タッチ カバー

オペレーティング システム:

タッチ カバーは、薄型の感圧式キーボードと保護用カバーが 1 つになったカバーです。カバーを折り返すだけでノート PC がタブレットに早変わりします。またノート PC に戻すのも簡単です。


タッチ カバーは、磁石で正しい位置にカチッと装着されます。Surface のタッチスクリーンを保護する役割も果たします。すべての Surface タッチ カバーは標準キーボード レイアウト、ショートカット キー、ジェスチャが使えるツー ボタンのタッチパッドを備えています。

タッチパッドでのタップとジェスチャについて詳しくは、「タッチパッドの使い方と設定」をご覧ください。タッチパッド設定を使用して、誤ったタップによる予期しない位置へのカーソル移動を最小限に抑えることができます。詳しくは、「タッチパッド設定の変更」をご覧ください。

カバーをカチッと付ける

タッチ カバーは、マグネットで Surface 本体にカチッと取り付けます。
タッチ カバーを Surface に取り付けるには、両方を近づけるとカバーが正しい位置にカチッと付きます。
カバーを取り付けると、カバーはそのまま固定されます。取り外すときは、そのまま引き抜きます。

Surface キーボードをカチッと付ける

カバーを折り返す

Surface をタブレットとして使うときは、カバーを後ろに折り返します。カバーを後ろに折り返した状態では、キーを押しても検知されません。

カバーを折り返した状態でテキストを入力するには、テキスト フィールドなどの入力領域をタップすると、タッチ キーボードが画面上に表示されます。詳しくは、「Surface のスクリーン キーボードの使い方」をご覧ください。

カバーを閉じる

タッチ カバーは、持ち運び中の画面を保護します。Surface Pro または Surface Pro 2 でタッチ カバーを閉じると、画面の電源が切れます。カバーを開いたら、Surface の電源ボタンを押してウェイクします。詳しくは、「Surface の電源状態」をご覧ください。

メモ
タッチ カバーを開いても Surface Pro 3 または Surface 3 はスリープ解除されません。また、タッチ カバーを閉じても画面の電源はオフにならず、Surface がスリープ状態になることもありません。Surface Pro 3 または Surface 3 でタッチ カバーを閉じたときは、本体の電源ボタンを押すことで省電力になります。

タッチパッドを使う

すべての Surface タッチ カバーに、標準キーボード、よく使う機能のショートカット キー、およびタッチパッドが備わっています。

タッチパッドを使う

タッチパッドには右クリック ボタンと左クリック ボタンがあり、ジェスチャがサポートされています。タッチパッドでのジェスチャについて詳しくは、「タッチパッドの使い方と設定」をご覧ください。

タッチパッドの設定を調整する (タッチ カバー 2 のみ)

  • 誤ってタッチしたときにタッチパッドの反応が早すぎる場合は、設定を変更して動作を調整できます。または、タッチパッド全体を無効にすることもできます。
  • タッチ カバー 2 でタッチパッドの設定を調整するには、カバーを装着し、右端から内側へスワイプして、[すべての設定] > [デバイス] > [マウスとタッチパッド] を選択します。
  • 詳細については、または別の Surface とカバーを使用している場合は、「タッチパッド設定の変更」をご覧ください。

キーボードを使う

特殊キーを使う

Surface カバーには、Windows チャームを開いたりオーディオやビデオを再生したりするためのショートカット キーがあります。一番上に並んでいるキーは、Fn キーを押しながら押すことでファンクション キーにもなります。ファンクション キーを頻繁に使用する場合は、これらのキーをファクション モードでロックすることができます。詳しくは、この後の「キーをファンクション モードでロックする」をご覧ください。

Fn キーを他のキーと組み合わせて特定の機能を実行することもできます。

特殊キーと特別な Fn キーの組み合わせを次に示します。

F1 を押してバックライトを暗くする
キーボードのバックライトを暗くする*
F2 を押してバックライトを明るくする
キーボードのバックライトを明るくする*
ミュート キー
オーディオのミュート (消音) をオンまたはオフにする
音量を下げるキー
音量を下げる**
音量を上げるキー
音量を上げる**
再生/一時停止キー
オーディオまたはビデオの再生または一時停止
検索チャーム キー
検索チャームを開く
共有チャーム キー
共有チャームを開く
デバイス チャーム キー
デバイス チャームを開く
設定チャーム キー
設定チャームを開く
Windows ロゴ キー
スタート画面を開く
Fn + Del
画面を明るくする
Fn + BackSpace
画面を暗くする
Fn + Space
Windows クリップボードに画面全体のスクリーンショットを格納する
Fn + Alt + Space
アクティブなウィンドウのスクリーンショットを Windows クリップボードに格納する

