center 2012 Virtual Machine Manager を使用してインフラストラクチャ コンポーネントを構成する方法について説明します。レッスン
  • VMM のアーキテクチャとコンポーネントの概要
  • VMM のインストールとアップグレード
  • VMM のセキュリティとロールの構成
  • ホスト グループの紹介
ラボ : プライベート クラウド インフラストラクチャの構成と展開
  • ホストの確認と構成
  • ホスト グループの構成
  • ユーザー ロールと実行アカウントの構成
  • ライブラリの構成
  • プライベート クラウド インフラストラクチャの準備
  • 新しい仮想マシンの展開
この章により、次のことを習得できます。

  • VMM のアーキテクチャとコンポーネントについて説明することができます。
  • VMM のインストールとアップグレードをおこなうことができます。
  • VMM のセキュリティとロールを構成することができます。
  • ホスト グループについて理解することができます。

セクション 3: プライベート クラウド インフラストラクチャの拡張と保守この章では、VMM プライベート クラウド インフラストラクチャ のリソースを拡張して管理するのに役立つ、Windows 展開サービス(WDS) および Windows Server Update Services (WSUS) が提供する機能の統合について説明します。レッスン
  • PXE サーバーと更新サーバーの役割の概要
  • Hyper-V ホスト サーバーのベアメタルの展開
  • 更新サーバーの役割の構成
  • 更新基準の作成と使用
ラボ : プライベート クラウド インフラストラクチャの保守
  • VMM での PXE サーバーの構成
  • ホスト プロファイルの構成
  • VMM での更新サーバーの役割の構成
  • VMM でのソフトウェア更新基準の構成
この章により、次のことを習得できます。

  • VMM に WDS と WSUS を統合して、PXE (Preboot Execution Environment) サーバーと更新サーバーの役割を提供する方法について説明ができます。
  • Hyper-V ホスト サーバーをベアメタル展開する方法について説明することができます。
  • VMM インフラストラクチャによる更新方法について説明することができます。
  • 更新サーバーの役割を構成することができます。
  • ソフトウェア更新プログラムの準拠基準を作成し修正することができます。

セクション 4: アプリケーション配信の構成この章では、Microsoft Web 配置ツールと Server App-V を使用して、アプリケーションをプライベート クラウドに動的に展開する方法について説明します。レッスン
  • 動的アプリケーション展開の概要
  • Web 配置パッケージ
  • Server Application Virtualization の概要
  • Server App-V コンポーネントの構成
  • 仮想アプリケーションのシーケンス処理と展開
ラボ : 仮想アプリケーションの配信の構成
  • Server App-V Sequencer の構成
  • Server App-V エージェントの構成
  • アプリケーションのシーケンス処理
  • Sever App-V パッケージの展開のテスト
この章により、次のことを習得できます。

  • 動的アプリケーション展開について説明することができます。
  • Web 配置ツールを使用して、Web 配置のパッケージを作成することができます。
  • サーバー アプリケーション仮想化について説明することができます。
  • Server App-V Sequencer と Server App-V エージェントを構成することができます。
  • Server App-V による仮想アプリケーションのシーケンス処理および展開をすることができます。

セクション 5: プライベート クラウド構成要素の作成この章では、プライベート クラウド サービスを提供するための構成要素として使用される基本的なインフラストラクチャ コンポーネントを準備し、展開する方法について説明します。レッスン
  • ゲスト OS プロファイルの構成
  • ハードウェア プロファイルの構成
  • SQL Server プロファイルによる SQL Server の構成
  • アプリケーション プロファイルの構成
  • 仮想マシン テンプレートの構成
  • セルフサービス ユーザー ロールの構成
ラボ : プライベート クラウド構成要素の作成
  • プロファイルの構成
  • 仮想マシン テンプレートの構成
  • サービス テンプレートの作成
  • ユーザー ロールの構成
  • StockTrader アプリケーション サービスの展開
この章により、次のことを習得できます。

