• ホーム
  • Windows 8 ユーザーズ ガイド
  • Windows 8.1 とは、Windows 7 を基盤に、タッチ操作でも、キーボードやマウスでも、あらゆる用途やさまざまな機器に合わせて使えるように再構築された Windows 8 のアップデート版のことだよ。ユーザーのフィードバックを取り入れて、さらに使いやすく改良したんだ。既に Windows 8 を使っているユーザーは、Windows ストアから無償で Windows 8.1 へアップデートできるよ。
    閉じる
  • Windows 8.1 には、3 つのエディションがあるよ。
    エディション
    プレインストール製品、製品版パッケージを提供。<一般の個人や家庭向け> Windows 8.1。<PCに詳しい方やスモールビジネス向け> Windows 8.1 Pro。
    プレインストール製品のみ。Windows RT 8.1。薄型軽量でバッテリー駆動時間が長いデバイス向けに最適化
    エディション別機能比較
    Windows 7 のソフトや周辺機器の多くはそのまま使える
    Windows 8.1 Pro には、Windows 8.1 や Windows RT 8.1 にはない、仕事向けの機能が追加されています。どのエディションも、タッチ、マウス、キーボードに対応 ※1しています。
    Windows 8.1
    Windows 8.1 Pro
    Windows RT 8.1
    スタート画面を使いやすく変更できる。
    指の動きでサインインできる、ピクチャ パスワード。
    設定やファイルを同期して、複数の Windows 8 搭載機器を同じ環境で。
    Windows 8 用に開発されたアプリがすぐに手に入る Windows ストア。
    表示言語を 35 か国の言語に切り替えられる多言語対応。※2
    Windows 7 などで利用していたソフトをデスクトップにインストールして使用できる。
    ファイルやフォルダ単位で暗号化できる暗号化ファイル システム。
    ドライブを暗号化し、データを保護する BitLocker。
    会社や学校のネットワークへ簡単かつ安全に接続できるドメイン参加。
    外出先の PC から自宅の PC の中に入っているファイルやソフトウェアを操作できる、リモート デスクトップ。
    会社のネットワークにつながっていない時でも、つながっているときのようにファイルを開いたり編集することができる、オフライン ファイル。
    Windows 8 上に違う OS をインストールして動かすことができる Client Hyper-V。
    ※1: 対応の機器をご利用の場合。※2: 言語パックを別途ダウンロードする必要があります。
    閉じる
  • 店頭で製品版パッケージを購入、もしくはオンラインでダウンロード購入する方法があるよ。
    • 今使っているのが Windows 8 もしくは Windows RT なら、Windows ストアから無償でアップデートできるよ。
    • Windows 7 の場合は、店頭で製品版パッケージを購入、もしくはオンラインでダウンロード購入する方法があるよ。
    ※Windows 8 から Windows 8.1 へのアップデートもしくは Windows 7 から Windows 8.1 へアップグレードを実行する前に、必ずお使いの PC メーカーのサポート ホームページを参照し、Windows 8.1 のアップデート/アップグレード前に必要な手順を確認してください。
    ※Windows 7 から Windows 8.1 へアップグレードする際、お使いのファイルやデータはそのまま移行可能ですが、念のために、必ずデータのバックアップを行ってください。また、インストールされているデスクトップ アプリケーションは、アップグレード後に、再インストールが必要になりますのでご注意ください。
    • Windows XP や Windows Vista の場合は、店頭で製品版パッケージを購入してね。
    ※Windows XP や Windows Vista をご利用の場合、新規インストールのみとなります。新規インストールの前提条件として、お使いの PC が Windows 8.1 のシステム要件を満たしている必要があります。併せて、お使いの PC メーカーの Web サイトも確認し、お使いの PC が Windows 8.1 に対応しているか必ずご確認ください。
    閉じる
  • 下の表で解説しているよ。
    Windows 8.1 Pro
    Windows 8.1 Pro を新規インストールできます。また、Windows 7 からであれば、Windows 8.1 Pro へアップグレードできます。(本製品には、Windows Media Center が含まれていません。)
    Windows 8.1 Pro Pack
    お使いの Windows 8.1 搭載 PC を Windows 8.1 Pro へアップグレードできます。本製品には、Windows Media Center が含まれています。
    Windows Media Center Pack
    お使いの Windows 8.1 Pro 搭載 PC に Windows Media Center 機能を追加することができます。入手方法はオンラインによるダウンロードのみです。
    閉じる
  • 1.