* これらのキーはタッチ カバー 2 のみで使用できます。
** これらのキーはタッチ カバー 1 のみで使用できます。

キーをファンクション モードでロックする

ファンクション キーを多用するアプリを使用している場合は、一番上にあるキーをファンクション キーとして固定するために一時的にロックできます。方法は次のとおりです。

  • Fn キーを押しながら、Caps キーを押します。
    特定のキーだけを押すと、ファンクション キー (たとえば ミュート キー ではなく F3) になり、Fn と一緒に押すと特殊キーになります。たとえば、スピーカーをミュート (消音) するには、Fn + ミュート キー を押します。
  • ファンクション キー ロックをオフにするには、Fn + Caps キーをもう一度押します。

マウスを使う、またはタッチパッドを無効にする

タイプ カバーのタッチパッドではなくマウスを使う場合は、USB または Bluetooth® マウスを接続します。

タッチパッドの無効化について詳しくは、「タッチパッドの使い方と設定」をご覧ください。

入力ヒント (タッチ カバー 2 のみ)

Windows ストア アプリでタッチ カバー 2 または画面上に表示したタッチ キーボードを使用して入力しているときに、単語をすばやく入力し、スペルミスを修正するために役立つ入力ヒントが表示されます。

入力ヒントを切り替えるには、Space キー上で右か左にスワイプします。

強調表示した入力ヒントを挿入するには、Space キーをタップします。

入力ヒントのオン/オフを切り替えるには

手順 1:  カバーを取り付けた後、スタート Windows ロゴ に移動して、[設定] > [デバイス] > [入力] を選択します。
手順 2:  [入力時にテキストの候補を表示する] で、スライダーを使用して設定を [オン] または [オフ] にします。

打鍵音のオンとオフを切り替える

タッチ カバーとタッチ キーボードは、キーを押したときに音が鳴るようにすることができます。音のオン/オフを切り替える方法は次のとおりです。

手順 1:  スタート Windows ロゴ に移動して、[設定] > [デバイス] > [入力] を選択します。
手順 2:  [タッチ キーボード] で、[入力時にキー音を鳴らす][オン] または [オフ] に設定します。
メモ
音量を調整するには、Surface の左側面にある音量ボタンを使います。詳しくは、「Surface のサウンド、ボリューム、およびオーディオ アクセサリ」をご覧ください。

別の言語のカバーを使う

Surface カバーは複数の言語と文字配列で利用できます。お持ちのカバーに Alt Gr と刻印されたキーがある場合は、そのキーを Ctrl + Alt キーと同じように使用できます。

また、特定の言語とキーボード レイアウトを使用するように Surface を設定することもできます。それらの設定は Surface に保存され、接続したあらゆるカバーに適用されます。別の Surface でカバーを使用する場合は、その Surface に設定されている入力方式が適用されます。

問題が発生した場合

タッチ カバーに問題がある場合は、「Surface カバーのトラブルシューティング」をご覧ください。


タッチ カバーは、薄型の感圧式キーボードと保護用カバーが 1 つになったカバーです。カバーを折り返すだけでノート PC がタブレットに早変わりします。またノート PC に戻すのも簡単です。


タッチ カバーは、磁石で正しい位置にカチッと装着されます。Surface のタッチスクリーンを保護する役割も果たします。すべての Surface タッチ カバーは標準キーボード レイアウト、ショートカット キー、ジェスチャが使えるツー ボタンのタッチパッドを備えています。

タッチパッドでのタップとジェスチャについて詳しくは、「タッチパッドの使い方と設定」をご覧ください。タッチパッド設定を使用して、誤ったタップによる予期しない位置へのカーソル移動を最小限に抑えることができます。詳しくは、「タッチパッド設定の変更」をご覧ください。

