Home > 高速な「モダン PC 」を使えば PC ライフがもっと快適に!

パソコンを操作する女性の写真

仕事に遊び大活躍してくれる PC は、やっぱり快適に使いたいですよね。そこで重要になってくるのが「速度」。PC の処理が遅いとどうしてもストレスが溜まってしまいます。「モダン PC 」なら、Windows 10 と PC に搭載された最新の技術で圧倒的に高速! ストレスなく PC を活用できます。今回は、モダン PC が高速な理由を紹介していきましょう。

PC ライフを快適にするには、アプリが軽快に起動し、サクサク動作する PC を選ぶことが大切です。

そこでおすすめしたいのが「モダン PC 」。

モダン PC は、「 SSD(エス エス ディー)」や「 eMMC(イー エム エム シー) 」を搭載しているので、今までの PC に比べて圧倒的に高速化されています。

今までの PC に使われていた HDD (ハードディスク) は、「ディスク」と呼ばれる金属の円盤に、「ヘッド」と呼ばれるレコードの針のようなものでデータを直接読み書きします。そのため、データの場所まで移動する時間や物理的に読み書きする時間が必要なため、これが PC の速度を遅くする原因でした。また、物理的なパーツが使われていることから衝撃に弱いというデメリットもありました。
一方、「 SSD 」や「 eMMC 」は USB メモリーのようなフラッシュ ディスクという部類に入るもので、電気信号を送ってデータを読み書きします。そのため、HDD に比べて圧倒的に高速に処理することができます。また、HDD のように物理的なパーツがないので、衝撃にも強いというメリットがあります。

HDD (左)
高速に回転するディスクにデータを読み書きするので、速度が遅い。また、ディスクやヘッドなどの物理的なパーツで読み書きするので衝撃に弱い。

SSD/eMMC (右)
電気信号でデータを読み書きするので、速度が速い。また、物理的なパーツが使われていないので、衝撃に強い。

【TIPS】  SSD と eMMC なら、SSD の方が性能は高い

 

SSD と eMMC は、「コントローラー」という場所がフラッシュ メモリーに対してデータを読み書きします。SSD は、この「コントローラー」が高速かつ独立しているので、eMMC よりも高速で処理されます。その分、SSD を搭載した PC は価格が高くなる傾向にあります。しかし、eMMC でも HDD に比べて十分高速なので、速度に不満を抱くことはないでしょう。予算に合わせて選ぶのがおすすめです。

 


「 SSD って HDD と比較して本当はどのくらい速いの?」と気になる人は多いでしょう。実際に SSD と HDD で読み書きの速度を比較してみました。下の表のとおり、SSD は HDD と比べて圧倒的に高速なのがわかるでしょう。内蔵ストレージに SSD や eMMC が搭載されたモダン PC なら、PC がサクサク動作することは間違いありません。

読み込み速度 (画像オレンジの棒グラフ)
HDD 約 42MB/s に対し SSD 約 306MB/s

書き込み速度 (画像ブルーの棒グラフ)
HDD 約 66MB/s に対し SSD 約 186MB/s

上 (オレンジの棒グラフ) Windows 7 搭載 PC の 128.13 秒に対し、

下 (ブルーの棒グラフ) モダン PC は 79.26 秒と、約 40% 時間を短縮


PC を使うとき、電源を入れてから使えるようになるまでに時間がかかってしまいイライラした! という経験はありませんか? Windows とモダン PC なら は、そんな悩みを解消!「高速スタートアップ」という新技術が使われているので、電源をオンにしたらすぐに使い始められます。


さて、「高速スタートアップ」とはいったいなんでしょう? これは、PC を終了したときの情報を保存し、PC の起動時に役立てる機能のこと。PC を起動するときにはさまざまな情報が読み込む必要があるため、処理に時間がかかっていました。しかし、高速スタートアップなら、PC を終了したときに保存しておいた情報をそのまま読み込めば起動できるので、その分高速化できるというわけです。

