Surface でリモートワークのソリューションの詳細を見る

Surface でリモートワークのソリューションの詳細を見る

どこにいても、あなたとチームがどのように働いていても、安全を確保し、Surface デバイスですべてを実行できます。Surface はリモートワーク用に設計されています。 
自宅のオフィスで Surface ペンと Surface Pro を使用している男性

チームとつながって、どこでもコラボレーションできます

安全な Microsoft Teams で * で会議から複雑なプロジェクトでの共同作業まで、顧客や同僚とリアルなコネクションを生み出します。Surface デバイスでは、人々を結びつけるように作られたリモートワーキング ソリューションを提供します。



どこにでも導入、管理、安全を確保

ゼロタッチ デプロイメント、ワンクリック デバイス 管理、Microsoft からの保護により、安全を確保するために必要な制御を維持しながら、組織がどこにいても自由に作業できるようにします。

Microsoft のセキュリティ機能の詳細をご覧ください

どこに作業していてもタスクを完了

どこにいても、Surface は適切なリモートワークのためのツールを提供し、集中力を維持し、ご自身のやり方ですばやく快適に作業を行うのに役立ちます。

Surface上 の Windows Virtual Desktopは、Azure で仮想化された Microsoft 365 を、Surface work-anywhere フォームファクターと 4G LTE オプション、幅広いデバイスリダイレクトサポート、チップからクラウドへのセキュリティおよびエンドポイント保護と組み合わせます。Microsoft Teams でのミーティング用の手書き入力、タッチ、クリアなマイクとスピーカーで複雑なビジネスとセキュリティの要件を満たします。

Surface上 の Windows Virtual Desktop の詳細をご覧ください

最善の方法を選択してください。お気に入りのノートPC フォームファクターから取り外し可能なタブレット、お客様の使用に合わせて調整できる革新的なキックスタンドを搭載した2-in-1 PCまで、今日の作業に最適な Surface PC があります。驚異的なキーボード4の エクスペリエンスにより、タッチで自然にナビゲートをすすめ、快適に入力できます。

Surface コンピューターの比較

重要なアプリからプロ仕様のグラフィックスを多用するソフトウェアまで、Surface デバイスは、最新のプロセッサ、必要な RAM とストレージ、および終日使用できるバッテリー駆動時間ですべてを実行できます。 5重要なアクセサリを USB- C® および USB-A ポートとヘッドフォンジャックに接続します。

Surface コンピューターの比較

現代的な職場に合わせた設計

ビジネス向け Surface のポートフォリオは、ユーザーが自分たちのやり方で仕事を進めるために必要な選択肢と柔軟性を提供し、素晴らしい体験を実現します。

次の一歩を踏み出す

価格については、Microsoft 認定リセラーにお問い合わせください。認定リセラーは、ビジネス向けの Surface の展開と管理も支援します

SURFACE からアイデアを得る 購入場所


別売りです。

1 Surface Go 2、Surface Pro X、LTE Advanced 搭載 Surface Pro (第 5 世代)、および Surface Go には、LTE Advanced が利用可能な構成があります。ご利用いただけるサービスおよびパフォーマンスは、サービス プロバイダーのネットワークによって異なる場合があります。互換性、詳細、料金、SIM カード、およびアクティベーションについては、ご利用のサービス プロバイダーにお問い合わせください。すべての仕様と対応周波数は Surface.com でご確認ください。

2 Surface Go および Surface Go 2 はサードパーティの UEFI を使用しており、DFCI をサポートしていません。DFCI は現在、Surface Book 3、Surface Laptop 3、Surface Pro 7、および Surface Pro X で利用できます。 Surface UEFI 設定管理の詳細をご覧ください。

3 Surface Hub 2S は、Windows Autopilot を有効にしていません。

4 Surface Pro タイプカバー、Surface Go タイプカバー、Surface Pro X Keyboard は別売りです。

5 バッテリー残量は設定や使用状況等の要因により大きく変化します。