カバーをカチッと付ける

タッチ カバーは、マグネットで Surface 本体にカチッと接続します。

タッチ カバーを Surface に取り付けるには、両方を近づけるとカバーが正しい位置にカチッと付きます。

カバーを取り付けると、カバーはそのまま固定されます。取り外すときは、そのまま引き抜きます。

Surface キーボードをカチッと付ける

カバーを折り返す

Surface をタブレットとして使うときは、カバーを後ろに折り返します。カバーを後ろに折り返した状態では、キーを押しても検知されません。

カバーを折り返した状態でテキストを入力するには、テキスト フィールドなどの入力領域をタップすると、タッチ キーボードが画面上に表示されます。詳しくは、「Surface のスクリーン キーボードの使い方」をご覧ください。

カバーを閉じる

タッチ カバーは、持ち運び中の画面を保護します。カバーを閉じると、画面が消えます。カバーを開くと、Surface のスリープ状態が解除されます。詳しくは、「Surface の電源状態」をご覧ください。

タッチパッドを使う

すべての Surface タッチ カバーに、標準キーボード、よく使う機能のショートカット キー、およびタッチパッドが備わっています。

タッチパッドを使う

タッチ カバーの右クリック ボタンと左クリック ボタン

タッチパッドには右クリック ボタンと左クリック ボタンがあり、ジェスチャがサポートされています。タッチパッドでのジェスチャについて詳しくは、「タッチパッドの使い方と設定」をご覧ください。

タッチパッドの設定を調整する (タッチ カバー 2 のみ)

誤ってタッチしたときにタッチパッドの反応が早すぎる場合は、設定を変更して動作を調整できます。または、タッチパッド全体を無効にすることもできます。

Surface 2 でタッチ カバー 2 のタッチパッド設定を調整するには、カバーを装着し、[設定] > [PC 設定の変更] > [PC とデバイス] > [マウスとタッチパッド] を選択します。

詳細については、または別の Surface とカバーを使用している場合は、「タッチパッド設定の変更」をご覧ください。

キーボードを使う

特殊キーを使う

Surface カバーには、Windows チャームを開いたりオーディオやビデオを再生したりするためのショートカット キーがあります。一番上に並んでいるキーは、Fn キーを押しながら押すことでファンクション キーにもなります。ファンクション キーを頻繁に使用する場合は、これらのキーをファクション モードでロックすることができます。詳しくは、この後の「キーをファンクション モードでロックする」をご覧ください。

Fn キーを他のキーと組み合わせて特定の機能を実行することもできます。

特殊キーと特別な Fn キーの組み合わせを次に示します。

F1 を押してバックライトを暗くする
キーボードのバックライトを暗くする*
F2 を押してバックライトを明るくする
キーボードのバックライトを明るくする*
ミュート キー
オーディオのミュート (消音) をオンまたはオフにする
音量を下げるキー
音量を下げる**
音量を上げるキー
音量を上げる**
再生/一時停止キー
オーディオまたはビデオの再生または一時停止
検索チャーム キー
検索チャームを開く
共有チャーム キー
共有チャームを開く
デバイス チャーム キー
デバイス チャームを開く
設定チャーム キー
設定チャームを開く
Windows ロゴ キー
スタート画面を開く
Fn + Del
画面を明るくする
Fn + BackSpace
画面を暗くする
Fn + Space
Windows クリップボードに画面全体のスクリーンショットを格納する
Fn + Alt + Space
アクティブなウィンドウのスクリーンショットを Windows クリップボードに格納する

* これらのキーはタッチ カバー 2 のみで使用できます。
** これらのキーはタッチ カバー 1 のみで使用できます。

キーをファンクション モードでロックする

ファンクション キーを多用するアプリを使用している場合は、一番上にあるキーをファンクション キーとして固定するために一時的にロックできます。方法は次のとおりです。

  • Fn キーを押しながら、Caps キーを押します。
    特定のキーだけを押すと、ファンクション キー (たとえば ミュート キー ではなく F3) になり、Fn と一緒に押すと特殊キーになります。たとえば、スピーカーをミュート (消音) するには、Fn + ミュート キー を押します。
  • ファンクション キー ロックをオフにするには、Fn + Caps キーをもう一度押します。

マウスを使う、またはタッチパッドを無効にする

タイプ カバーのタッチパッドではなくマウスを使う場合は、USB または Bluetooth® マウスを接続します。

タッチパッドの無効化について詳しくは、「タッチパッドの使い方と設定」をご覧ください。

入力ヒント (タッチ カバー 2 のみ)

Windows ストア アプリでタッチ カバー 2 またはタッチ キーボードを使用して入力しているときに、単語をすばやく入力し、スペルミスを修正するために役立つ入力ヒントが表示されます。

