Person wearing headphones and using a laptop while seated at a private table in an open area of a large building with a central glass-enclosed atrium

サーバー用の Exchange Online Archiving

アーカイブ、コンプライアンス、法規制、電子情報開示の課題を解決します。

専門家に相談する

販売担当者に相談するには、お電話ください 0120-167-400.updated per 63834, fixed per bug 66908 Available Monday to Friday from 6AM to 6PM PT

¥330 ユーザー/月相当
年間契約
価格には消費税は含まれていません。

クラウドをベースとする、エンタープライズ クラスのアーカイブ ソリューション

アーカイブ、コンプライアンス、法規制、電子情報開示の課題を解決します。グローバル規模で冗長化された Microsoft のサーバーでホストされ、IT レベルの電話サポートを 24 時間年中無休で提供する Exchange Online Archiving は、Exchange Server 2019、2016、2013、2010 とともに使用できます。また、オンライン上でホストされるメールボックス用のアドオン サービスとしても利用できます。

含まれる機能

  • [noalt]

    インプレース アーカイブ

    組織の重要データすべてを 1 か所に保管するには、ユーザーにインプレース アーカイブの使用を許可します。ネイティブの機能で、ユーザーはスムーズに利用できます。

  • [noalt]

    データの保護

    安全に守るために、データは世界各地に分散したデータ センターでホストされます。データのバックアップが継続的に行われ、高度なディザスター リカバリー能力も備えています。

  • [noalt]

    制御を維持

    統合された管理インターフェイスで、クラウドベースのアーカイブの管理を Exchange 管理センターの中から実行できます。

  • [noalt]

    電子情報開示

    組織全体からデータを検出し、提示し、管理するのに役立つ、使いやすい Web インターフェイスを備えています。

  • [noalt]

    使いやすい

    ユーザーは、アーカイブされたメールに Outlook や Outlook on the web からアクセスできます。新しいツールや UI の操作を習得する必要がなく、組織のコンプライアンス要件を満たすのにも役立ちます。

  • [noalt]

    どこからでもアクセス

    Outlook や Outlook on the web を介して、どこからでも同じように情報にアクセスできます。

  • [noalt]

    アイテム保持ポリシー

    アイテムをアーカイブするか削除するかをユーザー自身が決定できるので、ユーザーが情報を整理するのに役立ちます。

  • [noalt]

    インプレース ホールド

    インプレース ホールド機能を使って、ユーザーの情報をそのままの形で保持します。後で証拠開示の対象として検索できます。

  • [noalt]

    信頼性

    信頼性、可用性、高パフォーマンスを実現するために、稼働率 99.9% 保証と返金制度をサービス レベル契約で規定しています。

  • [noalt]

    アーカイブ ストレージ

    サブスクリプションをお持ちの方 1 人あたり 50 GB がアーカイブ メールボックスとして用意され、履歴情報にアクセスできるようになります。ストレージの自動追加は、特定のサブスクリプション プランで利用できます。*

  • [noalt]

    IT レベルの電話サポート

    IT レベルの電話サポートは 24 時間年中無休で対応します。

  • [noalt]

    修正プログラムの自動適用

    メール アーカイブ システムの維持管理に要する時間と労力が不要になります。

  • [noalt]

    パフォーマンスの向上

    エンド ユーザーのパフォーマンスを高めるために、アーカイブしたメールをユーザーが自分の受信トレイ内で管理できるようにしました。その結果、ローカルで .pst ファイルを保存する必要がなくなります。

  •   

      


Exchange のリソース

IT 担当者向けの情報

Microsoft パートナー向けの情報

追加の要件

*サブスクリプションを保有するユーザーはそれぞれ、最初にストレージ 50 GB (Exchange Online プラン 1 の場合) または 100 GB (Exchange Online プラン 2 の場合) をアーカイブ メールボックスとして受け取ります。この容量に達した場合は、サブスクリプション プランに応じてアーカイブ メールボックスの容量が自動的に追加されます。これには共有メールボックスの分も含まれます。詳細については、こちらの TechNet の記事をご覧ください。