パッケージ ソフトウェア
Xbox ゲーム
デジタル ダウンロード
製品パッケージの COA
Certificates of Authenticity (COA) ラベルは、正規のパッケージ ソフトウェアの外側で利用されているラベルであり、製品名、製品の使用が想定された国、製品の製造国が記されています。このラベルには、次のような偽造対策としてのセキュリティ機能も含まれています:
  • 凹版印刷 – ラベル表面にインクの隆起を生じさせる特別な印刷技術を使用しています。この技術は、ラベル表面を指でなぞることで体感することができます。ラベルの右側は、凹版印刷が使用された左側よりも、滑らかに感じると思います。
  • 潜像 - ラベルを正面から見た後に、ラベルを傾けるなどしてほんの少し見る角度を変えると、Windows ロゴの真下に "M" が見えます。
プロダクト キー ラベル
プロダクト キー ラベルは、製品のインストール CD/DVD/USB と Certificates of Authenticity (COA) に付随する白色またはオレンジ色のラベルで、25 文字のプロダクト キーが記載されています。プロダクト キー ラベルは製品と別々に購入することはできません。

このプロダクト キー ラベルは、製品のインストール CD/DVD/USB と Certificates of Authenticity (COA) に付随する白色のラベルで、25 文字のプロダクト キーが記載されています。バー コードとプロダクト キー以外にも、左端と右上隅に小さな印刷があります。よく見てみると (拡大鏡の使用をお勧めします)、"MICROSOFT" の名前が、 左端では青色で、右端では緑色で印刷されているのがわかります。プロダクト キー ラベルは製品と別々に購入することはできません。

メディア
CD、DVD、USB に収録されている多くのマイクロソフト製品には、偽造を防止し、お客様が確実に正規製品を入手できるようにするために、ホログラフィックによるセキュリティ機能が備わっています。
Windows 10
Windows 10 のマイクロソフト パッケージ ソフトウェア製品は、USB デバイスで提供されます。USB デバイスを傾けると、あざやかな色彩と 3D エフェクトが表れます。このホログラムは USB のプラスチック成型部品の内部に埋め込まれており、ラベルでは ありません。
Office 2016
一部の国と地域では、USB デバイスで Office 2016 のバックアップ ソフトウェアが提供されます。こうした USB デバイスには、傾けると鮮やかな 3D 効果が表示されるホログラムが付属しています。 このホログラムは USB のプラスチック成型部品の内部に埋め込まれており、 ラベルでは ありません。
以前のバージョンの Windows
Windows、Office、Windows Server など、Windows 10 以前のマイクロソフト パッケージ ソフトウェア製品は、CD または DVD で提供されます。ディスクを傾けると、ディスクの内側に鮮やかな色彩と 3D エフェクトが表れます。このホログラムはディスク内部に埋め込まれており、ラベルではありません。
また、DVD の裏側 (データ側) の内部には、ミラー バンド ホログラムが埋め込まれています。ディスクを傾けると色が変化します。
注: 銅色のホログラフィック物質は DVD 内部に埋め込まれたもので、シールではありません。ホログラムが剥がれる場合は、偽造ソフトウェアを受け取った可能性があります (偽造ソフトウェアをマイクロソフトにご報告ください)。
ホログラム ステッカー
CD または DVD で提供されるマイクロソフトの最新の製品リリースでは、光学式のセキュリティ機能がディスクの両面に追加されており、内側の穴の付近と外周の端に沿って確認できます。この機能はディスクに埋め込まれており、シールでは ありません。ディスクを裏返すと、ディスクの反対側のテキストや数字が鏡像として見えます。
薄い外周のミラー バンド (OMB) リング上には、"Microsoft" と表示されている領域があり、左から右へわずかに傾けると単語が "Genuine" に変化します。
内側のミラー バンド (IMB) 領域には、ディスクの外周を指すインジケーターの矢印があります。細い OMB バンド上にも、これに対応する小さな矢印があり、IMB の大きな矢印と向かい合っています。これら 2 つの要素は、正確に位置が揃うように配置されています。
パッケージ
パッケージを見ると、スペルの間違い、ぼやけたテキストと画像、低い印刷品質のような単純なことから、偽造ソフトウェアを識別できます。購入する製品に正確に一致していないロゴと写真も、偽造ソフトウェアを識別するためのヒントとなります。
ページのトップへ

このページを共有する