    • Windows 8 や、Windows RT をお使いの場合、Windows ストアから、Windows の設定、個人ファイル、アプリを引き継いで無償でアップデートできるよ。
    • Windows 7 をお使いの場合、個人用ファイルのみを引き継いでアップグレードできるよ。
    • Windows XP と Windows Vista の場合は、アップグレードはできないけど、お使いの PC が Windows 8.1 のシステム要件を満たし、PC メーカーが Windows 8.1 対応をサポートしている場合は、新規インストールができるんだ。新規インストールの場合には、インストール時に個人用ファイルなど何も引き継がないので、インストール前に大切なデータはバックアップする必要があるので注意してね。
    ※Windows XP や Windows Vista 搭載 PC への新規インストールの前提条件として、お使いの PC が Windows 8.1 のシステム要件を満たし、PC メーカーが Windows 8.1 への対応をサポートしている必要があります。Windows 8.1 のシステム要件と、お使いの PC メーカーの Web サイトも合わせて確認し、お使いの PC が Windows 8.1 に対応しているか必ずご確認ください。
    Windows 8.1 パッケージ製品を使ったインストール方法
    今お使いの PC の Windows 8.1 対応状況については、PC メーカーで案内している互換性情報を事前にご確認ください。
    インストール方法
    OS
    インストール方法
    Windows 7
    アップグレード インストール、
    クリーン インストール × 1
    アップグレード インストール時に引き継げる項目
    Windows の設定、
    個人ファイル、
    アプリを引き継ぐ
    個人用ファイルのみを
    引き継ぐ
    何も引き継がない
    Windows の設定、個人ファイル、アプリを引き継ぐ: ばつ
    個人用ファイルのみを引き継ぐ: まる
    何も引き継がない: まる
    Windows Vista
    Windows XP
    新規インストール × 2
    ※1: 使用している OS を初期化してインストールします。
    ※2: Windows XP と Windows Vista は、インストール メディアから、PC を起動した新規インストール (何も引き継がない) のみとなります。
    2.
    現在使っている PC が下記の要件を満たしているか事前に確認してね。
    Windows 8.1 システム要件
    お使いの PC で Windows 8.1 を実行する場合は、以下の要件をご確認ください。
    • プロセッサ: PAE、NX、SSE2 をサポートする 1 GHz 以上のプロセッサ
    • RAM: 1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット)
    • ハード ディスクの空き領域: 16 GB (32 ビット) または 20 GB (64 ビット)
    • グラフィック カード: Microsoft DirectX 9 グラフィックス デバイス (WDDM ドライバー付き)
    特定の機能を使用するための追加要件
    • タッチを使う場合は、タブレット、またはマルチタッチに対応しているモニタ
    • Windows ストアにアクセスし、アプリをダウンロードして実行する場合は、インターネット接続と 1024 x 768 以上の画面解像度
    • アプリをスナップする場合は、1366 x 768 以上の画面解像度
    • インターネット アクセス (ISP 料金が発生する場合があります)
    • セキュア ブートには、UEFI v2.3.1 Errata B をサポートし、UEFI 署名データベースに Microsoft Windows 証明機関が含まれているファームウェアが必要です
    • ゲームやプログラムによっては、最適のパフォーマンスを得るために DirectX 10 以上に対応するグラフィックス カードが必要になるものがあります
    • Microsoft アカウント (一部の機能に必要)
    • 別売りの DVD 再生ソフトウェア (DVD を視聴する場合)
    • 別売りの Windows Media Center のライセンス
    • BitLocker To Go には、USB フラッシュ ドライブが必要です (Windows 8 Pro のみ)
    • BitLocker には、トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) 1.2 または USB フラッシュ ドライブが必要です (Windows 8 Pro のみ)
    • クライアント Hyper-V には、第 2 レベルのアドレス変換 (SLAT) 機能と追加の 2 GB の RAM を含む 64 ビット システムが必要です (Windows 8 Pro のみ)
    • Windows Media Center でテレビ放送を視聴したり録画したりするには、TV チューナーが必要です (Windows 8.1 Pro Pack と Windows 8.1 Media Center Pack のみ)
    • 無料のインターネット テレビのコンテンツは地域によって異なり、一部のコンテンツには追加料金が必要な場合があります (Windows 8.1 Pro Pack と Windows 8.1 Media Center Pack のみ)
    アップグレード アシスタントを実行すると、お使いの PC が上記のシステム要件を満たしているかどうかをチェックすることができます。
    3.
