Skip to main content

Microsoft Cloud で個人のプライバシーを保護する

Web キャスト「Safeguarding individual privacy rights with the Microsoft Cloud」をご覧ください。この Web キャストでは、個人のプライバシー権を保護するために不可欠な一般データ保護規則 (GDPR) に関するトピックと、組織がコンプライアンスを維持するために Microsoft 365 と Microsoft Cloud がどのように役立つかについて説明しています。

Web キャストに登録する

新時代のプライバシー規制に備えて

2018 年 5 月に、欧州のプライバシー法「一般データ保護規則 (GDPR)」が施行されます。GDPR は、欧州連合 (EU) の居住者に商品やサービスを提供する、あるいは EU の居住者に結び付くデータを収集、分析する企業、政府機関、非営利団体、その他の組織に課せられる新しい規則です。GDPR はお客様の所在地に関係なく適用されます。

データの保護、プライバシーの擁護、複雑な規制への準拠において豊富な実績を重ねてきたマイクロソフトは、現在、 EU-U.S.Privacy Shield および EU モデル契約条項の両方に準拠しています。GDPR は、個人のプライバシー権を明確にし、これを保障するための重要なステップです。マイクロソフトは、お客様が GDPR への準備を効率的に進められるよう支援し、お客様には中核的なビジネスに注力していただきたいと考えています。

マイクロソフトは、2018 年 5 月 25 日から施行される GDPR へのコンプライアンスにクラウド サービス全体で取り組み契約上の責任において GDPR 関連の保証を提供します。

製品を GDPR コンプライアンスに役立てる方法に関する詳細を確認し、準備を始めるために必要な情報を手に入れてください。この規制に関するウェビナー、ビデオ、ホワイト ペーパー、よくあるご質問などのリソースもご用意しています。

GDPR での主要な変更

Alt text

個人のプライバシー

個人は以下の権利を有しています:

  • 自分の個人データにアクセスする
  • 自分の個人データのエラーを修正する
  • 自分の個人データを消去する
  • 自分の個人データの処理に異議を申し立てる
  • 個人データをエクスポートする
Alt text

コントロールと通知

組織は、以下を行う必要があります

  • 適切なセキュリティを用いて個人データを保護する
  • 個人データの侵害を監督官庁に通知する
  • 個人のデータの処理について、適切な同意を取得する
  • データ処理に関する記録を保持する
Alt text

透明性が確保されたポリシー

組織は、以下を行う必要があります

  • データ収集について明確に通知する
  • データ処理の目的と用途について、説明する
  • データの保持と削除について、ポリシーに規定する
Alt text

IT およびトレーニング

組織は、以下を行う必要があります

  • プライバシー担当者と社員をトレーニングする
  • データ ポリシーを監査および更新する
  • データ保護責任者を採用する (必要な場合)
  • 法律に準拠したベンダー契約を作成・締結し、管理する

GDPR コンプライアンスのベスト プラクティスについて

プライバシー プログラムのベスト プラクティスを調べて、GDPR などの規制へのコンプライアンスを達成する過程でマイクロソフトなどのグローバル企業がどのようなアプローチを実施しているか、インサイトを得てください。マイクロソフトのクラウド サービスを使用する際に、Microsoft 365 や Office 365 などの製品のデータ損失防止機能ならびにプライバシー ダッシュボードがどのようにコンプライアンス達成を支援するかについて説明します。

今すぐ eBook をダウンロードする

代替テキスト

Microsoft 365 でお客様のプライバシーを実現する

Microsoft 365 がどのようにデータ セキュリティを強化し、GDPR コンプライアンスのプロセスを合理化するかご確認ください。実用的なインサイトによるリアルタイムでの評価を受け、複数のデバイスにわたってお客様のデータを保護できます。Microsoft 365 に搭載された監査対応ツールを使用して、コンプライアンスを簡素化します。

eBook をダウンロードする

ホワイト ペーパーを読む

代替テキスト

コンプライアンスを一元管理する

Compliance Manager により、マイクロソフトのクラウド サービスを利用する際に、リアルタイムのリスク評価を実施し、実用的なインサイトを提供することで、コンプライアンス プロセスを簡素化できます。

Compliance Manager を今すぐ試す

セキュリティ、プライバシー、コンプライアンスに関するブログを読む

GDPR コンプライアンスを評価する

組織が個人データの保護要件を満たしているかご確認ください。簡単な 10 の質問からなるインタラクティブな評価を実施して、GDPR への準拠の準備状況をすぐに把握できます。

アセスメントを実施する
代替テキスト

GDPR の説明責任に備える

データ主体の要求 (DSR) や個人データの侵害に対応する際に役立つツールとドキュメント、さらにさまざまな Microsoft Cloud サービスに関する独自のデータ保護影響アセスメント (DPIA) を作成するのに必要な情報を利用すると、GDPR の説明責任に向けた準備態勢を強化できます。

GDPR の説明責任に関するサポートの詳細情報

データ ガバナンスと GDPR に関する詳細情報

GDPR コンプライアンスに関連する 4 つの主な分野 (検出、管理、保護、報告) において、マイクロソフトのツールとテクノロジが今後の GDPR 要件を満たすのにどのように役立つかについて説明します。インタラクティブ eBook『GDPR and Data Governance』(GDPR とデータ ガバナンス) は、効果的なコンプライアンス プログラムの構築に役立ちます。

インタラクティブ eBook を確認する

GDPR に備える方法を確認する

間もなく GDPR コンプライアンスの実施が始まります。この規制が世界中で有効になる 2018 年 5 月 25 日までに、準備しておくことをお勧めします。ビデオ シリーズ『Countdown: Preparing for GDPR』(カウントダウン: GDPR に備える) では、マイクロソフト エキスパートと EU 規制当局の会話をベースとした発展的なガイダンスによって、GDPR コンプライアンスを維持する方法を説明します。

今すぐビデオ シリーズを見る

代替テキスト

GDPR コンプライアンスのサポート

マイクロソフトでは、製品や詳しいドキュメント、他のリソースを通じて、GDPR 要件を満たすお手伝いをします。お客様に対するマイクロソフトの契約上の責任や GDPR コンプライアンスに対する独自の取り組みについては、GDPR についてよく寄せられる質問をご覧ください。

よく寄せられる質問を読む

Compliance Manager でコンプライアンスを一元管理する