持続可能性についての最新情報とお知らせ

こちらの最新情報とお知らせをご覧ください。

データセンターでノート PC を持って立っている人物。

Microsoft が革新的で持続可能なデータセンター リージョンをフィンランドに構築

Fortum Corporation との独自のコラボレーションにより、Microsoft はフィンランドに新しいデータセンター リージョンを構築します。このデータセンターは、100% エミッション フリーのエネルギーで運用され、廃熱を地域冷暖房に変換して、フィンランド第 2 の都市のエスポー市、隣接するカウニアイネン市、およびキルッコヌンミ市に供給します。これは、世界で過去最大規模のデータセンターの廃熱リサイクルになります。

Microsoft の データセンターを上から見た様子

Microsoft が持続可能なデータセンター リージョンをスウェーデンに開設

Microsoft は、最新の持続可能なデータセンター リージョンをスウェーデンのイェヴレ、サンドビーケン、およびスタッファンストルプに開設しました。この新しいデータセンター リージョンは、企業の持続可能性への投資と密接に連携しており、100% カーボン フリーのエネルギーを使ってデータセンターに電力を供給し、ゼロ ウェイストの運用をサポートします。

タービンが設置されている平原でノート PC を持って立っている人物。

スウェーデンに開設された Microsoft の新しいデータセンター リージョンで同社の持続可能性に関する取り組みを実現している方法

Vattenfall 24/7 ソリューションを商用製品で使用する初のハイパースケール クラウド リージョンであるこのリージョンでは、100 % 再生可能なエネルギーの提供を目指すと同時に、Microsoft の炭素、廃棄物、水に関する持続可能性の目標を 2030 年までに達成するための取り組みを進めます。また、この新しいデータセンター リージョンは、ゼロ ウェイスト認定を目指し、再利用によってサーバーのライフサイクルを延長し、Microsoft Cloud の循環経済を創出することを目的とした Microsoft Circular Center を備えています。

カメラを三脚に取り付けてオーロラの映像を撮影している 3 人の人物。

Microsoft の 2021 年の環境の持続可能性に関するレポートをリリース

カーボン ネガティブ、ウォーター ポジティブ、ゼロ ウェイストを達成し、Planetary Computer を構築する当社の取り組みについての進捗と学びを共有しています。

持続可能性に関するお知らせを発表する Microsoft のリーダー達

Microsoft は 2030 年までにカーボン ネガティブを達成

Microsoft は 2030 年までにカーボン ネガティブ (企業の年間活動で、二酸化炭素の排出量より吸収量が多い状態) を達成し、2050 年までに、Microsoft が 1975 年の設立以来、直接的または電力消費を通じて排出してきたすべての二酸化炭素を環境から取り除くことを目指しています。

 実績の評価:持続可能性への取り組みの進捗状況と最新情報

Microsoft は、企業による二酸化炭素排出量の記録、報告、削減を支援するための新しいクラウド プラットフォームである Cloud for Sustainability の発表と合わせて、2030 年までに二酸化炭素排出量正味ゼロの経済を実現する取り組みに向けた新しい持続可能性目標の概要をまとめました。これらの目標は、正味ゼロ経済の構築に必要なグリーン インフラを設計することによって、カーボン ネガティブ、ウォーター ポジティブ、ゼロ ウェイストの 2030 年までの達成に向けた前進をさらに加速させることになります。

川が流れる森林地帯を上から見た眺め。

Inspire 2021 で Microsoft Cloud for Sustainability を発表

Microsoft Cloud for Sustainability は、企業が環境への影響をコントロールできるようにすることを目的とした新しいサービスです。Microsoft Cloud for Sustainability は、データを共通の形式で一元化して二酸化炭素排出量を測定、削減、報告することにより、組織がバリュー チェーン全体における環境負荷を包括的かつ正確に、よりリアルタイムで把握できるようにします。

アリゾナ州の新しいデータセンターの外にあるサボテン。

Microsoft がアリゾナ州で持続可能なデータセンター リージョンを立ち上げ

Microsoft は、アリゾナ州グッドイヤー郊外で新しい持続可能なデータセンターを立ち上げました。持続可能な運用と設計を念頭に置いて構築されたこのセンターでは、太陽光発電を利用し、米国中の組織にクラウド サービスを提供するためにゼロ ウェイスト認定の運用を行っています。

両側の崖の間に広がる森林地帯の全景。

Microsoft が気候変動開示に関するコメントを SEC に提出

Microsoft は、気候変動開示に関するコメントを SEC に提出しました。このコメントでは、二酸化炭素排出量を測定および報告するための標準化されたプロセスが、気候変動を抑制するために必要なステップであることが示されています。Microsoft は、SEC の開示規制により、投資家の透明性と公平性が確保され、二酸化炭素排出量が正味ゼロの経済の基盤ができると考えています。

オフィスでコンピューターの画面を見ている 3 人の人物。

Microsoft がグリーン ソフトウェア財団を発表

Accenture、GitHub、Microsoft、ThoughtWorks は、持続可能性をソフトウェア エンジニアリングの中核に据えるため、Linux Foundation によって設立された非営利のグリーン ソフトウェア財団を立ち上げました。この財団は、ソフトウェア業界による温室効果ガス排出量を削減することを目指し、グリーン ソフトウェアの分野を成長させるために人材、標準、ツール、主要なプラクティスのグローバル コミュニティを結集します。

