SAM とは?

ソフトウェア資産管理 (SAM: Software Asset Management) は、ユーザー、プロセス、テクノロジーに関する情報を統合し、組織全体のソフトウェアの使用状況を管理および最適化する手法であり、その効果が実証されています。SAM を導入することで、コスト、事業リスク、法的リスクを管理しながら、ソフトウェア ライセンスに対する投資を最適化し、組織の成長ともに拡大するニーズに応じて IT システムを拡張することができます。

スマホのイラスト

使用事例

テクノロジー トレンド: メリットを最大化しながら、ビジネスの整合性を確保するベスト プラクティスを導入しましょう。

個人所有デバイスの社内ネットワークへの接続、クラウド コンピューティングの利用、アプリの手軽なダウンロードといった使われ方が定着し、管理が困難になりつつあります。このような場面にも SAM が役立ちます。
複数のツールのイラスト

SAM プログラム

Microsoft では、高度なトレーニングを受けた認定パートナーと協働することにより、プロアクティブな SAM サポート プログラムを世界中のお客さまに提供し、将来を見据えたテクノロジー プランの立案を支援しています。

ツールと製品

組織の SAM 戦略に応じた最適なツールと製品を選択できます。

Microsoft Enterprise Mobility Suite (EMS)

あらゆるデバイスで従業員の生産性を維持しながら、企業のデータを保護します。

Microsoft Intune

どのようなデバイスから、どんな場所からでも、従業員が会社のリソースにアクセスできるようになります。

Microsoft Assessment and Planning Toolkit (MAP ツール)

IT インフラストラクチャのインベントリ収集と評価を容易にし、最適なテクノロジーを決定します。

System Center Configuration Manager (SCCM)

自由にデバイスを選んでどこからでも作業できる環境を構築します。

お薦めの参考資料