よく寄せられる質問

Windows 365 は世界初のクラウド PC です。Windows 365 は、ユーザーそれぞれの Windows デスクトップ、アプリ、設定、コンテンツをクラウドから任意のデバイスにストリーミングします。クラウド PC とはコンピューティングを仮想化で実現するものであり、ユーザーの Windows エクスペリエンスを Microsoft クラウドから、どのデバイスにでもストリーミングできます。

 

クラウド PC で、Windows はデバイス ベースのオペレーティング システム (OS) からハイブリッドのパーソナライズド コンピューティングへと進化します。クラウド PC におけるハイブリッドとは、Windows クライアント OS を指します。

 

Windows がローカルとクラウドのハイブリッド OS へと進化することによって、あらゆる規模の組織にとって新たな可能性が生まれます。Windows 365 で、Windows はローカル OS とクラウド OS のハイブリッドとなります。PC (OS をローカルでインストール) とクラウド PC (クラウド ベースの OS) から、組織内の個々のユーザーや役職に適切なほうを選ぶことができます。場合によっては、1 人のユーザーが両方を利用できるようにして仕事に最適なツールを選ばせることが有益となる可能性があります。

Windows 365 は組織の規模を問わず、セキュリティと俊敏性に優れたハイブリッド ワーク ソリューションを求めている組織が対象です。つまり、弾力性のある人員配置、従業員の分散、あるいは専門化ワークロードのための汎用性のあるコンピューティングとストレージ機能に、どのデバイスでもアクセスできるようにしたい場合に適しています。

Windows 365 には 2 つのエディションがあります。Windows 365 Business と Windows 365 Enterprise です。

 

Windows 365 Business は、比較的小さい組織 (最大 300 ユーザー) でシンプルにクラウド PC を購入、展開、管理したい場合に適しています。詳細情報とエディションの比較については、こちらをご覧ください

 

Windows 365 Enterprise は、組織のクラウド PC を Microsoft エンドポイント マネージャーで管理するとともに Microsoft のその他のサービス (Azure Active Directory や Microsoft Defender for Endpoint など) との統合を活用したいという場合に適しています。Windows 365 Enterprise にはライセンス数の制限はありません。Windows 365 Enterprise を使用するには、各ユーザーに Windows 11 Enterprise または Windows 10 Enterprise、Microsoft エンドポイント マネージャー、および Azure Active Directory P1 のライセンスが付与されている必要があります。Microsoft エンドポイント マネージャーと Azure Active Directory P1 は Microsoft 365 F3、Microsoft 365 E3、Microsoft 365 E5、Microsoft 365 A3、Microsoft 365 A5、Microsoft 365 Business Premium、Microsoft 365 Education 学生使用特典のサブスクリプションに含まれていますが、単体で購入することもできます。

Windows 365 Enterprise と Windows 365 Business のどちらもクラウド ベースの完全な製品であり、パフォーマンスのニーズに合わせて選べる、さまざまなクラウド PC 構成が用意されています。お客様は Windows 365 をユーザー単位の独立したライセンスとして、固定月額料金で購入して個々のクラウド PC にアクセスし、使用することができます。ネットワーク使用に基づいて追加料金が適用される場合があります。詳細については、こちらをご覧ください。 

 

Windows 365 Enterprise

購入は Windows365.com から直接、またはお客様のアカウント担当者を通して行います。購入後のクラウド PC のプロビジョニングと管理には、完全統合されている Microsoft エンドポイント マネージャーを使用します。

 

Windows 365 Enterprise を使用するには、各ユーザーに Windows 11 Enterprise または Windows 10 Enterprise、Microsoft エンドポイント マネージャー、および Azure Active Directory P1 のライセンスが付与されている必要があります。個別に購入することもできますが、これらのライセンスは Microsoft 365 F3、Microsoft 365 E3、Microsoft 365 E5、Microsoft 365 A3、Microsoft 365 A5、Microsoft 365 Business Premium、および Microsoft 365 Education 学生使用特典のサブスクリプションに含まれています。

 

