現場の最前線で働く従業員の生産性を最大限に高めるデジタル トランスフォーメーション

現場の最前線で活躍する従業員の「熱意」「創造性」「行動」が
新しいアイデアの創出、組織価値の差別化を後押しします

今、現場の従業員のビジネス チャンスや能力に着目し、現場の生産性と効率性を高める働き方改革とデジタル トランスフォーメーションを経営戦略として位置づけている組織が増えています。
Microsoft は現場も含めた組織全体の働き方改革を推進するための最適なクラウド ソリューションを提供します。

イメージ: 現場の孤立感

現場の孤立感

▸企業文化とコミュニティの促進


もっと「つながり」を大切にする現場

現場でも常に経営者とつながり、企業経営の方針を理解すること。本社や現場間で現状の課題点や問題点を議論する場を持つこと。さらに業務以外の活動においても従業員同士がつながる場所を求めています。

イメージ: 学習環境の不足

学習環境の不足

▸教育/研修とスキル アップ


現場頼みになっている、従業員教育の厳しい現実

紙のマニュアルや OJT は、俗人的な教育/研修になってしまいがち。 教え方にも覚える内容にもばらつきがあり、忙しい現場では教育に時間を取ることも困難です。人も時間も縛らない、効率的なオンライン トレーニングが現場の教育/研修を後押しします。

イメージ: 大量の紙作業

大量の紙作業

▸業務プロセスのデジタル化


クラウド化と自動化が現場の生産性向上のカギ

紙ベースの定型業務をデジタル化し、クラウドで利用できれば、場所や時間に縛られることなく、いつでもどこからでも作業可能。承認などの定型フローは自動化することで、処理スピードが向上。現場の従業員は本来の業務に時間を十分に充てることができるようになります。

イメージ: 質問先が不明

質問先が不明

▸リアル タイムな課題解決と現場知見の蓄積


今の業務に活かされることのない、前任者や他部門の過去の知見

過去の業務に関する情報だけではなく、前任者の過去の知見やノウハウが 1 か所に集約されていたら、新しく配属された従業員であっても簡単に必要な情報を検索し、特定できます。自らセルフ サービスで問題解決できるため、本人の業務効率の改善はもちろん、 教育担当になった従業員の負荷も軽減できます。

イメージ: 難しいシフト調整

難しいシフト調整

▸シフトとタスクの一元管理とデジタル化


従業員間のシフト管理は公平性を保つためにも可視化が不可欠

従業員同士がシフト管理を行うと、人間関係の問題に発展する可能性も出てきます。シフト交換などのやり取りを可視化し、責任者 の目の届く環境で公平な調整が行える環境は不可欠です。紙や Excel では、調整に関する会話などのやり取りが見えないため、チー ム マネジメントにも影響が出る可能性もあります。

イメージ: セキュリティ リスク

セキュリティ リスク

▸リスクとコストの最小化


セキュリティ リスクとコストを最小限に

現場で利用される業務用デバイスの保護、デバイス上で使用する業務アプリケーションへのアクセス制限、現場の従業員を特定する ID の保護をシンプルな形で管理します。現場の重要な業務に対しても、セキュリティとコンプライアンスを担保し、現場の情報を守ります。





本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。