スマートフォン用の Continuum アイコン

Continuum: スマートフォンをPCのように使う

Windows 10 Mobile の Continuum でスマートフォンをディスプレイやテレビにつなげれば、スマートフォンをあたかも PC のように使うことができます。Bluetooth 対応のキーボードとマウス*を利用することも可能。使い慣れた Office Mobile アプリをテレビに表示して、訪問先で PowerPoint からプレゼンする。そんな新しいワークスタイルを Windows スマートフォンが実現します。1

スマートフォン用の Continuum に関するビデオ

PC のような操作感をスマートフォンで実現できます。

スマートフォンの画面を外部ディスプレイに表示して、Microsoft Egde や Office Mobile を編集しながら、同時に通話やメッセージも可能な新しいワークスタイル。PC のような操作感をスマートフォンで実現できます。

Continuum を表示する 2 つのデバイス
Outlook アプリ タイルOneNote アプリ タイルPowerPoint アプリ タイルWord アプリ タイルExcel アプリ タイル

Office をポケットに

Office Mobile アプリを大画面のセカンドスクリーンで利用できるのは、Continuum 対応の Windows スマートフォンだけ。どこにいても、生産性を維持できます。2

スマートフォン用の Continuum を使う男性。

スマートフォンとしての利便性はそのまま

セカンドスクリーンに出力している場合でも、スマートフォンを通常どおりに使用することができます。大画面での作業を中断することなく、通話、文字入力、アプリの操作といったスマートフォンならではの使い方が変わることはありません。

Continuum 対応 Windows 10 スマートフォン

機能キー

  • Windows Hello

    Windows Hello

  • Cortana

    Cortana

  • Windows Ink

    Windows Ink

  • タッチスクリーン

    タッチスクリーン

  • セキュリティ

    セキュリティ

  • S モード

    S モード

  • Headsets

    Windows Mixed Reality

有線でも、無線でも

外部ディスプレイとの接続には、有線と無線の2つのオプションが用意されています。接続されると、スマートフォンのスタート画面がスタートメニューとなり、アプリの表示は1ディスプレイのサイズに最適化されます。単にミラーリングされるわけではありません。

ワイヤレス アダプターをディスプレイに接続する女性

無線での接続

Web ブラウズや写真の表示、オンラインショッピングが大画面でお楽しみいただけます。Continuum 対応のワイヤレス ディスプレイ アダプタをテレビやディスプレイに取り付けることで、ケーブルを接続することなく、ビデオ出力できます。出力中も通話は可能で、そのままアプリもご利用いただけます。スマートフォンのスクリーンはタッチパッドとして機能します。

ノート PC の画面が表示された Windows 10 スマートフォン

ロック画面の PC をスクリーンに

Windows 10 の「接続」アプリを利用して、スマートフォン向け Continuum で接続しているときは、PC がロック画面の状態でも、出力先としてご利用いただけます。

ディスプレイに優先接続したスマートフォンで作業する男性

有線での接続

DisplayPort や HDMI の有線ケーブルでディスプレイと接続できるドックを利用できるモデルでは、拡張性に優れています。モニター、マウス、キーボードをつなぐだけで利用でき、スマートフォンとしての機能も同時に使用できます。

その他の Windows 10 機能

* 一部の Continuum 対応スマートフォンでのみサポートされます。外部モニターが HDMI 入力を備えている必要があります。

** 互換性のあるデバイスと Wi-Fi 接続が必要です。

1 デバイスの種類や国と地域によっては、アプリを利用できない場合や、アプリの機能が異なる場合があります。一部の機能を利用するには Office 365 のサブスクリプションが必要です。

2 一部の Continuum 対応スマートフォンでのみサポートされます。デバイスの種類や国と地域によっては、アプリを利用できない場合や、アプリの機能が異なる場合があります。一部の機能を利用するには Office 365 のサブスクリプションが必要です。

3 Windows Hello を利用するには、指紋リーダーや顔認識センサーなどの生体認証センサーを搭載したハードウェアが必要です。

4 Cortana をご利用いただけるのは一部の国と地域のみとなります。利用できる機能が国や地域、デバイスによって異なる場合があります。

5 タッチ操作対応のタブレットまたは PC が必要です。ペン アクセサリは別売りの場合があります。

6 一度 S モードから切り替えると、S モードに戻すことはできません。

7 S モードの Windows 10 では、Windows の Microsoft Store 内で提供される S モードの Windows 10 に対応したアプリやアクセサリのみご利用いただけます。S モードからの切替がご利用いただけます。 windows.com/SmodeFAQ で詳細を見る。

8 サウンド、Cortana や音声読み取り機能を使用するには 3.5mm ジャック(USB 接続可能)で互換性のあるマイク付きのヘッドフォンを HMD のオーディオ ジャックに差し込む必要があります。互換性のあるヘッドフォンの製品パッケージやサイトには、Cortana バッジや丸いアイコンが表示されています。>

9 Windows Mixed Reality を使用するには互換性のある Windows 10 を搭載したパソコン、ヘッドセットと Windows 10 Fall Creators Update 以降の環境が必要です。ご利用になるアプリやコンテンツによってシステム要件が変わる場合があります。