2 頭の象と触れ合っている大人と子供。

Microsoft による Project 15 – 5 つのパートからなるストーリー

Project 15 は、IoT とクラウド テクノロジを活用した持続可能性イニシアティブの推進に専念する情熱的なプロジェクトとしてスタートしました。このプロジェクトは、世界中の環境組織から関心を集めており、現在、科学コミュニティが保全から気候変動に至るまでの環境問題を解決できるようにすることを目的としたオープン ソース ソフトウェア プラットフォームを提供しています。このブログでは、現在に至るまでプロジェクトがどのように進歩してきたかについて Sarah Maston が詳しく説明しています。

雪を頂いた山の間を流れる水域

持続可能な未来を支える Planetary Computer が Microsoft からデビュー

Planetary Computer は AI と機械学習を使って、地球の生態系全体にわたる無数のデータポイントから地球環境データを収集および分析します。このデータは、科学者が地球の状態を詳しく把握し、持続可能なソリューションによって地球規模の疑問に答えるのに役立ちます。

Microsoft のデータセンターのサーバー ルーム

現実の "クラウド" の礎を築く Microsoft の仮想データセンター

この仮想データセンターのエクスペリエンスは、Microsoft が持続可能性、信頼性、セキュリティ、イノベーションを念頭において Microsoft Cloud を設計、構築、運用する方法を観察できる貴重な機会です。

木の上から太陽の光が差し込む森林。

より持続可能な世界を協力して作り上げる

持続可能な未来への道筋は、協力関係があって初めて実現できます。#BuildFor2030 キャンペーンでは、クラウド テクノロジの力を活用して持続可能性イニシアティブをリードしている Microsoft パートナーを取り上げています。

データセンター サーバーで作業している 2 人の従業員。

Microsoft が沸騰した液体を利用してデータセンター サーバーを冷却

Microsoft は、持続可能なデータセンターを構築するため、2 相液浸冷却と呼ばれるプロセスを潜在的ソリューションとして利用しています。仮想通貨のマイニングにインスピレーションを得たこの液浸冷却手法は、従来の空冷アプローチよりも安価で効果的です。Microsoft での活用はまだ大規模ではありませんが、2 相液浸は幅広いテクノロジにおいて革新的な可能性を秘めています。

Microsoft キャンパスの敷地に設置された Geoexchange 建設システム

珍しい機械が新しい Microsoft キャンパスにクリーン エネルギーを供給

2030 年までにカーボン ネガティブを達成するという Microsoft の持続可能性の目標の一環として、Redmond キャンパスにサーマル エネルギー センターが設置されます。これには、地下 550 フィートにまで及ぶ珍しいトンネルも含まれます。地球の熱エネルギーを活用するよう設計されたこのシステムは、ワシントン州のオフィスにおける最新の持続可能な開発となります。

広大な農場と、農作業をしている人々

多くの企業が二酸化炭素除去テクノロジのコストを負担に感じている

ますます多くの企業が二酸化炭素除去のためのエンジニアリング テクノロジ ソリューションに投資するようになってきていますが、このプロセスには多額のコストがかかります。2021 年に発表された Microsoft のホワイトペーパーでは、樹木の植栽や輪作など、自然を利用した気候変動対策の代替手段に潜む短所について説明しています。

緑の草原と大きな木がある風景。

持続可能性: 進歩の 1 年と行動の 10 年

2020 年に Microsoft は、カーボン ネガティブやウォーター ポジティブなど、2030 年までに達成すべき持続可能性の目標を設定しました。1 年間の取り組みを終えたところで、達成のための条件、初期段階における努力、そして得られた教訓について考察します。また、自社の持続可能性目標を達成するために Microsoft ソリューションを利用しているパートナーやお客様も紹介します。

山々と青く澄んだ湖の景色の手前に 1 の人物が立っている美しい眺め

1 年後: カーボン ネガティブへの取り組みに関する報告

Microsoft が 2030 年までにカーボン ネガティブを達成するという "ムーンショット" 公約から 1 年が経ちました。二酸化炭素排出量の削減や環境からの二酸化炭素除去など、初期段階での成功体験を共有し、得られた知識の取りまとめを行うとともに、Microsoft の持続可能性をさらに向上させるために今後数年間行われる取り組みについて説明します。

保護ヘルメットを被り、大きなパイプを見上げている人物。

Microsoft が "The Climate Pledge" (気候変動対策に関する誓約) に署名している理由

Microsoft は 2020 年、カーボン ネガティブを達成するための目標の設定から、環境保護を強化するための取り組みまで、持続可能性をより高めるための複数の計画を策定しました。テクノロジ企業として、気候問題にデジタル ソリューションを導入することを目指しており、"The Climate Pledge" への署名は気候を意識した取り組みにおける最新のステップです。

