非営利団体のための生産性向上ソリューション

職員とボランティアの生産性とセキュリティを、この困難な時も確実に保ちましょう。

Five people gathered around a table working together on laptops

Microsoft 365 Business Premium を無料で入手

セキュリティを維持しながら非営利団体を運営し成長させるには、この中小規模組織のために作られた統合型ソリューションがお役に立ちます。

A tablet, a laptop, and a phone showing Office 365 in use

非営利団体の成功に必要なツールがそろう

スタッフとボランティアの活動を成功へと導くための強力なツールが非営利団体向けのプランに含まれています。チーム メンバーは無料でメール機能とドキュメントのオンライン編集機能やストレージを利用できます。また、ビデオ会議、インスタント メッセージング、組織独自の Yammer サイトを使用して、世界各地に分散しているチームをまとめることもできます。

クラウドで生産性アップ

生産性を向上させるクラス最高のクラウド環境で、スタッフやボランティアが積極的に、新しい形で連携できます。オンライン ストレージとリモート ファイル共有を利用して活動報告書や助成金申請書にいつでも、どこにいてもアクセスできます。柔軟性を活かして、使い慣れたアプリのオンライン バージョンで作業することも、最新バージョンが含まれているプランを購入して Windows PC、Mac、モバイル デバイスにインストールすることもできます。

Phone screen showing Microsoft Outlook inbox
Two people working together, one using a laptop and one using a tablet

セキュリティ、法令遵守、プライバシー

機密データの保護が欠かせないのは、非営利団体のスタッフとプログラムを守るためだけでなく、組織の成功のためでもあります。データ侵害やサイバー攻撃は、受益者を危険にさらし、運営に混乱を招き、組織が責任を問われる事態を引き起こしかねません。Microsoft は、すべてのお客様に対して堅牢なデータ処理契約、EU モデル契約条項、HIPAA Business Associate Agreement への準拠を契約上確約しています。モバイル デバイスでのセキュリティについても、心配はいりません。

|

Microsoft は、資格のある非営利組織を対象として寄贈版と割引価格の製品を用意しています。これに該当する製品としては、Office 365、Azure、Dynamics 365 などのサービスや、Surface ハードウェア、オンプレミスのソフトウェアがあります。また、各地の Microsoft オフィスで定期的にトレーニング イベントを開催し、非営利組織のテクノロジ活用をお手伝いするとともに、テクノロジがどのように組織の影響力を深めることができるかを紹介しています。ただし、国によっては実施していないプログラムもあることにご注意ください。

Microsoft の利用資格ガイドライン (英語) を確認してから、こちらから製品の寄贈または割引を申請してください。

はい。Office 365 Nonprofit プランの利用資格が認められたお客様は、商用と非営利団体向けの両方のプランを購入できます。

お客様の国で活動している Microsoft パートナーの協力を得ることをおすすめします。他の非営利団体の組織的・技術的キャパシティ ビルディングを使命とする非営利パートナーの例としては、TechSoupTech Impact があります。

次の要件を満たす非営利組織 (NPO) や 非政府組織 (NGO) が対象です。

  • その国で法的に定義されている慈善団体として認可されている

  • 非営利ベースで運営されている

  • 広範なコミュニティに恩恵をもたらすことを使命とする

  • Microsoft の非差別ポリシーに同意している

  • 利用資格があるスタッフにのみライセンスを割り当てる

詳細については、利用資格のページ (英語) をご覧ください。

利用資格の判断は可能な限り迅速に行うよう努めていますが、このプロセスには最大 20 営業日かかる場合があります。この日数は、追加書類の要請や国の要件に対する非営利団体の対応によって異なります。

非営利団体向け寄贈版を利用できるのは、非営利団体の有給職員と、その非営利団体のリーダーの役割を果たしている無報酬の幹部スタッフのみです。割引価格で購入されたライセンスは、非営利団体のすべてのスタッフとボランティアが利用できます。非営利団体の受益者、メンバー、寄付者は、非営利団体向けのライセンスとサブスクリプションの対象外となります。詳細については、利用資格のページをご覧ください。