コース 80567A:

Microsoft Dynamics AX 2012 インストールとコンフィギュレーション

コース日数:2 Days
交付日:2013年3月14日
言語:日本語, イタリア語, スペイン語, ドイツ語, フランス語, 英語, 簡体字中国語
受講対象者:IT Professionals
レベル:200
テクノロジ:Microsoft Dynamics AX 2012 R2
トレーニング タイプ:コース
トレーニング方法:講義形式 (教室)
このコースについて
この 3 日間の講義形式のコースである「Microsoft Dynamics AX 2012 インストールとコンフィギュレーション」では、Microsoft Dynamics AX 2012 で基本的なインストールとコンフィギュレーションの作業を実行するために必要なツールとリソースが受講生に提供されます。
受験対象者のプロファイル
このコースは、Microsoft Dynamics AX 2012 のインストールおよびコンフィギュレーションの方法を学習するユーザーを対象としています。
このコースは、IT マネージャー、システム管理者、ネットワーク エンジニア、データベース管理者や、組織内で Microsoft Dynamics AX 2012 の設定およびコンフィギュレーションを担当しているその他のユーザーを対象としています。
このコースの目標
このコースを修了すると、次のことを習得できます。
    • Microsoft Dynamics AX 2012 のインストールおよびコンフィギュレーションの主要な概念を確認する。
    • Microsoft Dynamics AX 2012 のアーキテクチャと要件について説明する。
    • Microsoft Dynamics AX 2012 をインストールする。
    • Microsoft Dynamics AX 2012 にユーザーを追加し、組織内のロールに割り当てる。
    • Microsoft Dynamics AX 2012 のロール ベースのセキュリティ アーキテクチャについて理解する。
    • サービスおよびアプリケーション統合フレームワークのアーキテクチャについて理解する。
    • サービスを使用して受信ポートを設定する。
    • IIS にサービスをインストールする。
    • Microsoft Dynamics AX 2012 のワークフローの機能について説明する。
    • 承認ワークフローをコンフィギュレーションする。
    • SQL Server Analysis Services プロジェクト ウィザードを使用する。
    • Microsoft Dynamics AX 2012 のレポート アーキテクチャについて説明する。
    • Microsoft Dynamics AX 2012 SQL Server Reporting Services レポートを配置する。
    • エンタープライズ ポータルを配置およびコンフィギュレーションする。
    • Microsoft Dynamics AX 2012 でモデルを管理する。
    • Microsoft Dynamics AX 2012 で警告、電子メール、およびバッチ処を設定する。
    • Microsoft Dynamics AX 2012 の組織モデルの概要について説明する。
コース概要セクション 1: 概要と計画
この章では、インストール プロセスの概要を示し、Microsoft Dynamics AX 2012 環境で使用されるサーバーについて説明します。
レッスン
  • 概要
  • サーバーの設定
  • ドメイン アカウント
  • 計画
  • アーキテクチャ
  • ハードウェアおよびソフトウェアの計画
  • RAID サブシステム
  • 障害復旧
  • スタッフのスキルの確認
  • 命名規則
  • コンポーネント
ラボ : この章には演習がありません。
この章を修了すると、次のことを習得できます。
    • Microsoft Dynamics AX 2012 の機能と利点について説明する。
    • Microsoft Dynamics AX インストールに含まれるサーバーを挙げる。
    • ドメイン アカウントの要件を確認する。
    • Microsoft Dynamics AX インストールを計画する際の手順について説明する。
    • Microsoft Dynamics AX のアーキテクチャを確認する。
    • Microsoft Dynamics AX のハードウェア要件とソフトウェア要件について説明する。
    • RAID ディスク サブシステムを使用すると最高のパフォーマンスを実現できると共に破壊的なデータの損失から保護できることを説明する。
    • 計画および障害復旧に関する考慮事項について説明する。
    • Microsoft Dynamics AX 2012 を正常にインストールするためにスタッフ メンバーに求められるスキルについて説明する。
    • インストールを整理しておくための命名規則の使用方法について説明する。
    • Microsoft Dynamics AX インストールのコンポーネントを確認する。