交差する多数の高速道路を上から見た様子。

持続可能性に対する Microsoft の取り組み

2020 年 1 月、Microsoft は今後 10 年でカーボン ネガティブを達成させる計画を発表しました。その発表以降、企業規模およびグローバルでの持続可能性向上に向けた実践を強化する取り組みが拡大し、2030 年までにウォーター ポジティブおよびゼロ ウェイストを達成するという目標が含められました。

タブレットが置かれたデスクを見ている 2 人の人物。

Microsoft がデンマークの新しいデータセンターの計画を発表

Microsoft は、持続可能な Microsoft データセンター リージョンを構築する計画によって、デンマークのグリーンなデジタル トランスフォーメーションに投資しています。これは、デンマークにおける成長とイノベーションをサポートするという Microsoft の取り組みにおける次のステップとなります。

黄色と茶色の土地に設置された風力タービン。

Microsoft がアイルランドのグリーン エネルギーに協力

Microsoft は SSE Airtricity と提携し、地球規模の気候変動との闘いの一環として、アイルランドの多くの学校にグリーン エネルギー資源を届けています。このプロジェクトには、Azure IoT と Microsoft Azure を活用したソーラー パネルや、再生可能エネルギーに関する教育キャンペーンが含まれています。

微笑んでいる人物。

#BuildFor2030 に向けた協力関係

国連の持続可能な開発目標とは、2030 年までに世界規模でプラスの影響をもたらすことを目指す 17 のイニシアティブのことです。これらの目標の達成を加速させるために、Microsoft は変化をもたらす優れた取り組みを進めているパートナーに焦点を当てた #BuildFor2030 キャンペーンを立ち上げました。キャンペーン 1 年目の終わりに、これまで行われてきたあらゆる素晴らしい活動について振り返ります。

川に腰まで浸かって立っている人物。

世界都市デー 2020: 持続可能な都市環境への取り組み

公共の問題に光を当てるために開催された世界都市デー 2020 において、Microsoft は、気候変動への良い影響を加速させているパートナーを紹介し、カーボン ネガティブ、ウォーター ポジティブ、ゼロ ウェイストに対する Microsoft の取り組みを再び強調しました。

木に完全に覆われた山の尾根の景色。

Microsoft が 2030 年までの "ゼロ ウェイスト" 目標の達成を目指す

Microsoft のゼロ ウェイスト目標は、今年初めに開始した、二酸化炭素、水、生態系、廃棄物に焦点を当てた Microsoft の広範な環境持続可能性イニシアティブの第 3 ラウンドです。Microsoft では、項目ごとに野心的な目標を設定し、テクノロジと Microsoft の知識によってお客様も同じ目標を達成できるようにしています。

緑豊かな森を流れる滝

Microsoft は 2030 年までに消費量よりも多くの水を補充

Microsoft の持続可能性イニシアティブにおける 4 番目の柱は、地球上で最も貴重な資源の 1 つである水を中心に展開しています。Microsoft のテクノロジと従業員のサポートにより、地球にプラスの影響を与え、他の企業も同じことを行えるようにしたいと考えています。

水素燃料電池。

Microsoft がデータセンターのバックアップ電源として水素燃料電池をテスト

長期的に予測可能でクリーンなエネルギー経済を加速させるため、宇宙に最も豊富に存在する成分を中心に作られた水素燃料電池により、世界で初めて 1連のデータセンター サーバーに連続する 48 時間電源を供給することができました。

高排出マシンと低排出マシンの違いを示す図。

正味ゼロ以上のものを目指す

二酸化炭素排出量を削減するという当社の野心的な目標によって、さまざまなテクノロジに対する探求が求められました。Microsoft では、各種テクノロジを活用することにより、全体的な目標と特定のデータセンターの場所やその地域のニーズに基づいて、実装すべき最良の組み合わせを判断しています。

クリーンな環境

2030 年までにカーボン ネガティブを達成するための目標の進捗状況

1 月に、Microsoft の CEO の Satya Nadella、プレジデントの Brad Smith、最高財務責任者の Amy Hood が、二酸化炭素、水、廃棄物、生物多様性に焦点を当てた大胆な新しい環境持続可能性イニシアティブを立ち上げました。

スマート ビルディング内にいるビジネス パーソン

Samsung と Microsoft が不動産とスマート資産管理を変革

Samsung Electronics Co. と Microsoft Corp. は本日、不動産開発および資産管理業界のデジタル トランスフォーメーションに焦点を当てた世界規模のコラボレーションを発表しました。

農場を上から見た様子

農家がより大きな利益を得ることができるようにするために、Land O'Lakes がアグテックを推進している方法

Land O'Lakes と Microsoft は、農業のイノベーションの開拓、サプライ チェーンの強化、農家と食糧システムの持続可能性プラクティスの拡大、農村のブロードバンド ギャップの解消を目的として、複数年にわたる戦略的アライアンスを発表しました。

森林と持続可能性の図の画像

Microsoft は持続可能性への取り組みを強化するにあたり炭素料金を増額

2009 年以降、Microsoft は自社の二酸化炭素排出量を削減するための一連の取り組みを設け、それを実践してきました。

Microsoft をフォローする