テクノロジの機能を示す自動運転車の内装

モビリティの未来を加速する

マイクロソフトは、エンジニアリング、製造、顧客体験、車内体験を迅速に進化させることで、自動車メーカーが従来の製造業者からモビリティ サービス プロバイダーへ転換することを加速しています。

スマート モビリティ サービスへの転換はここから始まります


自動車産業に従事する企業がどのようにデジタル トランスフォーメーションを進めているかご確認ください

舗装道路を走るグレーの AUDI ステーション ワゴン

Audi では、現在および将来のセンサー セットに対応するストレージ機能とコンピューティング機能を備えた、クラウドベースのシミュレーション ソフトウェアを使用して、自動運転分野を開拓しています。センサー セットは将来的に、4 ギガバイトのデータを生成するようになります。毎秒。1 台あたり。

Daimler セミトラック

Daimler AG ではクラウドを使用して、車両の設計からビジネスのコア システムに至るまで、ビジネスのデジタル トランスフォーメーションを進めています。 同社では、コア オペレーション システムを Azure に移行することで、拡張性と俊敏性を確保し、コストを削減しています。

ポルシェ車

Porsche がクラウド上に構築された職場で、デジタルの未来をどのように推進しているかご覧ください。同社では、テクノロジを活用して人と情報を結びつけたことが、ビジネス チャンスの拡大につながりました。

Bosch は、Azure Data Explorer を使用することで、道路と気象の専門知識と豊富な車両データを組み合わせ、リアルタイムで詳細なインサイトを獲得しました。これにより、運転の安全性、予測精度の向上、自動運転機能の可用性がグローバルにスケーリングできるようになりました。

FEV グループでは、機械学習を活用して Azure クラウドで動作する独自のソフトウェアを開発することにより、自動化のレベルを最大限に高めています。

Microsoft 365 の導入は、Hendrick Automotive Group がこれまで行ってきたどのアップグレードよりも違和感なく進行しましたが、お客様とのコミュニケーションの改善、営業とサービスの意思疎通のスピードアップ、オペレーション コストの削減につながりました。

新しい自動車産業エコシステムの構築