マイクロソフト GIGA スクールパッケージ

文部科学省が掲げる GIGA スクールに対応するために、
マイクロソフトが提供する教育ソリューションです。

GIGAスクール構想においてマイクロソフトが選ばれる 3 つの理由

マイクロソフトは “教育は私たちの希望の源泉である” と考え、ICT によって子どもたちの可能性を引き出すべく、

教育機関向けのクラウドソリューションや PC などをパートナー企業と連携し提供してまいりました。

GIGA スクール構想においても、最適なソリューションを提供し、日本の教育を支援します。

マイクロソフト GIGA スクールパッケージ

文部科学省が掲げる GIGA スクール構想に対応する新しい教育機関向けソリューションとして「GIGA スクールパッケージ」を提供します。


1 人 1 台時代に最適な、教育プラットフォーム

世界中の教育現場で導入されている Windows OS と Office アプリケーションを含む Microsoft 365 Education GIGA Promo を GIGA
スクール構想に対応した特別価格で、日本の初等中等教育機関に提供します。

端末管理ツール Intune for Education

大規模な端末の一斉展開に対応した管理ツールです。
端末・ユーザー・アプリの管理・制御を一括して行うことができ、セキュリティを担保した形での運用を実現します。Windows OS だけでなく、iOS, Mac OS, Android も一元管理できるため、教育現場の管理工数を削減します。

学習用基本ツール Office 365 ProPlus

世界中の教育現場・企業で活用されているアプリケーション。
Office 365 の共同編集機能やコラボレーションハブなどの機能を利用して、協働学習をサポート。
教育機関へ利便性が高く安定したデスクトップアプリ版を特別価格で提供します。
オンライン版の Office 365 A1 は無償提供。

Society 5.0 社会を生き抜く力をアプリケーションを通して支援

子どもたちが 21 世紀の国際競争社会を生き抜いていく力を身に着けるための、 アプリケーションを活用した評価、授業方法を提案しています。

Future-ready skills を身に着けるために必要な力とそれを取り巻くアプリケーション

大学や社会で必要なスキル習得のための ICT 環境を拡充

Microsoft 365 Education を活用した学びを通して、生徒たちが大学生や社会人になった際に、すぐに役立つ ICT スキルと、コンピューターリテラシーの習得を目的とした教育を実践しています。

足立学園中学校・高等学校の事例を見る

Windows 10 Pro Education

教育機関向けに最適化された、使いやすい OS


学び方と働き方を同時改革する教員研修

ICT を活用した授業を円滑に行うための研修やセミナーを無償で実施しています。
PC 操作がまったくわからない、運用が心配といった、不安や疑問にもおこたえします。

アプリケーションを活用した授業例

現場で今すぐ実践できる、Microsoft Office 365 Education を活用した授業方法・事例をご紹介しています。

授業例を見る

GIGA スクールに対応する端末

教育現場のためにカスタマイズされた Windows 10 Pro を搭載した、子どもたちの学びに最適な学習用端末を提供します。


価格と性能のバランスから、生徒の標準的利用において必要な PC のスペックを解説

Microsoft Windows 端末の場合

GIGA スクール対応 PC の標準仕様資料をダウンロードする ( PDF )
端末の要件の詳細図(大きい画像は標準仕様資料のPDFからご確認いただけます)

GIGA スクール対応 PC

デバイスパートナーと連携し、自治体や学校に合わせて選択可能な
多彩な GIGA スクール対応 PC を提供します。

GIGA スクール対応 PC 一覧を見る

効率性とコスト削減を実現するモダン管理

従来のオンプレミス型の環境とは異なる、新しい管理方法で導入・管理が効率化します。


導入時

初期設定は、従来のマスターイメージを 1 台ずつコピーするのではなく、オンラインで全端末に配信。各機能はクラウドベースで構築され、個別に設定する手間を省けます。


運用時

管理対象デバイスから個々のデバイスへのファイル共有や保存の制御を一元管理。
アップデートやセキュリティ設定も一元管理できるため、管理者の負担を軽減できます。

 


文部科学省ガイドライン準拠のクラウド環境

「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」に対応可能です

 

セキュリティポリシーに関するガイドラインに対するマイクロソフトのクラウドサービス Q&A

 

マイクロソフトのクラウドサービスは上記の個人情報規定に関する認証を取得しています。

利用契約の準拠法は日本、管轄裁判所は東京地方裁判所です。

CS ゴールドマークを取得しています。
そのため、クラウド利用者による直接監査を受ける必要がなく、CS ゴールドマークを導入時や年次の利用者自身の監査結果として利用可能です。

Azure AD × Intune × Windows でゼロトラストベースの環境が実現できます

ガイドラインを解説しているハンドブックを公開しています

ダウンロードする