学習に困難のある子どものテクノロジー活用

身体的な障碍 (しょうがい) のある子どもや発達障碍のある子どもも、パソコンやタブレットなどのテクノロジーを活用することで、子どもの持つ可能性を引き出せることがあります。

字幕機能

聴くことに困難のある児童生徒学生の情報保障として、話している内容を自動的に字幕として表示することができます。

PowerPoint 365 には標準で字幕機能がついています。プレゼンテーションをする際に、話している内容をテキストに変換して字幕を表示します。

PowerPoint の字幕機能の詳細 >

無料の Translator アプリを使うと、60以上の言語でのライブ会話の翻訳とテキストでの表示が、スマートフォンやパソコンで行えます。

Translatorアプリの詳細 >

Teams 会議でライブキャプション機能を使用すると、Teams で行っている会話をテキストで表示することができます。(英語のみ。デスクトップアプリのみ)

Microsoft Teams 字幕機能の詳細 >

Teams 会議のビデオ (映像) は、話をしている人が優先的に表示されますが、手話通訳をしている方のビデオなど、話をしていなくても常に表示させたい場合は、ビデオをピン留めしておくことができます。
ビデオを表示させたいユーザーのビデオ フィード (名前の横) で [その他のオプション]  を選択し、[ピン留め] を選択します。

Microsoft 365 のビデオ ストリーミング サービスである Stream は、Teams などで録画されたミーティングや講義のビデオの音声から自動的に字幕を生成することができます。日本語にも対応しています。自動生成によって間違えている部分は、自分で修正することもできます。
別途作成した字幕を、ビデオに追加することもできます。
字幕のテキストからキーワードを検索することもできますし、検索されたキーワードからビデオの該当部分にジャンプすることもできます。

Microsoft Stream の詳細 >

Microsoft Stream の字幕の自動生成の詳細 >

Microsoft Stream の字幕の追加の詳細 >

字幕機能のイメージ画像

学習を支援するプログラム・事例・資料

「そうか!」チャート >

読むこと・書くことの困難は特性であって、子どもの理解や能力とは異なります。
そういった子どもを指導する先生方のために、アプローチ法と指導についての情報をご提供しています。

特別支援教育におけるプログラミング活用 >

特別支援教育での、micro:bit を使った授業教案などをご覧いただけます。

障碍のある児童生徒学生のテクノロジー活用事例 >

書字や感覚の障碍で悩んでいた高校生、国語や英語に苦手感のあった中学生、肢体の困難のある大学生と小学生、また特別支援学校でのテクロノジーの活用事例をご覧いただけます。

障碍のある学生の進学と就労への移行支援を通じたリーダー養成プロジェクト:DO-IT Japan >

日本マイクロソフトでは、2007 年のスタート時から共催企業としてともに活動を行っています。

学習における困難を支援する ICT 活用ガイド

PDF ファイルをダウンロードしていただけます >

Windows 10 アクセシビリティ ガイドブック

PDF ファイルをダウンロードしていただけます >