セクション 2: インストールこの章では、Microsoft Dynamics AX 2012 をインストールする方法の詳細について説明します。レッスン
  • セットアップ ユーティリティ
  • 環境のインストール
  • シングル コンピューター インストールの実行
  • コンフィギュレーション ユーティリティ
  • サイレント モードでの Microsoft Dynamics AX のインストール
  • Office アドイン
  • 初期化チェックリスト
ラボ : モデルを持つデータベースと AOS を含むテスト環境をインストールします。
この章を修了すると、次のことを習得できます。
    • セットアップ ユーティリティの機能を確認する。
    • データベース、アプリケーション オブジェクト サーバー、アプリケーション ファイル、およびクライアントをインストールする。
    • シングル コンピューター インストールを実行する。
    • クライアントおよびサーバー コンフィギュレーション ユーティリティを使用する。
    • セットアップをサイレント モードで実行する。
    • Microsoft Office アドインをインストールしてコンフィギュレーションする。
    • Microsoft Dynamics AX 2012 初期化チェックリストを操作する。
セクション 3: ユーザーおよびセキュリティの管理
この章では、Microsoft Dynamics AX 2012 のセキュリティ フレームワークを使ってユーザーを管理する方法について説明します。
レッスン
  • セキュリティの概要
  • 認証
  • ユーザーの追加
  • Active Directory グループの追加
  • ロール ベース セキュリティ
  • 拡張可能なデータ セキュリティ フレームワーク
  • セキュリティのカスタマイズ
ラボ : ユーザーの追加
  • Microsoft Dynamics AX 2012 へのユーザーの追加
ラボ : Microsoft Dynamics AX 2012 へのユーザー アクセスの許可
  • ユーザーへのロールの追加
  • ロールへのユーザーの追加
ラボ : ロールの追加
  • Microsoft Dynamics AX 2012 へのロールの追加
この章を修了すると、次のことを習得できます。
    • Microsoft Dynamics AX 2012 のセキュリティのアーキテクチャとコンポーネントについて確認する。
    • Microsoft Dynamics AX 2012 で使用可能なさまざまなタイプのユーザー認証機能について説明する。
    • ユーザーを手動で作成する。
    • Active Directory からユーザーをインポートする。
    • Active Directory グループを手動で追加する。
    • Active Directory グループをインポートする。
    • ロール ベース セキュリティのコンポーネントについて説明する。
    • ユーザーをロールに割り当てる。
    • 拡張可能なデータ セキュリティ ポリシー フレームワークの使用について説明する。
    • ニーズに合わせてセキュリティをカスタマイズする。
セクション 4: サービス
この章では、Microsoft Dynamics AX 2012 のサービスおよびアプリケーション統合フレームワークについて説明します。
レッスン
  • サービスの概要
  • 管理
  • 統合および計画
  • インフラストラクチャおよび配置
  • サービスのトラブルシューティングおよび監視
  • セキュリティ
ラボ : 拡張受信ポートの設定
  • サービスを使用して拡張受信ポートを設定します。
ラボ : IIS への Web サービスのインストール
  • AOS ではなく IIS に Web サービスをインストール
この章を修了すると、次のことを習得できます。
    • アプリケーション統合フレームワークを使用してドキュメントが交換される方法を確認し、システム サービスについて説明する。
    • サービスの設定および管理方法を説明する。
    • 統合機能と、統合の計画方法について説明する。
    • インターネット インフォメーション サービス (IIS) に Web サービスをインストールする。
    • サービスのトラブルシューティングおよび監視に使用するツールを確認する。
    • サービスのセキュリティは Windows Communication Foundation に基づいていることを説明する。