  • 入力ヒントを切り替えるには、Space キー上で右か左にスワイプします。
  • 強調表示した入力ヒントを挿入するには、Space キーをタップします。

入力ヒントのオン/オフを切り替えるには

手順 1:  画面の右端から内側へスワイプして、[設定] を選択します。
(マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下に移動して、[設定] を選択します。)
手順 2:  [PC 設定の変更] > [PC とデバイス] > [入力] を選択します。
手順 3:  [入力時にテキストの候補を表示する] で、[オン] または [オフ] を選択します。

打鍵音のオンとオフを切り替える

タッチ カバーとタッチ キーボードは、キーを押したときに音が鳴るようにすることができます。音のオン/オフを切り替える方法は次のとおりです。

手順 1:  画面の右端から内側へスワイプして、[設定] を選択します。
(マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下に移動して、[設定] を選択します。)
手順 2:  [PC 設定の変更] > [PC とデバイス] > [入力] を選択します。
手順 3:  [タッチ キーボード] で、[入力時にキー音を鳴らす][オン] または [オフ] に設定します。
メモ
音量を調整するには、Surface の左側面にある音量ボタンを使います。詳しくは、「Surface のサウンド、ボリューム、およびオーディオ アクセサリ」をご覧ください。

別の言語のカバーを使う

Surface カバーは複数の言語と文字配列で利用できます。お持ちのカバーに Alt Gr と刻印されたキーがある場合は、そのキーを Ctrl + Alt キーと同じように使用できます。

また、特定の言語とキーボード レイアウトを使用するように Surface を設定することもできます。「IME (入力方式エディター)」をご覧ください。それらの設定は Surface に保存され、接続したあらゆるカバーに適用されます。別の Surface でカバーを使用する場合は、その Surface に設定されている入力方式が適用されます。

問題が発生した場合

タッチ カバーに問題がある場合は、「Surface カバーのトラブルシューティング」をご覧ください。


タッチ カバーは、薄型の感圧式キーボードと保護用カバーが 1 つになったカバーです。カバーを折り返すだけでノート PC がタブレットに早変わりします。またノート PC に戻すのも簡単です。


タッチ カバーは、磁石で正しい位置にカチッと装着されます。Surface のタッチスクリーンを保護する役割も果たします。すべての Surface タッチ カバーは標準キーボード レイアウト、ショートカット キー、ジェスチャが使えるツー ボタンのタッチパッドを備えています。

タッチパッドでのタップとジェスチャについて詳しくは、「タッチパッドの使い方と設定」をご覧ください。タッチパッド設定を使用して、誤ったタップによる予期しない位置へのカーソル移動を最小限に抑えることができます。詳しくは、「タッチパッド設定の変更」をご覧ください。

カバーをカチッと付ける

タッチ カバーは、マグネットで Surface 本体にカチッと接続します。
タッチ カバーを Surface に取り付けるには、両方を近づけるとカバーが正しい位置にカチッと付きます。カバーを取り付けると、カバーはそのまま固定されます。取り外すときは、そのまま引き抜きます。

カバーを折り返す

Surface をタブレットとして使うときは、カバーを後ろに折り返します。カバーを後ろに折り返した状態では、キーを押しても検知されません。

カバーを折り返した状態でテキストを入力するには、テキスト フィールドなどの入力領域をタップするとスクリーン キーボードが表示されます。詳しくは、「Surface のスクリーン キーボードの使い方」をご覧ください。

カバーを閉じる

タッチ カバーは、持ち運び中の画面を保護します。カバーを閉じると、画面が消えます。カバーを開いたら、Surface の電源ボタンを押してウェイクします。

メモ
タッチ カバーを開いても Surface Pro 3 または Surface 3 はスリープ解除されません。また、タッチ カバーを閉じてもスクリーンの電源はオフにならず、Surface がスリープ状態になることもありません。Surface Pro 3 または Surface 3 でタッチ カバーを閉じたときは、本体の電源ボタンを押すことで省電力になります。

タッチパッドを使う

すべての Surface タッチ カバーに、標準キーボード、よく使う機能のショートカット キー、およびタッチパッドが備わっています。

タッチパッドを使う

タッチパッドには右クリック ボタンと左クリック ボタンがあり、ジェスチャがサポートされています。タッチパッドでのジェスチャについて詳しくは、「タッチパッドの使い方と設定」をご覧ください。

