震えなどにより任意のキーを押すことが難しい場合は、フィルター キー機能をお使いください。短い瞬間的なキー操作や同じキーが何度も押された操作など、誤操作と思われるキー操作をパソコンが無視し、タイプミスを防ぐことができます。

 


フィルター キー機能を有効にする方法

キーボードでフィルター キー機能を有効にするには、右 Shift キーを 8 秒間長押します。
 

フィルター キー機能の確認画面 はい(Y)が赤枠で囲まれている

フィルター キー機能の確認画面 はい(Y)が赤枠で囲まれている

フィルター キー機能を有効にしますか? という確認画面が左上に表示されます。
[はい (Y)] をクリックします。

 


タッチ操作またはマウスを使ってひらくには
 

Windowsのディスクトップ画面 スタートアイコンが赤枠で囲まれている

Windowsのディスクトップ画面 スタートアイコンが赤枠で囲まれている

左下の [スタート] ボタンを選択し、

 

Windowsのディスクトップ 歯車アイコン(設定)が赤枠で囲まれている

Windowsのディスクトップ 歯車アイコン(設定)が赤枠で囲まれている

[設定] をクリックします。

 

Windowsの設定画面 簡単操作が赤枠で囲まれている

Windowsの設定画面 簡単操作が赤枠で囲まれている

[Windows の設定] の [簡単操作] をクリックします。

(Windows ロゴ キー を押しながら + [U] を押しても、[簡単操作] 画面を開くことができます。* Windows 10 Anniversary Update が適応されていると、[簡単操作] 画面が開きますが、それ以前の Windows では、[コントロール パネル] の [簡単操作センター] が開きます。)

 

Windowsのキーボード設定画面 1 キーボードと2 オンが赤枠で囲まれている

Windowsのキーボード設定画面 1 キーボードと2 オンが赤枠で囲まれている

左の簡単操作一覧から、(1) [キーボード] 選択し、(2) [フィルター キー機能] の下にある [速いキーボード操作または繰り返し入力されたキーボード操作は無視または減速して、キーボードのリピート間隔を調整します] のスライダーを動かしてフィルター キー機能をオンにします。

 


コントロール パネルからフィルター キー機能を有効にする方法

 

Windowsのディスクトップ画面 左下の検索ボックスにコントロール パネルと入力されている

Windowsのディスクトップ画面 左下の検索ボックスにコントロール パネルと入力されている

左下の検索ボックスに「コントロール パネル」と入力し、コントロール パネルを開きます。

 

Windowsのコントロールパネルの設定画面 コンピューターの簡単操作が赤枠で囲まれている

Windowsのコントロールパネルの設定画面 コンピューターの簡単操作が赤枠で囲まれている

[コンピューターの簡単操作] を選びます。

 

Windowsのコンピューターの簡単操作設定画面 コンピューターの簡単操作センターが赤枠で囲まれている

Windowsのコンピューターの簡単操作設定画面 コンピューターの簡単操作センターが赤枠で囲まれている

[コンピューターの簡単操作センター] を選択します。

 

Windowsのコンピューターの簡単操作センター設定画面 キーボードを使いやすくしますが赤枠で囲まれている

Windowsのコンピューターの簡単操作センター設定画面 キーボードを使いやすくしますが赤枠で囲まれている

[コンピューターの簡単操作センター] から [キーボードを使いやすくします] を選択します。

 

Windowsのキーボードを使いやすくします設定画面 1 フィルターキー機能を有効にします(I)と2 OK(O)と適用(P)が赤枠で囲まれている

Windowsのキーボードを使いやすくします設定画面 1 フィルターキー機能を有効にします(I)と2 OK(O)と適用(P)が赤枠で囲まれている

(1) [キーボードを使いやすくします] の一覧から [フィルター キー機能を有効にします] の項目のチェックボックスをクリックします。
(2) [OK] または [適用] をクリックします。


フィルター キー機能を有効の詳細

Windows の設定からフィルター キー機能の設定を行う

  • 押したいキーの前に違うキー (隣のキーなど) を押しても、意図しないキーが入力されないようにする。

Windowsの設定画面 スローキー機能をオンにして、キーボード操作に応じる前にPCを待機させるが赤枠で囲まれている

Windowsの設定画面 スローキー機能をオンにして、キーボード操作に応じる前にPCを待機させるが赤枠で囲まれている

[スロー キー機能を有効にする] のスライダーをオンにするとコンピューターにキーボード操作を認識させる秒数を変更することができます。

 


  • キーから指を離すのに時間がかかり、意図しないキーが繰り返し入力されるのを防ぐ。

 

Windowsのキーボード設定画面 キー入力の間隔をオンにして、キーを押し続けているときに繰り返されたキーボード操作を遅らせると1 キーボード操作の最初の繰り返しに応じるまでのPCの待機時間を選択すると2 以降のキーボード操作の繰り返しが認識されるまでの待ち時間を選択するが赤枠で囲まれている

Windowsのキーボード設定画面 キー入力の間隔をオンにして、キーを押し続けているときに繰り返されたキーボード操作を遅らせると1 キーボード操作の最初の繰り返しに応じるまでのPCの待機時間を選択すると2 以降のキーボード操作の繰り返しが認識されるまでの待ち時間を選択するが赤枠で囲まれている