セクション 5: ワークフロー
この章では、Microsoft Dynamics AX 2012 でワークフローを設定および管理する方法について説明します。
レッスン
  • 一般的な機能
  • アーキテクチャ
  • ワークフローの作成
  • グラフィカル ワークフロー エディター
  • 承認要素のコンフィギュレーション
  • 決定のコンフィギュレーション
  • 並列アクティビティのコンフィギュレーション
  • サブワークフローのコンフィギュレーション
  • 明細品目ワークフローのコンフィギュレーション
  • タスクのコンフィギュレーション
  • ワークフロー コンフィギュレーションの完了
  • ワークフロー タイプ
  • 管理
  • 照会とレポート
ラボ : ワークフローの承認のコンフィギュレーション
  • 新しいユーザー ワークフローを作成し、承認要素を追加する
ラボ : 作業項目キューを作成する
  • 作業項目キューを作成する
  • ワークフロー エディターを開く
  • 作業項目キューを使用するようにワークフローを変更する
この章を修了すると、次のことを習得できます。
    • Microsoft Dynamics AX 2012 のワークフローの一般的な機能のいくつかを説明する。
    • ワークフローのアーキテクチャについて説明する。
    • ワークフローを作成し、基本的な設定をコンフィギュレーションする。
    • ワークフロー エディターの機能と使用方法について説明する。
    • 承認要素をコンフィギュレーションする。
    • 手動決定および条件に基づく決定をコンフィギュレーションする。
    • 並列アクティビティをコンフィギュレーションする。
    • サブワークフローをコンフィギュレーションする。
    • 明細品目ワークフローをコンフィギュレーションする。
    • ワークフローのタスクをコンフィギュレーションする。
    • ワークフローを完成させる (エラーの確認、バージョンの有効化と表示、組織へのワークフローの関連付けを含む)。
    • Microsoft Dynamics AX 2012 で使用できるさまざまなワークフロー タイプを確認する。
    • ワークフロー バッチ ジョブを設定する。
    • ワークフロー通知を設定する。
    • 作業項目キューを作成する。
    • ワークフロー上のユーザーのパフォーマンスを確認する。
セクション 6: 分析機能
この章では、Microsoft Dynamics AX 2012 でのキューブのインストールとコンフィギュレーションについて説明します。
レッスン
  • キューブの概要
  • インストールと配置
  • コンフィギュレーション
  • セキュリティ
ラボ : 既定のキューブの配置
  • 既定のキューブを配置する
ラボ : 既定のキューブのコンフィギュレーション
  • 既定のキューブをコンフィギュレーションする
この章を修了すると、次のことを習得できます。
    • Microsoft Dynamics AX 2012 に用意されているキューブとキューブ機能について説明する。
    • ビジネス インテリジェンス コンポーネントをインストールする。
    • SQL Server Analysis Services プロジェクト ウィザードを使用して既定のキューブを配置する。
    • 既定のキューブをコンフィギュレーションする。
    • OLAP データのセキュリティを設定する。
セクション 7: レポート
この章では、Microsoft Dynamics AX 2012 での SSRS レポート アーキテクチャについて説明します。
レッスン
  • 概要
  • レポートの計画に関する考慮事項
  • バッチのサポート
  • インストールと配置
  • レポート サーバーのコンフィギュレーション
  • セキュリティ上の考慮事項
ラボ : レポートをバッチとして設定する
  • レポートをバッチ処理で実行するように設定する
ラボ : レポートの配置
  • PowerShell コマンドレットを使用してレポートを配置する
この章を修了すると、次のことを習得できます。
    • Microsoft Dynamics AX 201 のレポート アーキテクチャを確認する。
    • Microsoft Dynamics AX のレポート機能の実装計画に関する考慮事項を確認する。
    • レポートをバッチ処理で実行する方法について説明する。
    • SSRS レポートをインストールおよび配置する。
    • レポート サーバーをコンフィギュレーションする。
    • Reporting Services のセキュリティ上の考慮事項について説明する。
セクション 8: エンタープライズ ポータル
この章では、エンタープライズ ポータルの概念として、インストール、セキュリティ、配置、認証、コンフィギュレーションと管理などについて説明しています。
レッスン
  • エンタープライズ ポータルについて
  • インストール
  • セキュリティと認証
  • 配置
  • コンフィギュレーションおよび管理
ラボ : この章には演習がありません。
この章を修了すると、次のことを習得できます。
    • エンタープライズ ポータルを構成するコンポーネントについて説明する。
    • エンタープライズ ポータルをインストールするための手順を確認する。
    • エンタープライズ ポータルへのアクセスに関するセキュリティと認証について説明する。
    • エンタープライズ ポータルを配置する。
    • エンタープライズ ポータルのコンポーネントをコンフィギュレーションする。
セクション 9: 管理
この章では、Microsoft Dynamics AX 2012 を管理するために使われる概念について説明します。
レッスン
  • モデル管理
  • システム監視
  • システム管理
  • 電子メールの設定および管理
  • バッチ処理の設定および管理
  • 警告の設定および管理
ラボ : モデルの管理
  • モデルを作成、一覧表示、および削除する
ラボ : バッチ ジョブの設定
  • バッチ ジョブを設定する
ラボ : 警告ルールの設定
  • 警告ルールを作成する
この章を修了すると、次のことを習得できます。
    • モデルを作成、エクスポート、一覧表示、および削除するための手順を確認する。
    • Microsoft Dynamics AX 2012 で使用できる監視ツールについて説明する。
    • 基本的な管理設定の手順を確認する。
    • 電子メール設定とパラメーターを設定および管理する。
    • バッチ処理の使用方法について説明する。
    • バッチ グループ、ジョブ、およびタスクを作成する。
    • 警告を設定する。
セクション 10: 組織モデル
この章では、新しい組織階層を設定するシナリオについて説明します。
レッスン
  • 組織および組織階層について
  • 組織階層の計画
  • 法人の操作
  • 作業単位の操作
  • 組織階層の操作
  • 組織階層の例
ラボ : 組織階層
  • 新しい作業単位を作成して、組織階層を変更する
この章を修了すると、次のことを習得できます。
    • 組織および組織階層について説明する。
    • 組織階層を計画するプロセスを確認する。
    • 法人を作成または変更する。
    • 作業単位を作成および変更する。
    • 組織階層を作成および変更する。
    • 組織階層を使用する方法の例について説明する。

このコースを受講するには、次の条件があります。
  • Microsoft Dynamics AX 2012 で基本的な処理ができること
  • 以下の使用経験
    • Windows Server
    • Active Directory
    • ネットワーク
  • 以下についての理解
    • SQL Server の
    • 理解
    • ドメイン コントローラー
    • Web サービス

次の条件も満たしていることが望まれます。
  • 「Microsoft Dynamics AX 2012 について」コースを修了していること
  • 以下の使用経験
    • SQL Server Reporting Services
    • SQL Server Analysis Services
    • インターネット インフォメーション サービス
    • 以下についての理解
      • ドメイン ネーム サービス
      • Microsoft Exchange (SMTP)
お問い合わせMCPニュースグループでは、同じ職種の仲間と知り合い、トレーニングや認定試験に関する情報を交換することができます。

Microsoft Learning コミュニティ ページは、お勧めのフォーラムやライブ ミーティングの予定が表示されています。


マイクロソフト ラーニング パートナーを探す

最寄のトレーニング会場を探す

地域:

例: Seattle, WA または Paris, France