対象のライセンスをお持ちでない場合に Windows 365 Enterprise を使用するには、Windows 11 Enterprise のページまたは Microsoft 365 のページで詳細情報をご覧になり、お客様に最適なプランを購入してください。

 

Windows 365 Business

購入を Windows365.com から直接行い、お客様のアカウントをドメインなしでセットアップし、クラウド PC のプロビジョニングと管理を Web 上で Windows 365 のホームページから直接行うことができます。それ以外に必要になる Microsoft ライセンスはありません。クレジット カード番号を用意して始めてください。

 

現在 Microsoft 365 を使用している場合は、購入手続きを Microsoft 365 管理センターで行う必要があります。お客様の組織のグローバル管理者または課金管理者に依頼して購入手続きを行ってください。

Windows 365 を利用するにあたって、最小購入数の要件はありません。ただし、ライセンス入手方法によっては (たとえば Enterprise Agreement)、最小購入数の要件が設けられています。

Windows 365 は、ライセンス 1 件につきユーザー 1 人が使用できます。単一クラウド PC での複数ユーザーはサポートされません。

はい。必要に応じて 1 人のユーザーに複数のクラウド PC を割り当てることは可能です。たとえば、1 人の契約社員が多数の企業を担当している場合に、顧客企業ごとに 1 つのクラウド PC を割り当てることができます。

Windows 365 サブスクリプションのキャンセルはいつでも、Microsoft 365 管理センターで行うことができます。

 

サブスクリプションがキャンセルされると、関連するデータがすべて削除されます。Microsoft 365 でのデータの保持、削除、破棄に関する詳細情報をご覧ください

サブスクリプションの終了時は、標準の Microsoft 365 データ保持ポリシーが適用されます。Microsoft 365 でのデータの保持、削除、破棄に関する詳細情報をご覧ください

Windows 365 Enterprise では、サイズ変更機能を使用して RAM、CPU、ストレージのサイズをユーザーのニーズに合わせてアップグレードできます。たとえば、CPU 多用型のアプリを実行するユーザーがさらにパワフルなクラウド PC を必要としている場合や、ファイル保存用にディスク容量を増やす必要がある場合です。ダウングレードのオプションは、現時点では用意されていません。サイズ変更機能は、現時点では Windows 365 Business では利用できません。サイズ変更機能の詳細情報をご覧ください

既存のサブスクリプションのサービスで使用していたデータを維持したまま Windows 365 の別エディションに変更することはできません。別のエディションに変更するには、お客様の担当の Microsoft アカウント マネージャーに連絡するか Windows365.com にアクセスして新しいサブスクリプションを購入してください。

  • Windows ハイブリッド特典は、Windows 365 Business のコスト削減に役立つライセンス特典です。
  • 既に Windows 11 Pro または Windows 10 Pro をデバイスで使用している場合に、Windows 365 Business サブスクリプションが最大 16% 割引となります。 ​
  • 割引額は Windows 365 クラウド PC の構成とリージョンによって異なります。

 

  • Windows ハイブリッド特典は、有効な Windows 11 Pro または Windows 10 Pro ライセンス付きのデバイスをお持ちならばご利用いただけます。 
  • Windows 365 Business のライセンスを Windows ハイブリッド特典ライセンスとともに割り当てられる人が、Windows 11 Pro または Windows 10 Pro ライセンス付きデバイスの主ユーザーであることと、そのデバイスが、その人の主たる仕事用デバイスであることが必要です。 
  • 割引価格での利用を続けるには、Windows 365 サービスにアクセスするサブスクリプション期間中に、Windows 11 Pro または Windows 10 Pro ライセンス付きデバイスからも、同じ期間中に少なくとも 1 回、そのサービスにアクセスする必要があります。

現在お使いの Windows のバージョンを特定するには、こちらをご覧ください

Windows 365 は、個人の生産性に関する多様なシナリオをサポートするように作られています。たとえば、ドキュメントとコンテンツの作成、共有、会議、コラボレーションです。この想定する用途の中には、サーバーのような使用、たとえば Web サイトのホスティングやコンテンツのストリーミングは含まれていません。

