Microsoft のセキュリティと Surface でビジネスを保護

セキュリティが向上した環境でコストを削減

Surface デバイスに Microsoft 365 Enterprise を組み合わせて活用している企業は、その効果を実感しており、効率性の向上とコスト削減を報告しています。1

Microsoft によって設計された組み込みのセキュリティ

Surfaceは、Microsoft が提供する最も強力なセキュリティプロトコルを活用し、管理を合理化することでITの複雑さを軽減し、ユーザーが作業に集中できるようにしています。

スタジオ モードの Surface Pro 7+ デバイスのヒンジを調整している人物の手

起動およびファームウェア レベルに至るまでの脅威の削減

サードパーティのソース コードに依存していないため、Microsoft エンドポイント マネージャー2 を使用してリスクをファームウェア レベルで最小化できます 3

SURFACE の DFCI 機能の詳細をご覧ください

TPM2.0を使用してデータを簡単に暗号化する

独立した TPM チップにより、パスワード、PIN 番号、証明書を保存するためのサンドボックス化された環境が実装されます。

トラステッド プラットフォーム モジュール技術について見る

リアルタイムのプロアクティブなテクノロジーを活用

Microsoft Defender ATP を使用して、既知のグローバルな脅威からリアルタイムで保護し、大規模な自動更新を取得できます。

DEFENDER ATP の詳細を見る

パスワードへの依存を低減

生体認証はセキュリティに優れており、一部のモデルでは Windows Hello または指紋センサーを使用して認証できます。

認証オプションを見る

工場出荷時から有効な、高度な Windows セキュリティ

アプリケーションとデータを Windows 10 のコアから分離するために、Surface デバイスにはデフォルトで有効な内蔵の仮想化ベースのセキュリティ (VBS) が備わっています。



 

 

サインアップして、セキュリティと IT イノベーションを常に把握

組織の近代化に伴いビジネスのセキュリティと IT 管理に関する課題が発生します。 IT 分野のリーダーからの最新の研究と技術ソリューションに遅れずについていくのを手伝いましょう。

最新版にいますぐサインアップ

現代の職場に最適な設計

法人向け Surface のポートフォリオは、ユーザーが自らの方法で仕事を進めるために必要な選択肢と柔軟性を提供することで、ユーザーが好む体験を実現します。



1「Microsoft Surface を利用して Microsoft 365 Enterprise の ROI を最大化」、Forrester Consulting によって実施された Total Economic Impact™ 研究、2020 年 7月。結果は、Microsoft 365 Enterprise E5 ライセンスと、Windows Autopilot を使用して設定され、Microsoft Defender ATP サービスに登録された、Surface Book 3、Surface Hub デバイスの標準化された混合環境を持つ、複合組織に基づいています。世界中の Microsoft 365 搭載デバイスのユーザー 143 人へのアンケートに基づいています。

2 別売です。

3 Surface Go および Surface Go 2 はサードパーティの UEFI を使用しており、DFCI をサポートしていません。Surface Go および Go 2 の Microsoft の保護の詳細については、 https://www.microsoft.com/ja-jp/surface/business/surface-go-2 をご覧ください。