見えにくい場合


全盲でコンピューターの画面を全く見ることができない、弱視で画面が見づらい、一部分しか見ることができない、画面に表示されている色の区別がしにくいなど、見ることに困難がある場合、画面の表示を変更したり、音声や触覚など視覚以外の方法で、コンピューターの情報を得ることができます。

 

動きにくい場合


腕などの障碍や怪我により、標準のキーボードやマウスを使用することが困難な場合、困難にあわせたキーボードやマウス、スイッチなどの機器や音声、視線を使って、コンピューターを操作することができます。

 

聞こえにくい場合


聞こえにくい、全く聞こえないという場合、コンピューターのサウンド機能を設定することができます。

 

読み書き・理解に困難がある場合


文字を読むことや書くことが苦手だったり (学習障碍)、集中するのが難しかったり、逆に集中しすぎることで他のことを忘れてしまうなどの困難がある状態の方にも、コンピューターなどテクノロジーが役に立つことがあります。

 

話しにくい場合


病気や呼吸器をつけていたり、自閉症などで発話が難しい場合に、テクノロジーで補助できることがあります。