タッチパッド設定の調整

誤ってタッチしたときにタッチパッドの反応が早すぎる場合は、設定を変更して動作を調整できます。または、タッチパッド全体を無効にすることもできます。

タッチ カバー 2 のタッチパッド設定を調整するには:

手順 1:  Surface にカバーを取り付け、画面の右端からスワイプして [設定] をタップします。
(マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下に移動して [設定] をクリックします。)
手順 2:  [PC 設定の変更] をタップまたはクリックし、[PC とデバイス] をタップまたはクリックします。
手順 3:  [マウスとタッチパッド] をタップまたはクリックし、[タッチパッド] で設定を調整します。

詳細については、または以前のバージョンのタッチ カバーを使用している場合は、「タッチパッド設定の変更」をご覧ください。

キーボードを使う

特殊キーを使う

Surface カバーには、Windows チャームを開いたりオーディオやビデオを再生したりするためのショートカット キーがあります。一番上に並んでいるキーは、Fn キーを押しながら押すことでファンクション キーにもなります。ファンクション キーを頻繁に使用する場合は、これらのキーをファクション モードでロックすることができます。詳しくは、この後の「キーをファンクション モードでロックする」をご覧ください。

Fn キーを他のキーと組み合わせて特定の機能を実行することもできます。

特殊キーと特別な Fn キーの組み合わせを次に示します。

F1 を押してバックライトを暗くする
キーボードのバックライトを暗くする*
F2 を押してバックライトを明るくする
キーボードのバックライトを明るくする*
ミュート キー
オーディオのミュート (消音) をオンまたはオフにする
音量を下げるキー
音量を下げる**
音量を上げるキー
音量を上げる**
再生/一時停止キー
オーディオまたはビデオの再生または一時停止
検索チャーム キー
検索チャームを開く
共有チャーム キー
共有チャームを開く
デバイス チャーム キー
デバイス チャームを開く
設定チャーム キー
設定チャームを開く
Windows ロゴ キー
スタート画面を開く
Fn + Del
画面を明るくする
Fn + BackSpace
画面を暗くする
Fn + Space
Windows クリップボードに画面全体のスクリーンショットを格納する
Fn + Alt + Space
アクティブなウィンドウのスクリーンショットを Windows クリップボードに格納する

* これらのキーはバックライト付きのカバーのみで使用できます。
* これらのキーはバックライトなしのカバーのみで使用できます。

キーをファンクション モードでロックする

ファンクション キーを多用するアプリを使用している場合は、一番上にあるキーをファンクション キーとして固定するために一時的にロックできます。方法は次のとおりです。

  • Fn キーを押しながら、Caps キーを押します。
    特定のキーだけを押すと、ファンクション キー (たとえば ミュート キー ではなく F3) になり、Fn と一緒に押すと特殊キーになります。たとえば、スピーカーをミュート (消音) するには、Fn + ミュート キー を押します。
  • ファンクション キー ロックをオフにするには、Fn + Caps キーをもう一度押します。

マウスを使う、またはタッチパッドを無効にする

タイプ カバーのタッチパッドではなくマウスを使う場合は、USB または Bluetooth® マウスを接続します。

タッチパッドの無効化について詳しくは、「タッチパッドの使い方と設定」をご覧ください。

入力ヒント (タッチ カバー 2 のみ)

Windows ストア アプリでタッチ カバー 2 またはスクリーン キーボードを使用して入力しているときに、単語をすばやく入力し、スペルミスを修正するために役立つ入力ヒントが表示されます。

  • 入力ヒントを切り替えるには、Space キー上で右か左にスワイプします。
  • 強調表示した入力ヒントを挿入するには、Space キーをタップします。

入力ヒントのオン/オフを切り替えるには

手順 1:  画面の右端から内側へスワイプして、[設定] をタップします。
(マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下に移動して、[設定] をクリックします。)
手順 2:  [PC 設定の変更] をタップまたはクリックし、[PC とデバイス] をタップまたはクリックします。
手順 3:  [入力] をタップまたはクリックし、[入力時にテキストの候補を表示する][オン] または [オフ] をタップまたはクリックして、設定を切り替えます。

打鍵音のオンとオフを切り替える

Surface タッチ カバーとタッチスクリーン キーボードは、キーを押したときに音が鳴るようにすることができます。音のオン/オフを切り替える方法は次のとおりです。