  • ゲスト OS プロファイルを構成することができます。
  • ハードウェア プロファイルを構成することができます。
  • SQL Server プロファイルを使用して SQL Server を構成することができます。
  • アプリケーション プロファイルを作成することができます。
  • プロファイル コンポーネントを使用して仮想マシン テンプレートを構成することができます。
  • セルフサービス ユーザー ロールを構成することができます。

セクション 6: プライベート クラウドの展開とアクセスこの章では、プライベート クラウド、System Center 2012 App Controller、およびプライベート クラウド サービスについて説明します。レッスン
  • プライベート クラウド コンピューティングの紹介
  • App Controller のインストールと構成
  • サービスおよびサービス テンプレートの作成と管理
ラボ : プライベート クラウドの展開とアクセス
  • プライベート クラウドの作成と構成
  • App Controller の構成
  • サービスの作成、展開および管理
この章により、次のことを習得できます。

  • プライベート クラウドについて説明することができます。
  • App Controller をインストールし、構成することができます。
  • サービスおよびサービス テンプレートを作成し、管理することができます。

セクション 7: プライベート クラウド インフラストラクチャの監視この章では、System Center 2012 Operations Manager を使用して、プライベート クラウド インフラストラクチャを監視する方法について説明します。レッスン
  • Operations Manager のアーキテクチャとセキュリティ
  • Operations Manager 2007 R2 のアップグレード
  • 通知の構成
  • 管理パックの構成
  • System Center 2012 との統合の構成
ラボ : プライベート クラウド インフラストラクチャの監視
  • エージェントの展開
  • 管理パックの展開と構成
  • 通知の構成
  • VMM の統合の構成
  • DPM の統合の構成
この章により、次のことを習得できます。

  • Operations Manager のアーキテクチャおよびセキュリティの考慮事項について説明することができます。
  • System Center Operations Manager 2007 R2 から Operations Manager 2012 にアップグレードすることができます。
  • Operations Manager で使用できる通知オプションについて説明することができます。
  • 管理パックをインストール、構成、およびアップグレードすることができます。
  • Operations Manager と System Center 2012 の統合を構成することができます。

セクション 8: プライベート クラウド インフラストラクチャの監視の拡張とカスタマイズこの章では、Operations Manager のテンプレートを使用して、さまざまなアプリケーションを監視し、分散アプリケーションの監視を実装する方法について説明します。レッスン
  • SharePoint Server Portal の構成
  • 監視テンプレート
  • 分散アプリケーションの監視
ラボ : 監視の拡張とカスタマイズ
  • カスタム監視の作成
  • 分散アプリケーションの作成
  • サービス レベル管理の構成
  • プライベート クラウド インフラストラクチャのビューの作成
  • SharePoint Integration の構成
この章により、次のことを習得できます。

  • Operations Manager のデータを Microsoft SharePoint Server 2010 ポータルに統合することができます。
  • Operations Manager での監視テンプレートの使用方法について説明することができます。
  • 分散アプリケーションの監視を実装することができます。

セクション 9: プライベート クラウドのサービス管理の実装この章では、System Center 2012 Service Manager のコア コンポーネントを設定および構成し、プライベート クラウド ファブリックに統合する方法について説明します。レッスン
  • Service Manager のアーキテクチャの概要
  • System Center 2012 Service Manager へのアップグレード
  • Service Manager 作業アイテムの紹介
  • Service Manager コネクタの構成
  • Service Manager 通知の構成
ラボ : プライベート クラウドのサービス管理の実装
  • Service Manager の基本設定の構成
  • Service Manager のコネクタの構成
  • セルフサービス ポータルの構成
  • 通知の構成
この章により、次のことを習得できます。

  • Service Manager のアーキテクチャについて説明することができます。
  • System Center 2012 Service Manager にアップグレードすることができます。
  • Service Manager の作業アイテムを理解することができます。
  • Service Manager のコネクタを構成することができます。
  • Service Manager の通知を構成することができます。