 

Windows 365 Enterprise

すべてのネットワーク トラフィックは、オンプレミスのネットワーク接続のセットアップに使用された Azure 仮想ネットワークを通過します。ネットワーク使用については Azure の帯域幅の価格が適用されます。

 

Windows 365 Business

アウトバウンド データ量の制限が適用されます。

 

  • 2 vCPU / 4 GB / 64 GB、2 vCPU / 4 GB / 128 GB、2 vCPU / 4 GB / 256 GB、2 vCPU / 8 GB / 128 GB、2 vCPU / 8 GB / 256 GB: アウトバウンド データ 20 GB (ユーザー/月あたり) が含まれています。
  • 4 vCPU / 16 GB / 128 GB、4 vCPU / 16 GB / 256 GB、4 vCPU / 16 GB / 512 GB: アウトバウンド データ 40 GB (ユーザー/月あたり) が含まれています。
  • 8 vCPU / 32 GB / 128 GB、8 vCPU / 32 GB / 256 GB、8 vCPU / 32 GB / 512 GB: アウトバウンド データ 70 GB (ユーザー/月あたり) が含まれています。

 

アウトバウンド データ アクティビティの一般的な例としては、ファイルをクラウド PC から外部の場所に保存することや、Microsoft クラウド サービス外部でのデータ転送があります。Windows 365 Business に含まれるアウトバウンド データのレベルは、このような一般的なユーザー アクティビティでの利用を意図しています。このレベルを超える分については、Microsoft が帯域幅とアウトバウンド データ量をケースバイケースで制限することがあります。これは、Windows 365 のすべてのユーザーとお客様に対してサービスの質を維持するためです。

サポートを利用するにはさまざまな方法がありますが、Windows 365 のサブスクリプションをどのように購入したかに応じて決まります。セルフサービスで購入した場合は、Microsoft 365 管理センターを通してサポートをリクエストします。ボリューム ライセンスを通して Windows 365 サブスクリプションを購入した場合は、お客様を担当する Microsoft アカウント マネージャーにご連絡ください。Microsoft クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) を通して購入した場合は、その CSP パートナーが技術面以外の問題 (登録、メンバーシップ、料金請求、サブスクリプション、ユーザー管理など) のサポート リクエストを Microsoft パートナー センターで提出できます。

Windows 365 は、Windows365.com で、またはお客様を担当する Microsoft セールス担当者を通して、または Microsoft パートナー プログラムのソリューション プロバイダーを通して購入することができます。

現時点でお伝えできる具体的な情報はありません。Microsoft コマース エクスペリエンスが変革を続けるのに合わせて、パートナーの皆様のための新しい機能が Windows 365 に追加される予定です。詳細情報は、準備ができ次第お知らせします。

最近のデバイスのほとんど、つまり Windows 11、Windows 10、Mac OS、iOS、Android でサポートされるデバイスは、インターネット接続があれば Windows 365 が動作します1。最適なエクスペリエンスを得るためには、従来のキーボードとマウスをサポートするデバイスをおすすめします。機能によっては特定のハードウェアが必要になります。Windows 11 のコンピューターの仕様とシステム要件を見つける方法についての詳細情報をご覧ください

 

デバイスに HTML5 ブラウザーと DSL 接続またはワイヤレス インターネット接続があり、ビデオのストリーミングが可能であれば、Windows 365 を使用できます。必要となる帯域幅の大きさは、ワークロードによって異なります。ネットワークのガイドラインの詳細情報をご覧ください

Microsoft リモート デスクトップ アプリがあるプラットフォーム、または Web クライアントにアクセスするための HTML5 対応ブラウザーがあるプラットフォームならどれでも、クラウド PC に接続できます。Windows デバイスならば、最適なエクスペリエンスが得られます。機能によっては特定のハードウェアが必要になる場合があります。詳細については、こちらをご覧ください

 