    現在使っている OS と Windows 8.1 のエディションによる対応表を確認してね。
    Windows 8.1
    Windows 8.1 Pro
    32 ビット版
    64 ビット版
    32 ビット版
    64 ビット版
    Windows 7 Starter / Home Premium
    32 ビット版
    ×
    ×
    64 ビット版
    ×
    ×
    Windows 7 Professional / Ultimate
    32 ビット版
    ×
    ×
    ×
    64 ビット版
    ×
    ×
    ×
    個人ファイルのみを引き継いでアップグレードできます。
    ×
    Windows 8.1 にアップグレードできますが、現在お使いの Windows の設定、個人ファイル、アプリケーションが引き継げません。アップグレード前に、必ず必要なデータや設定を事前にバックアップしてから Windows 8.1 のインストールを開始してください。
    ※ 1
    Windows 7 32 ビット版から Windows 8.1 の 64 ビット版のように、システムの種類が異なる場合は、インストール メディアから起動し、クリーン インストールを実行ください。
    閉じる
  • デスクトップや、ビデオ、ハードウェアなど、Windows 8 にはない機能には、こんなものがあるんだ。
    スタート ボタン / スタート メニュー
    ダウンロード版 .HLP ファイルのサポート
    起動中の F8 オプション
    以前のバージョン
    Windows DVD メーカー
    DVD デコーダー
    ネットワーク マップ
    アドホック Wi-Fi ネットワーク
    ワイヤレス ネットワークの管理
    標準 VGA ドライバー
    XPDM ドライバーのサポート
    閉じる
  • Windows 8.1 は、Windows 8 と比べても使い勝手や機能が大きく向上しているよ。
    スタート画面をより自分好みにカスタマイズ
    • タイル サイズが 2 種類から 4 種類へ
      画面イメージ: スタート画面
    • 背景や色の選択が豊富で、デスクトップの壁紙をスタート画面の背景にもできる
      デスクトップ
      スタート画面
    • 複数のタイルをまとめて、タイルの移動やサイズの変更ができる。
      画面イメージ: スタート画面
    • スタート画面を上にスワイプし、すべてのアプリが表示 (マウスの場合は、スタート画面左下の下向きの矢印をクリック)。使用頻度、カテゴリー、名前などでアプリ表示の並び替えができる
      画面イメージ: すべてのアプリの画面
    ロック画面からカメラを起動し写真や動画の撮影、Skype の着信応答が可能
    画面イメージ: ロック中にスカイプの着信画面
    デスクトップ画面にスタート ボタンの追加
    「デスクトップ」には、スタート ボタンが追加されたよ。スタート ボタンを右クリックするとシャットダウンやコントロール パネルなど、便利な機能がスタート ボタンから利用できるんだ。
    画面イメージ: スタート ボタンを右クリックしたときの画面
    Internet Explorer 11 でタッチ操作に最適化し、さらに使いやすく
    • タッチ操作に最適化され、サイトの読み込み時間が短縮。全画面表示でサイトを左右に並べて閲覧したり、お気に入りのサイトからのリアルタイム情報をスタート画面に表示することできるようになったよ。
    Windows 8.1 から新しく標準搭載された Windows ストア アプリ
    画面イメージ: フード・レシピのアイコンきれいな写真と分かりやすい説明のレシピ アプリ。買い物リストや献立プランなどの便利な機能も利用できます。
    画面イメージ: ヘルスケア・フィットネスのアイコンフィットネス管理、栄養管理、健康管理、ウェルネス管理に役立ちます。
    画面イメージ: リーディングリストのアイコンWeb ページや地図などを閲覧中に、後で読みたいコンテンツを見つけたとき、簡単に登録して後から読み返すことができます。
    画面イメージ: スカイプのアイコンSkype はさまざまな方法でコミュニケーションをとれるアプリです。ビデオ通話、音声通話、インスタント メッセージ (IM) を 1 つのアプリでサポートします。
    より使いやすくなった Windows ストア
    デザインが一新された Windows ストア。おすすめのアプリや、人気のアプリ、新着のアプリなど、より自分好みのアプリを見つけやすくなったよ。
    OneDrive 連携の強化
    オンライン ストレージの OneDrive を、ドキュメントの既定の保存場所として選べるようになったよ。OneDrive に保存されたファイルは、オンラインでも、オフラインでも使えるよ。
    画面イメージ: Word 2013 で OneDrive に保存中の画面
    Bing スマート検索
    検索チャームから 1 回の検索で、PC 内や OneDrive 上のファイル、Windows の機能やインストールされているアプリをはじめ、Web の情報まで、整理された一覧としてまとめて表示されるので、目的の情報や機能にすぐにアクセスできるようになったんだ。