「高速スタートアップ」は Windows  10 の機能なので、「今使っている PC を Windows 10 にすればいいのでは?」と思う方がいるかもしれません。しかし、PC に使われるパーツは日進月歩。約 10 年前に発売された Windows 7 の時代に搭載されているパーツの中には、「高速スタートアップ」に対応していないものが多くあります。そのため、「高速スタートアップ」をはじめとする、Windows  10 が持つ最新の性能をフルに発揮できません。モダン PC なら、そのような心配は無用。最新のパーツが使われていますので、Windows  10 の性能を存分に発揮できます。


気になるのが「高速スタートアップ」を使った起動速度。ここでは、Windows 10 を搭載したモダン PC と Windows 7 を搭載した PC で比較してみました。電源ボタンを押してから、デスクトップが表示されるまでの時間は、モダン PC は古い PC と比較して約 2 倍も高速に!

SSD や eMMC が搭載されているモダン PC に「高速スタートアップ」の技術が組み合わさり、これだけの差が出てくるのです。

上 (オレンジの棒グラフ) Windows 7 搭載 PC の 29.63 秒に対し、

下 (ブルーの棒グラフ) モダン PC は 14.06 秒と、約 2 倍時間を短縮


モダン PC は、「モダン スタンバイ」という機能もサポートしています。これにより、スリープ状態でもメールを受信したり Skype の着信が可能になり、さらにスリープからの復帰が高速になります。つまり、モダン PC はいったん使うのを中断してもスマホのように便利で快適な使い方ができるのです。

 ※モダンスタンバイは一部の Windows 10 搭載 PC でサポートしています。


スマホの場合、使わないときはスリープにしておきますよね。PC も同じように、使わないときはスリープにするといった人は多いでしょう。スマホもそうですが、スリープから復帰するときに必要なのがロックの解除。このときのパスワード入力は煩わしいものです。とはいえ、PC を守るためには必要なものなので省略するわけにはいきません。モダン PC なら、このパスワード入力を不要のものにすることができます!


PC のスリープを解除すると、ロック画面が表示されます。今までだと、この画面でパスワードを入力する必要がありました。しかし、モダン PC の生体認証なら、キーボードに触る必要はありません。「顔認証」なら画面の上にあるカメラが自動で認証するので、自分は画面を見るだけで OK !「指紋認証」なら、指紋リーダーに指をかざすだけです。

特に圧倒的に高速なのが顔認証。PC を開くだけであっという間に認証が完了。すぐに PC を使い始められます。

 


生体認証は、Windows 10 の「設定」アプリから設定します。このアプリは、目的ごとに設定項目が分けられていますので、PC をあまり使い慣れていない人でも、簡単に設定が可能。生体認証では、主に画面の指示にしたがって操作するだけなので、誰でも簡単に設定できます。

「モダン PC 」は、起動からサインイン、普段の処理まで圧倒的に高速だということはご理解いただけたでしょうか。Windows 7 のサポート期限も 2020 年の 1 月 14 日まで。Windows 10 を快適に使うためにも、最新の技術を搭載した「モダン PC 」に乗り換えれば、PC ライフはもっと快適なものになること間違いありません。これを機に、自分に合った新しい PC を見つけてみてはいかがでしょうか。

 


ニュースレター

購読にはマイクロソフトアカウントが必要です。

Microsoft atLife

Microsoft 製品、サービスに関する最新情報、
さまざまなキャンペーン情報を、毎月お届けします。

Microsoft の最新情報やキャンペーン情報はこちら

Windows ニュースレター

Windows の最新情報、お得なキャンペーン情報、
便利な使いこなしなどを毎月お届けします。

Windows の最新情報やキャンペーン情報はこちら

Microsoft Office

Office の製品情報やお役立ち情報を、
毎月お届けします。

Office の製品情報やお役立ち情報はこちら

※本情報の内容 (添付文書、リンク先等を含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。