Exchange Server 2019 のライセンス


Exchange Server 2019 のライセンス オプションについてご紹介します。

サーバー ライセンス


このライセンスでは、実行されるサーバー ソフトウェアのインスタンスごとにライセンスを割り当てる必要があります。ライセンスには次の 2 種類のサーバー エディションがあります。

  • Standard: 中小規模組織のメールボックスのニーズを満たすように設計されています。大規模な Exchange 展開環境では、メールボックス以外の役割にも適しています。このエディションは 1 から 5 個のメールボックス データベースをサポートします。
  • Enterprise: 大量のメールボックス データベースを必要とする大規模な組織向けに設計されています。このエディションは 1 から 100 個のメールボックス データベースをサポートします。

クライアント アクセス ライセンス (CAL)


この種類のライセンスでは、サーバー ソフトウェアにアクセスするユーザーまたはデバイスごとに CAL が必要です。Exchange には 2 種類の CAL があり、両方ともどちらのエディションのサーバーでも利用できます。

  • Standard: ほぼすべてのプラットフォーム、ブラウザー、モバイル デバイスでユーザーの生産性を向上できるように設計されています。Exchange Server 2019 の機能により、ユーザーはどこにいても高い生産性を維持することができ、組織のデータを保護するのに役立ちます。Standard CAL の機能を使用するには、ユーザーごとに Standard CAL のライセンスが必要です。
  • Enterprise: コンプライアンス要件の遵守に伴うコストや複雑さの軽減を目的としており、新たにアーカイブ機能や情報保護機能が統合されています。Enterprise CAL の機能を使用するには、ユーザーごとに Standard CAL 1 件に加えて Enterprise CAL 1 件が必要です。
次の表は、各 CAL に含まれる機能の詳細をまとめたものです。

Standard CAL

Standard + Enterprise CAL1

電子メール、予定表、連絡先、タスク

この機能が含まれていることを示すチェックマーク

この機能が含まれていることを示すチェックマーク

Outlook on the web (Internet Explorer、Firefox、Chrome、Safari、Edge をサポート)

この機能が含まれていることを示すチェックマーク

この機能が含まれていることを示すチェックマーク

Outlook 用アプリと Outlook on the web

この機能が含まれていることを示すチェックマーク

この機能が含まれていることを示すチェックマーク

サイト メールボックス2

この機能が含まれていることを示すチェックマーク

この機能が含まれていることを示すチェックマーク

役割ベースのアクセス制御 (RBAC) 機能

この機能が含まれていることを示すチェックマーク

この機能が含まれていることを示すチェックマーク

ジャーナリング
データベースごと
ユーザー/配布リストごと
ジャーナル暗号化解除

この機能が含まれていることを示すチェックマーク

アイテム保持ポリシー

既定およびカスタム

既定およびカスタム
インプレース アーカイブ2

この機能が含まれていることを示すチェックマーク

複数のメールボックスの検索

この機能が含まれていることを示すチェックマーク

インプレース ホールド2

この機能が含まれていることを示すチェックマーク

Information Protection and Control (IPC): トランスポート保護ルール、Outlook 保護ルール、Information Rights Management (IRM) 検索

この機能が含まれていることを示すチェックマーク

1Exchange Enterprise CAL には、サービス付きとサービスなしの 2 種類があります。サービス付きの Enterprise CAL には、Exchange Online Protection (マルウェア対策とスパム対策のサービス) に加えて、Microsoft 365 のクラウド DLP も含まれます。Standard CAL またはサービスなしの Enterprise CAL を購入した場合に、Exchange Online Protection を単体プランとして購入することもできます。Microsoft 365 の DLP サービスは、単体プランとしては販売されていません。
 
2この機能を使用するには、特定のバージョンの Outlook が必要です。詳細については、こちらをご覧ください
 
 
 

Exchange をフォローする 

Twitter で Exchange をフォローする

ブログで Exchange をフォローする