手順 1:  画面の右端から内側へスワイプして、[設定] をタップします。
(マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下に移動して、[設定] をクリックします。)
手順 2:  [PC 設定の変更] をタップまたはクリックします。
手順 3:  [PC とデバイス] をタップまたはクリックし、[入力] をタップまたはクリックします。
手順 4:  [タッチ キーボード] で、[入力時にキー音を鳴らす][オン] または [オフ] に設定します。
メモ
音量を調整するには、Surface の左側にある音量ボタンを使います。詳しくは、「Surface のサウンド、ボリューム、およびオーディオ アクセサリ」をご覧ください。

別の言語のカバーを使う

Surface カバーはいくつかの異なる言語と文字配列で利用できます。お持ちのカバーに Alt Gr と刻印されたキーがある場合は、そのキーを Ctrl + Alt キーと同じように使用できます。

また、特定の言語とキーボード レイアウトを使用するように Surface を設定することもできます。「IME (入力方式エディター)」をご覧ください。それらの設定は Surface に保存され、接続したあらゆるカバーに適用されます。別の Surface でカバーを使用する場合は、その Surface に設定されている入力方式が適用されます。

問題が発生した場合

タッチ カバーに問題がある場合は、「Surface カバーのトラブルシューティング」をご覧ください。


タッチ カバーは、薄型の感圧式キーボードと保護用カバーが 1 つになったカバーです。カバーを折り返すだけでノート PC がタブレットに早変わりします。またノート PC に戻すのも簡単です。


タッチ カバーは、磁石で正しい位置にカチッと装着されます。Surface のタッチスクリーンを保護する役割も果たします。すべての Surface タッチ カバーは標準キーボード レイアウト、ショートカット キー、ジェスチャが使えるツー ボタンのタッチパッドを備えています。

タッチパッドでのタップとジェスチャについて詳しくは、「タッチパッドの使い方と設定」をご覧ください。タッチパッド設定を使用して、誤ったタップによる予期しない位置へのカーソル移動を最小限に抑えることができます。詳しくは、「タッチパッド設定の変更」をご覧ください。

カバーをカチッと付ける

タッチ カバーは、マグネットで Surface 本体にカチッと接続します。
タッチ カバーを Surface に取り付けるには、両方を近づけるとカバーが正しい位置にカチッと付きます。カバーを取り付けると、カバーはそのまま固定されます。取り外すときは、そのまま引き抜きます。

カバーを折り返す

Surface をタブレットとして使うときは、カバーを後ろに折り返します。カバーを後ろに折り返した状態では、キーを押しても検知されません。

カバーを折り返した状態でテキストを入力するには、テキスト フィールドなどの入力領域をタップするとスクリーン キーボードが表示されます。詳しくは、「Surface のスクリーン キーボードの使い方」をご覧ください。

カバーを閉じる

タッチ カバーは、持ち運び中の画面を保護します。カバーを閉じると、画面が消えます。カバーを開くと、Surface がスリープ解除されます。Surface RT と Surface 2 は、カバーを開くとスリープ状態から復帰します。詳しくは、「Surface の電源状態」をご覧ください。

タッチパッドを使う

すべての Surface タッチ カバーに、標準キーボード、よく使う機能のショートカット キー、およびタッチパッドが備わっています。

タッチパッドを使う

タッチパッドには右クリック ボタンと左クリック ボタンがあり、ジェスチャがサポートされています。タッチパッドでのジェスチャについて詳しくは、「タッチパッドの使い方と設定」をご覧ください。

タッチパッド設定の調整

誤ってタッチしたときにタッチパッドの反応が早すぎる場合は、設定を変更して動作を調整できます。または、タッチパッド全体を無効にすることもできます。これを行う方法は、どの Surface とタッチ カバーを使用しているかによって異なります。詳しくは、「タッチパッド設定の変更」をご覧ください。

キーボードを使う

特殊キーを使う

Surface カバーには、Windows チャームを開いたりオーディオやビデオを再生したりするためのショートカット キーがあります。一番上に並んでいるキーは、Fn キーを押しながら押すことでファンクション キーにもなります。ファンクション キーを頻繁に使用する場合は、これらのキーをファクション モードでロックすることができます。詳しくは、この後の「キーをファンクション モードでロックする」をご覧ください。