仮想マシン (VM) 上の Windows 11 のハードウェア最小要件は (こちらで説明しています)、物理的 PC と同じです。Windows 11 VM を Azure 上で使用する場合は、トラステッド起動を使用して TPM 2.0 とセキュア ブートを VM 構成の一部として有効化することをおすすめします。これで、他のすべての要件 (CPU、RAM、OS など) と同様に、Windows 11 のハードウェア最小要件に準拠した状態を維持できます。

こちらで、Windows 365 サブスクリプションの使用開始に役立つリソースをご覧ください。

いいえ。Microsoft リモート デスクトップ アプリがあるプラットフォーム、または Web クライアントにアクセスするための HTML5 対応ブラウザーがあるプラットフォームならどれでも、クラウド PC に接続できます。Windows デバイスならば、最適なエクスペリエンスが得られます。機能によっては特定のハードウェアが必要になる場合があります。詳細については、こちらをご覧ください

はい。Microsoft の FastTrack プログラムで、お客様の Windows 365 の展開、導入、データ移行のスピードアップをお手伝いします。この目的は、ビジネス価値実現までの期間を短縮することです。適格な Windows 365 のサブスクリプションをお持ちのお客様は、サブスクリプション期間中 FastTrack を追加料金なしで利用できます。

 

サポートの利用を開始するには、Microsoft FastTrack にサインインしてください

こちらで FastTrack のサービスの詳細情報をご覧になり、利用資格があるかどうかを調べてください

Microsoft FastTrack を利用できない場合でも、Microsoft ソリューション プロバイダーによるサポートを利用できます。

 

 

はい。Microsoft は、お客様のアプリが Microsoft のソフトウェアの最新バージョン上で確実に動作できるようにすることをお約束しており、Windows 365 は互換性を念頭に置いて構築されています。Windows 7、Windows 8.1、Windows 10 (および、間もなく Windows 11 も) で動作していたアプリは、Windows 365 でも動作します。お客様のアプリについて問題が発生した場合は、Microsoft がその解決を無料で、Fast Track App Assure プログラムを通してお手伝いします (対象のサブスクリプションをご利用の場合)。

App Assure とは、Microsoft のソフトウェアの最新バージョンを展開するときに発生したアプリの問題について、その修復をお手伝いするサービスです。お客様のアプリが Windows 365 上で動作しない場合は、App Assure がお客様とともにそのトラブルシューティングを行い、根本原因を特定し、問題の解決をお手伝いします。

 

App Assure は、条件を満たすお客様が 150 シート以上購入された場合に追加費用なしでご利用いただけます。資格要件の詳細情報をご覧ください

 

App Assure にサインインして専任の App Assure マネージャーによるサポートのリクエストをお送りください。リクエストを提出できない場合は、ACHELP@microsoft.com にお問い合わせください。折り返しご連絡いたします。

Windows 365 無料試用版は多数のお申し込みをいただいたため、新規試用サブスクリプションを一時停止しています。ご要望にお応えするとともに最適なエクスペリエンスを確実にお届けするために、Windows 365 の試用版提供は特定の国/地域に限定しています。試用版へのリンクがプラン比較のページにない場合は、現時点では試用版の利用はできません。後日、もう一度確認してください。月間サブスクリプションはいつでも購入できます。購入するにはプラン比較のページにアクセスしてください。

多数のお申し込みをいただき、Windows 365 の試用は予定数に達しました。そのため、新規試用サブスクリプションは一時停止しています。このことは、既に無料試用を開始しているお客様には影響しません。

試用期間の終了時に、サブスクリプションはお客様が指定したシート数の有料サブスクリプションに自動的に転換されます。サブスクリプションの継続を希望されない場合は、試用期間終了前に Microsoft 365 管理センターでキャンセルしてください。

 

試用版のデータ、サービス構成、テナント情報はすべて、有料サブスクリプションへの転換時に無変更で維持されます。有料サブスクリプションに転換しないことを選択した場合は、試用版のデータは削除されます。Microsoft 365 でのデータの保持、削除、破棄に関する詳細情報をご覧ください