    Windows 8.1 に関する詳しい情報はここを見てね。
    閉じる
  • Windows 7 対応ソフトウェアや、デジタル カメラやプリンタなどの USB 周辺機器をそのまま使うことができるよ。
    • Windows 8.1
      互換性センター
      ※画像は英語版のものです
      Windows 8.1 への対応状況を製品のカテゴリごとに確認できます。
    • Windows 8 アップグレード アシスタント
      現在お使いの PC および周辺機器やソフトウェアが Windows 8 に対応しているか確認できます。
    • Windows 8.1
      認定プログラム
      Windows 8 に対応している PC や周辺機器、ソフトウェアには、それを表すロゴがつけられます。
    • 互換モード
      任意のバージョンの Windows を選択して、ソフトウェアを実行できるかテストします。
    閉じる
  • Microsoft アカウントなら、テーマや設定、お気に入りなどをインターネット経由で自動的に同期できるようになっているんだ。どの Windows 8.1 搭載機器にサインインしても、いつでも同じ環境を使えるよ。
    同じアカウントでサインインするだけで自動的に同期
    Microsoft アカウントを作成するとできること
    • Windows ストアからのアプリのダウンロード
    • 複数の Windows 8.1 搭載機器でテーマや設定、ブラウザーの履歴、お気に入りなどを自動で同期
    • Outlook.com や Facebook、Twitter などに自動でサインイン
    • 必要なもの
    • ● インターネット回線
    • ● メール アドレス
    Windows Live ID をお持ちの方は、そのまま Microsoft アカウントとして利用できます。
    閉じる
  • Windows ストアとは、Windows 8 や Windows 8.1 に対応したアプリが公開されている場所のことだよ。Windows ストアからアプリを入手することができるんだ。欲しいアプリを見つけやすくするように設計され、検索の他、カテゴリ別に分かれ、人気の高いアプリ、新着アプリなどでも探すことができる。有料のアプリは、購入前の試用が可能なので、不要なアプリを購入する心配はないよ。
    Windows ストアの画面イメージ
    閉じる
  • チャームからシャットダウン
    タッチ操作の場合、マウス操作の場合について説明するね。
    タッチの場合
    • 1. チャームから [設定] をタップ
    • 2. [電源] をタップ
    • 3. [シャットダウン] をタップ
    マウスの場合
    • 1. チャームから [設定] をクリック
    • 2. [電源] をクリック
    • 3. [シャットダウン] をクリック
    チャーム バーの出し方。[マウス操作] 画面の右上または右下の角に合わせる。[タッチ操作] 画面右端から内側に向かってスワイプ (指でなぞる)。
    スタート ボタンからシャットダウン
    デスクトップにあるスタート ボタンをマウスで右クリック、もしくはタッチで長押ししてはなすと、メニューが表示されるよ。このメニューから、「シャットダウンまたはサインアウト」、続いて「シャットダウン」を選べばシャットダウンできるよ。
    画面イメージ: スタート ボタンを右クリックしたときの画面
    閉じる
  • アプリは、Windows ストア から手にいれることができるのよ。また、Windows 8.1 のスタート画面には、普段よく使うアプリが最初からたくさん用意されているのよ。
    Windows ストア
    色々なアプリが続々登場予定
    無料アプリも盛りだくさん
    カテゴリ分けで、欲しいアプリがすぐ見つかる。ユーザー評価を見たり、購入前にお試しで使うこともできます。(無料/有料)
    Windows ストアの画面イメージ
    閉じる
  • よく使うショートカット キーを紹介するわね。
    Windows キー
    スタート画面の表示
    Win + C
    チャーム バーの表示
    Win + F
    ファイル検索画面表示
    Win + H
    共有パネル表示
    Win + I
    設定パネル表示
    Win + L
    PC をロックし、ロック画面表示
    Win + Q
    アプリ検索画面表示
    Win + W
    設定検索画面の表示
    Win + Z
    アプリ メニューの表示
    Win + Tab
    開いている Windows アプリの切替
    ショートカット キーの壁紙もあるのよ。ダウンロードして使ってみてね。
    閉じる
困ったときはこちらへ

インターネットで問い合わせる

マイクロソフト コミュニティーに投稿して問い合わせる 別ウィンドウが立ち上がります
マイクロソフト サポート Twitter につぶやく 別ウィンドウが開き、社外サイトへリンクされます

電話で問い合わせる

カスタマー インフォメーション センター 0120-54-2244 (受付時間) 平日 9:00-18:00