Fn キーを他のキーと組み合わせて特定の機能を実行することもできます。

特殊キーと特別な Fn キーの組み合わせを次に示します。

F1 を押してバックライトを暗くする
キーボードのバックライトを暗くする*
F2 を押してバックライトを明るくする
キーボードのバックライトを明るくする*
ミュート キー
オーディオのミュート (消音) をオンまたはオフにする
音量を下げるキー
音量を下げる**
音量を上げるキー
音量を上げる**
再生/一時停止キー
オーディオまたはビデオの再生または一時停止
検索チャーム キー
検索チャームを開く
共有チャーム キー
共有チャームを開く
デバイス チャーム キー
デバイス チャームを開く
設定チャーム キー
設定チャームを開く
Windows ロゴ キー
スタート画面を開く
Fn + Del
画面を明るくする
Fn + BackSpace
画面を暗くする
Fn + Space
Windows クリップボードに画面全体のスクリーンショットを格納する
Fn + Alt + Space
アクティブなウィンドウのスクリーンショットを Windows クリップボードに格納する

* これらのキーはバックライト付きのカバーのみで使用できます。
* これらのキーはバックライトなしのカバーのみで使用できます。

キーをファンクション モードでロックする

ファンクション キーを多用するアプリを使用している場合は、一番上にあるキーをファンクション キーとして固定するために一時的にロックできます。方法は次のとおりです。

  • Fn キーを押しながら、Caps キーを押します。
    特定のキーだけを押すと、ファンクション キー (たとえば ミュート キー ではなく F3) になり、Fn と一緒に押すと特殊キーになります。たとえば、スピーカーをミュート (消音) するには、Fn + ミュート キー を押します。
  • ファンクション キー ロックをオフにするには、Fn + Caps キーをもう一度押します。

マウスを使う、またはタッチパッドを無効にする

タイプ カバーのタッチパッドではなくマウスを使う場合は、USB または Bluetooth® マウスを接続します。

タッチパッドの無効化について詳しくは、「タッチパッドの使い方と設定」をご覧ください。

入力ヒント (タッチ カバー 2 のみ)

Windows ストア アプリでタッチ カバー 2 またはスクリーン キーボードを使用して入力しているときに、単語をすばやく入力し、スペルミスを修正するために役立つ入力ヒントが表示されます。

  • 入力ヒントを切り替えるには、Space キー上で右か左にスワイプします。
  • 強調表示した入力ヒントを挿入するには、Space キーをタップします。

入力ヒントのオン/オフを切り替えるには

手順 1:  画面の右端から内側へスワイプして、[設定] をタップします。
(マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下に移動して、[設定] をクリックします。)
手順 2:  [PC 設定の変更] をタップまたはクリックし、[PC とデバイス] をタップまたはクリックします。
手順 3:  [入力] をタップまたはクリックし、[入力時にテキストの候補を表示する][オン] または [オフ] をタップまたはクリックして、設定を切り替えます。

打鍵音のオンとオフを切り替える

Surface タッチ カバーとタッチスクリーン キーボードは、キーを押したときに音が鳴るようにすることができます。音のオン/オフを切り替える方法は次のとおりです。

手順 1:  画面の右端から内側へスワイプして、[設定] をタップします。
(マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下に移動して、[設定] をクリックします。)
手順 2:  [PC 設定の変更] をタップまたはクリックします。
手順 3:  [PC とデバイス] をタップまたはクリックし、[入力] をタップまたはクリックします。
手順 4:  [タッチ キーボード] で、[入力時にキー音を鳴らす][オン] または [オフ] に設定します。
メモ
音量を調整するには、Surface の左側にある音量ボタンを使います。詳しくは、「Surface のサウンド、ボリューム、およびオーディオ アクセサリ」をご覧ください。

別の言語のカバーを使う

Surface カバーはいくつかの異なる言語と文字配列で利用できます。お持ちのカバーに Alt Gr と刻印されたキーがある場合は、そのキーを Ctrl + Alt キーと同じように使用できます。

また、特定の言語とキーボード レイアウトを使用するように Surface を設定することもできます。「IME (入力方式エディター)」をご覧ください。それらの設定は Surface に保存され、接続したあらゆるカバーに適用されます。別の Surface でカバーを使用する場合は、その Surface に設定されている入力方式が適用されます。

問題が発生した場合

タッチ カバーに問題がある場合は、「Surface カバーのトラブルシューティング」をご覧ください。


お問い合わせ

Answer Desk
Answer Tech によるサポートをご利用いただけます。
エージェントとじかにお話しいただけます。