日本マイクロソフトのハイブリッド ワークへの取り組み

日本マイクロソフトでは、2007 年に開始した在宅勤務制度を皮切りに、本格的な働き方改革に着手し、2018 年には、より一層の改革を推進すべく組織横断の「ワークスタイル変革チーム」を発足しました。2019 年に、週勤 4 日週休 3 日に取り組んだ「ワーク ライフ チョイス チャレンジ」はその成果の 1 つです。

 

このチームの活動は勤務制度の改善や ICT ツールの活用促進など広範囲に渡りますが、2011 年の社名変更、および品川本社オフィスへの移転・統合から 10 年の節目を迎えるにあたって、生産性のさらなる向上と快適な職場環境を目指して、オフィスの改修を決意、2018 年暮れに「オフィス改修プロジェクト」が立ち上がりました。そして、最初の改修フロアのオープンを控えた 2020 年春にコロナ禍に見舞われます。

 

コロナ禍以前から、品川オフィスでの業務を中心に「いつでも、どこでも」のコミュニケーションやコラボレーションを実践していた社員も業務の多くをリモートで行うことになりました。このことが、私たちにとって想像以上の「新たな体験と気づき」となり、その後のオフィス改修プロジェクトに大きく反映され、2022 年 6 月末に改修プロジェクトを完了しました。

詳細を動画で見る (YouTube)
ハイブリッド ワークで多様性のある働き方を目指す、日本マイクロソフトの実践

Work Trend Index より

マイクロソフトでは、世界中の働き方を調査し、そのレポートを「Work Trend Index」として定期的に公表しています。

2022 年 3 月 16 日に公開された最新のレポートでは、31 か国の 31,000 人を対象にした調査結果に加え、Microsoft 365 の何兆件もの生産性に関するシグナルの分析や、LinkedIn の求人市場トレンドなどから得られた知見が紹介されています。

Work Trend Index 調査より抜粋 (2022 年 1 月 7 日から 2022 年 2 月 16 日)

詳細はこちら

ハイブリッド モデルに対応するオフィス環境の実現


ハイブリッド ワークを支える、Microsoft ソリューション

ハイブリッド ワーク時代に対応して、コラボレーションと生産性の改善、従業員のエクスペリエンス向上のために提供するソリューションを紹介します。


お客様事例


本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。