セクション 10: プライベート クラウド インフラストラクチャの保護この章では、プライベート クラウドに Data Protection Manager を展開し、構成する方法について説明します。レッスン
  • DPM の展開の計画
  • DPM のアーキテクチャとコンポーネント
  • DPM のアップグレード
  • プライベート クラウドによる DPM の構成
  • プライベート クラウドによるアプリケーション保護の構成
  • プライベート クラウドへのアプリケーションの復元
ラボ : プライベート クラウド インフラストラクチャの保護
  • 記憶域プールの構成
  • DPM 保護エージェントの展開
  • 保護グループの作成および構成
  • SQL Server セルフサービス回復の構成
  • SQL Server 保護グループからのデータの復元
  • SQL Server データを回復するためのセルフサービス回復の実行
この章により、次のことを習得できます。

  • DPM 展開を計画することができます。
  • DPM のアーキテクチャとコンポーネントについて説明することができます。
  • DPM をアップグレードすることができます。
  • プライベート クラウドのための DPM を構成することができます。
  • プライベート クラウドのためのアプリケーション保護を構成することができます。
  • プライベート クラウドにアプリケーションを復元することができます

セクション 11: プライベート クラウドの自動化と標準化この章では、プライベート クラウドに System Center Orchestrator を展開して構成し、他の System Center 2012 コンポーネントに統合する方法について説明します。レッスン
  • Orchestrator のアーキテクチャとコンポーネントの概要
  • コア コンポーネントの展開と構成
  • Runbook の管理
  • 統合パックの構成
ラボ : プライベート クラウドの自動化
  • Runbook Server の作成と統合パックの構成
  • 新しい仮想マシン上にエージェントを展開するためのテンプレートの構成
  • 仮想マシン上のすべてのリソースを保護するための Runbook 作成シナリオ
この章により、次のことを習得できます。

  • Orchestrator のアーキテクチャとコンポーネントについて説明することができます。
  • Orchestrator コンポーネントを展開し、構成することができます。
  • Orchestrator に System Center 統合パックを構成することができます。
  • Runbook を作成し、実行することができます。
  • 統合パックを構成することができます。

セクション 12: System Center Cloud Services Process Pack の構成この章では、Cloud Services Process Pack を実装し、サービス レベル管理を使用する方法について説明します。レッスン
  • Cloud Services Process Pack の実装
  • サービス レベル管理
ラボ : Cloud Services Process Pack の構成
  • Cloud Services Process Pack のインストール
  • ユーザー ロールと設定の構成
  • サービス提供の構成
  • インシデント要求の作成
  • サービス レベル管理の構成
この章により、次のことを習得できます。

  • Service Managerでサービス カタログを実装する方法について説明することができます。
  • Cloud Services Process Pack を実装することができます。
  • サービス要求フルフィルメントを構成することができます。
  • サービス提供を構成することができます。
  • サービス レベル管理について理解することができます。

このコースは、Microsoft System Center 2012 によるプライベートクラウドの構成および展開方法について説明します。いくつかの製品や技術を含む広範な技術なので、管理者は次の領域についての前提条件の知識を持つことが推奨されます。

  • Windows Server 2008 R2 オペレーティング システム
  • Active Directory Domain Services (AD DS)
  • Microsoft SharePoint
  • Windows Server 2008 Hyper-V
  • VMM Service Manager
  • Oracle Opalis
  • Data Protection Manager
  • Operations Manager
  • ネットワークとストレージの経験
  • データ センター管理プロセスの知識
  • 前バージョンの ITIL での作業
  • 前バージョンの MOF (Microsoft Operations Framework) での作業
お問い合わせMCPニュースグループでは、同じ職種の仲間と知り合い、トレーニングや認定試験に関する情報を交換することができます。

Microsoft Learning コミュニティ ページは、お勧めのフォーラムやライブ ミーティングの予定が表示されています。


マイクロソフト ラーニング パートナーを探す

最寄のトレーニング会場を探す

地域:

例: Seattle, WA または Paris, France