[キー入力の間隔をオンにして、キーを押し続けているときに繰り返されたキーボード操作を遅らせる] の下のスライドをオンにすると、
(1) キーを押し続けたときに 2 文字目が入力される時間を設定します。
(2) 3 文字目以降の入力される時間を設定します。

 


コントロール パネルからフィルター キー機能の設定を行う

  • キーから指を離すのに時間がかかり、意図しないキーが繰り返し入力されるのを防ぐ。

 

Windowsのキーボードを使いやすくします設定画面 フィルターキー機能の設定(L)が赤枠で囲まれている

Windowsのキーボードを使いやすくします設定画面 フィルターキー機能の設定(L)が赤枠で囲まれている

[コンピューターの簡単操作センター] の [フィルター キー機能の設定] を選択します。

 

Windowsのフィルターキー機能を設定します設定画面 1 バウンスキー機能を有効にします(B)と2 OK(O)と適用(P)が赤枠で囲まれている

Windowsのフィルターキー機能を設定します設定画面 1 バウンスキー機能を有効にします(B)と2 OK(O)と適用(P)が赤枠で囲まれている

(1) [フィルターのオプション] から [バウンス キー機能を有効にします] を選択します。
(2) [OK] または [適用] をクリックします。

 


  • 押したいキーの前に違うキー (隣のキーなど) を押しても、意図しないキーが入力されないようにする。

 

Windowsのキーボードを使いやすくします設定画面 フィルターキー機能の設定(L)が赤枠で囲まれている

Windowsのキーボードを使いやすくします設定画面 フィルターキー機能の設定(L)が赤枠で囲まれている

[コンピューターの簡単操作センター]  [フィルター キー機能の設定] を選択します。

 

Windowsのフィルターキー機能を設定します設定画面 1 キー入力の間隔と速度を有効にします(R)と2 キー入力の間隔と速度の設定(U)が赤枠で囲まれている

Windowsのフィルターキー機能を設定します設定画面 1 キー入力の間隔と速度を有効にします(R)と2 キー入力の間隔と速度の設定(U)が赤枠で囲まれている

[フィルターのオプション] から(1) [キー入力の間隔と速度を有効にします] を選択し、(2) [キー入力の間隔と速度の設定] をクリックします。

 

 

Windowsのキー入力の間隔および速度を設定します設定画面 1 意図しないキーボード操作を避けますと2 OK(O)と適用(P)が赤枠で囲まれている

Windowsのキー入力の間隔および速度を設定します設定画面 1 意図しないキーボード操作を避けますと2 OK(O)と適用(P)が赤枠で囲まれている

(1) キーを押してから入力と認識するまでの時間を設定します。
(2) [OK] または [適用] をクリックします。

 


  • キーから指を離すのに時間がかかり、意図しない文字を繰り返し入力されるのを防ぐ。

 

Windowsのキーボードを使いやすくします設定画面 フィルターキー機能の設定(L)が赤枠で囲まれている

Windowsのキーボードを使いやすくします設定画面 フィルターキー機能の設定(L)が赤枠で囲まれている

[コンピューターの簡単操作センター]  [フィルター キー機能の設定] を選択します。

 

Windowsのフィルターキー機能を設定します設定画面 1 キー入力の間隔と速度を有効にします(R)と2 キー入力の間隔と速度の設定(U)が赤枠で囲まれている

Windowsのフィルターキー機能を設定します設定画面 1 キー入力の間隔と速度を有効にします(R)と2 キー入力の間隔と速度の設定(U)が赤枠で囲まれている

[フィルターのオプション] から(1) [キー入力の間隔と速度を有効にします] を選択し、(2) [キー入力の間隔と速度の設定] をクリックします。

 

Windowsのキー入力の間隔および速度を設定します設定画面 1 キーボード操作の繰り返しをすべて無視します(N)と2 最初のキーボード操作を繰り返すまでの待機時間はどれくらいですか?と3 次のキーボード操作を繰り返すまでの待機時間はどれくらいですか?(L)と4 OK(O)と適用(P)が赤枠で囲まれている

Windowsのキー入力の間隔および速度を設定します設定画面 1 キーボード操作の繰り返しをすべて無視します(N)と2 最初のキーボード操作を繰り返すまでの待機時間はどれくらいですか?と3 次のキーボード操作を繰り返すまでの待機時間はどれくらいですか?(L)と4 OK(O)と適用(P)が赤枠で囲まれている

(1) キーを押し続けても無視されて、最初の一文字だけ入力されます。
(2) キーを押し続けたときに 2 文字目が入力される時間を設定
(3) 3 文字目以降の入力される時間を設定します。
(4) [OK] または [適用] をクリックします。

 


アイコンからフィルター キー機能の設定を行う

フィルター キー機能が有効な場合、フィルター キー機能が有効化のアイコン が、通知領域に表示されます。入力の間隔や速度などを変更するには、このアイコン をダブルクリックすると、フィルター キー機能設定のページが開きます。

 

Windowsのフィルターキー機能を設定します設定画面

Windowsのフィルターキー機能を設定します設定画面


この資料は以下の製品について記述したものです。
Windows 10
(Windows 8.1/8、Windows 7 をお使いの方は、上記の「コントロール パネルからフィルター キー機能を有効にする」をご参照ください。)

 

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。