いいえ。試用期間の延長はできません。60 日間の試用期間が終了する前にキャンセルされた場合を除いて、試用版は自動的に有料サブスクリプションに転換されます。

ユーザーのプロファイル データは Windows 11 と Windows 10 の両方で OneDrive と同期されるので、データに関しては同じ (ハイブリッド) エクスペリエンスが得られます。クラウド PC とローカル OS の間で行われる同期は、OneDrive、Microsoft 365 Apps (Office)、Microsoft Edge に関係しています。

Windows 11 は、2021 年 10 月 5 日以降にプロビジョニングされるすべての Windows 365 Enterprise SKU でサポートされます。Windows 365 Business で Windows 11 がサポートされるのは、新規作成されるクラウド PC 上のみとなります。

 

Windows 365 を使用するにはインターネット接続が必要です。

ご利用のインターネット接続でビデオのストリーミングが可能ならば、Windows 365 を実行できますが、必要な帯域幅の大きさは実行するワークロードによって異なります。

Windows 365 は 2021 年 8 月 2 日に全世界で提供を開始しました。ただし中国と、米国の禁輸国 (キューバ、イラン、朝鮮民主主義人民共和国、スーダン、シリア) を除きます。ネットワークのパフォーマンスと待機時間がユーザー エクスペリエンスに影響しますが、実際にどの程度になるかは Azure リージョンへの近さによって異なります。サポートされる Azure リージョンの一覧をご覧ください

Microsoft のギャラリーにご用意しているシステム イメージに、Teams 最適化とインストール済み Office アプリが含まれています。カスタム システム イメージについては、エンドポイント分析機能によって必須の Teams 最適化がチェックされ、ユーザー エクスペリエンスが最大となるように、必要に応じて最適化が展開されます。

Windows 365 の目的は、ビジネスに役立つ価値を届けることですが、数千人の従業員を有するエンタープライズ企業から 1 人だけの小規模ビジネスまで、その規模を問いません。個人のお客様は Windows365.com で、クレジット カードまたは類似のお支払い方法を使用してサブスクリプションを購入することができます。

Windows 365 Enterprise クラウド PC の管理を MSP が M365 Lighthouse Preview で行うことができます。Microsoft 365 Lighthouse での Windows 365 Business クラウド PC のサポート追加について評価を行っているところですが、現時点でお伝えできる情報は特にありません。

Microsoft はプライバシーに関してきわめて高い規範を掲げており、プライバシーは基本的人権の 1 つと考えています。このことは、製品の中でプライバシーに対処するときの基礎となっています。Microsoft が掲げるもう 1 つの重要な原則は、お客様のデータをお客様自身がコントロールできることです。これは会社のプライバシー ステートメントで述べているだけではありません。社内のすべてのチームの指針となっています。お客様との合意の中で、Microsoft はお客様のコンテンツに関して 2 つのことだけができると規定しています。それは、お客様から要求されたサービスを提供することと、法的義務に従うことです。お客様のコンテンツに対するそれ以外のアクセスも使用も禁じられています。Microsoft は診断データを使用して Windows 365 (および Microsoft 365) のセキュリティを保ち、常に最新の状態にするとともに、問題を検出し、診断し、修復し、製品の改善を行っています。ただし、この診断データにはユーザーの名前やメール アドレスが含まれることはなく、ユーザーのアプリやファイルの内容も含まれません。

Windows 365 Enterprise では、クラウド PC からローカル PC へのコピーと貼り付けを禁止するかどうかを管理者がドメイン ベースのグループ ポリシーで設定できます。グループ ポリシーに対する変更の管理は、ローカルの Active Directory ドメイン コントローラーを通して行うことができます。Windows 365 Business では、個々のクラウド PC の管理をエンド ユーザーが行います。つまり IT 管理者が一元管理するのではありません。グループ ポリシーの設定でクラウド PC とローカル PC の間のコピーと貼り付けを禁止することはできません。現在、このような制限を Microsoft エンドポイント マネージャーのデバイス構成ポリシーを通して管理する方法を調べているところです。

1. モバイル アプリを使用できるかどうかは、国/地域によって異なります。