Windows 10
 


見ること

 

全盲でコンピューターの画面を全く見ることができない、弱視で画面が見づらい、一部分しか見ることができない、画面に表示されている色の区別が
しにくいなど、見ることに困難がある場合、画面の表示を変更したり、音声や指など視覚以外の方法で、コンピューターの情報を得ることができます。

ナレーター
画面の情報を読み上げる

ナレーターは Windows やアプリなどの画面情報を読み上げる機能です。
キーボードを使いデバイスを操作することや、コントローラーやタッチ機能付きのデバイスではいくつかのタッチ ジェスチャーでの操作が可能です。

ナレーターを使う >

ナレーターの概要 >

*「ナレーター」は簡易的な読み上げソフトのため、Office 製品などの読み上げを行う場合は、市販のスクリーン リーダー (読み上げソフトウェア) をお使いください。

使いやすいアプリケーションを作成する
アクセシビリティのための開発

Windows やアプリケーションやウェブ サイトが、開発者によってよりアクセッシブルに作られると、ナレーターやその他スクリーン リーダーが正常に動きます。

アクセシビリティのためのアプリ開発について >

キーボードのショートカット キー
ショートカット キーで操作する

アプリとデスクトップの Windows のショートカット キーです。

Windows のキーボード ショートカットについて >

ナレーターのショートカットについて >

その他アクセシビリティのショートカット >

拡大鏡
画面の一部分や全体を拡大する

画面全体を拡大したり、一部分を虫眼鏡で見るように拡大できる「拡大鏡」機能です。

拡大鏡を使う >

カーソルやマウス ポインターの
大きさを変える
カーソルとポインターを見やすくする

ポインターの色や大きさを変えることでマウス操作を見やすくすることができます。
画面にタッチしたときに視覚的フィードバックを表示することもできます。

画面のカーソルとポインターのサイズ変更する >

コルタナ
作業を進める手助けをする

コルタナはデジタル エージェントです。コルタナはリマインダーを設定やアプリケーションの立ち上げ、検索やメールの送信などの手助けをします。コルタナを使えば使うほどより個人向けにカスタマイズされます。

コルタナを使い Windows をより使いやすくする >

音声認識機能
入力の手間を省きます

ドキュメント入力やメール、web 検索を音声で行うことができます。少しのトレーニングであなたの音声を認識することができます。インターネットに繋がなくても音声認識をお使いいただけるので、あなたのプライバシーを守ることもできます。

音声認識を使用する >

音声認識コマンド >

文字やアイコンのサイズ変更
画面の文字やアイコンを大きくする

画面の文字の大きさやアイコンの大きさを見やすい大きさに変更することができます。

画面の文字やアイコンの大きさを変える >

ハイコントラストカラー フィルター
画面のコントラストを変更する

画面がまぶしいと感じたり、文字と背景の差がわかりにくいと感じる場合、コントラストを変更することができます。
背景色や文字色をカスタマイズが可能で、見やすい色の組み合わせを選ぶことが可能です。
またカラー フィルターを使用することで文字と背景色のみならず写真や動画も色覚多様性に対応しています。

コントラストを調整する >

カラー フィルターを使用する >

タスクに集中しやすくする
気が散ることを最小限に抑える

アニメーション化を抑え、背景画をオフにするなど、気が散ることを最小限に抑えることができます。

タスクに集中しやすくする設定をする >

通知の表示の仕方と時間を調節する
サウンドの視覚的通知と通知の表示時間

通常、通知表示時間は 5 秒ですが、通知の表示時間を変えることで通知を見逃すリスクを減らすことができます。また、音の通知を視覚的通知に変更することもできます。

通知の表示の仕方と時間の調整をする >


聞くこと

 

聞こえにくい、全く聞こえないという場合、コンピューターのサウンド機能を設定することができます。

スカイプ翻訳
翻訳機能を使い、情報保障

しゃべる内容が即座にテキスト表示することができます。あなたがテキスト ボックスに入力した言葉を読み上げることもできます。スカイプ翻訳は機械学習を使っているので、使えば使うほど性能が良くなります。

スカイプ翻訳を使う >

通知の表示の仕方と時間を調節する
サウンドの視覚的通知と通知の表示時間

通常、通知表示時間は 5 秒ですが、通知の表示時間を変えることで通知を見逃すリスクを減らすことができます。また、音の通知を視覚的通知に変更することもできます。

通知の表示の仕方と時間の調整をする >

字幕機能
音声を読む

字幕対応している場合、映画やテレビの音声を字幕表示させることで、聞くことに困難がある方でも映画やテレビを楽しむことができます。
字幕の文字の色や大草を調整することもできます。

字幕を使う >

モノラル オーディオ
両耳で聞く

通常、多くのオーディオでは右から出る音と、左から出る音を分けています。Windows はモノラル オーディオといい、右の音と左の音を分けず、両耳から音を出すことができます。

モノラル オーディオを使う >


身体を動かすこと

 

腕などの障碍 (しょうがい) や怪我により、標準のキーボードやマウスを使用することが困難な場合、困難にあわせたキーボードやマウス、
スイッチなどの機器や音声を使って、コンピューターを操作することができます。

コルタナ
作業を進める手助けをする

コルタナはデジタル エージェントです。コルタナはリマインダーを設定やアプリケーションの立ち上げ、検索やメールの送信などの手助けをします。コルタナを使えば使うほどより個人向けにカスタマイズされます。

コルタナを使い Windows をより使いやすくする >

音声認識機能
音声認識機能を使い操作する

ドキュメント入力やメール、web 検索を音声で行うことができます。少しのトレーニングであなたの音声を認識することができます。インターネットに繋がなくても音声認識をお使いいただけるので、あなたのプライバシーを守ることもできます。

音声認識を使用する >

音声認識コマンド >

アプリケーションの整理
ライブ タイル

Windows 10 のライブ タイルはアプリを開かずに一目で役立つ情報を表示します。例えばニュース タイルにはニュースのタイトルが表示されたり、天気予報のタイルには天気予報が流れます。このライブ タイルは大きさの変更や、位置など自由に変更でき、またアプリの種類別にグループを作ることも可能です。

ライブ タイルでアプリケーションの整理をする >

固定キー・フィルター キー
困難に合わせた入力の仕方をする

腕などの障碍や怪我により標準のキーボード操作が困難な場合、困難に合わせた入力の仕方に設定することができます。2 つ以上のキーを同時に押すことが困難な場合は「固定キー」機能、震えなどにより任意のキーを押すことが難しい場合は「フィルター キー」機能をお使いください。

固定キー機能を使う >

フィルター キー機能を使う >

マウス キー
マウスを使わずカーソルを動かす操作する

マウスの代わりにキーボードのテン キーを使用してマウス ポインターを移動させ操作することが可能です。

マウス キー機能を使う >

スクリーン キーボード (OSK)
入力にスクリーン キーボードを使用する

PCに物理的に接続して使う外付けキーボードやノートパソコンのキーボードの代わりに画面上のオンスクリーンキーボードで文字を入力することができます。
画面上のどこにでも設置することができ、大きさも自由に変えられます。
マウスだけでなくジョイスティックやトラックボールといったデバイスを使って入力することも可能で、スキャン機能にも対応しています。

入力にスクリーン キーボード (OSK) を使用する >

視線制御
視線で操作する

視線制御機能は視線追跡デバイス Tobii 社の Eye Tacker 4C を USB 接続することで視線を使いコンピューターを操作することができます。文字入力も視線で可能になります。

視線制御機能 セットアップ手順と設定 >

視線制御の概要 >


認識すること

 

集中を阻害する要素を減らしたり、整頓をすることで、より集中しやすい環境を Windows で作ることができます。

パソコンからの集中の阻害を
減らす

非通知モードをオンにすると、12 a.m. ~ 6 a.m.の間は通知を遮断し、通知に気が捕られることがなくなります。その他はライブ タイルの非表示することで情報量を制限したりタスク バーを充実させることで効率性をあげることができます。

非通知モードにする >

ライブ タイルをオフにする >

タスク バーを有効的に使う >

タスクに集中しやすくする
気が散ることを最小限に抑える

アニメーション化を抑え、背景画をオフにするなど、気が散ることを最小限に抑えることができます。

タスクに集中しやすくする設定をする >

デスクトップを整理する
アイコン、スタート メニュー、タスク バーの整理

デスクトップやスタート メニュー、タスク バーを整理することで効率性を高めます。デスクトップを右クリックし表示からアイコンの整理を行うことができます。

デスクトップにあるアイコンを整理する >

タスク バーをアレンジする >

音声認識機能
入力の手間を省きます

ドキュメント入力やメール、web 検索を音声で行うことができます。少しのトレーニングであなたの音声を認識することができます。インターネットに繋がなくても音声認識をお使いいただけるので、あなたのプライバシーを守ることもできます。

音声認識を使用する >

音声認識コマンド >


Windows 8.1/8、Windows 7 について

 

Windows 8.1/8、Windows 7 のアクセシビリティ機能につきましては Windows のアクセシビリティガイドブックをご参照ください。

 


支援技術製品の開発・サービス企業・団体・研究機関

 

よりパソコンを使いやすくアクセシブルにするための支援技術製品を取り扱う企業・団体・研究機関について

支援技術製品の開発・サービス企業・団体・研究機関一覧 >

 

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。