Windows 11 の仕様、機能、コンピューターの要件を確認する

こちらでは、Windows 11で利用できる言語、デバイスの仕様要件、バージョンなどがご確認いただけます。一部のPCが要件を満たすために設定を更新または変更する方法についても、こちらをご確認下さい。

 | 

Windows 11 のすべての最小システム要件のリスト
ハードウェアのアイコン

システム要件

これらは Windows 11 を PC にインストールするための最小システム要件です。 お使いのデバイスがこれらの要件を満たしていないと、Windows 11 をインストールできません。その場合は、新しい PC の購入をご検討ください。 お使いの PC がこれらの要件を満たすかどうかわからない場合は、PC の OEM で確認するか、お使いの PC が Windows 10 を実行している場合は、PC 正常性チェック アプリで互換性を確認できます。このアプリはグラフィック カードやディスプレイは確認しませんので、ご注意ください。互換性のあるデバイスの大半は下記の要件を満たしています。

アップグレードには、デバイスが Windows 10、バージョン 2004 以降を実行している必要があります。[設定] > [更新とセキュリティ] の Windows Update から、無料の更新を利用可能です。

プロセッサ 1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
メモリ 4 ギガバイト (GB)。
ストレージ 64 GB 以上の記憶装置 注: 詳細は下記の「Windows 11 を最新状態に維持するために必要な空き領域についての詳細情報」をご覧ください。
システム ファームウェア UEFI、セキュア ブート対応。お使いの PC がこの要件を満たすようにする方法については、こちらをご覧ください。
TPM トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0。お使いの PC がこの要件を満たすようにする方法については、こちらをご覧ください。
グラフィックス カード DirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー) に対応。
ディスプレイ 対角サイズ 9 インチ以上で 8 ビット カラーの高解像度 (720p) ディスプレイ。
インターネット接続と Microsoft アカウント 個人向け Windows 11 Pro と Windows 11 Home は、初期設定時にインターネット接続と Microsoft アカウントが必要です。
Windows 11 Home の S モードを解除する場合もインターネット接続が必要です。S モードの詳細はこちら
すべての Windows 11 エディションで、更新の実行、ダウンロード、一部の機能を使用するために、インターネットのアクセスが必要となります。一部の機能を利用するにはMicrosoft アカウント が必要です。

機能によっては、特定のハードウェアが必要になります。一部のアプリを実行するためのシステム要件は、Windows 11 の最小デバイス仕様を超えます。インストールするアプリに固有のデバイスの互換性情報をご確認ください。デバイスで利用可能なストレージは、インストール済みのアプリと更新により変わります。高性能で高機能の PC ではパフォーマンスが向上します。アップデートのための要件は今後追加される可能性があります。

 | 

Windows 11 の機能固有の全要件のリスト
文字が書かれた notepad のイラスト

Windows 11 の機能固有の要件

Windows 11 の機能には、上記の最小要件以上の要件が必要なものもあります。下記は、主要な機能の要件に関する追加情報です。

(リリース前)
Windows Subsystem for Android™
Amazon アプリストアからインストールできます。その他の要件については、製品が一部の地域に導入される際にお知らせします。
5G 対応 利用可能な場合は 5G 対応モデムが必要です。
Auto HDR HDR モニターが必要です。
BitLocker to Go USB フラッシュ ドライブが必要です (Windows Pro 以上のエディションで利用可能)。
クライアント Hyper-V 第2レベルのアドレス変換 (SLAT) 対応のプロセッサが必要です (Windows Pro 以上のエディションで利用可能)。
Cortana マイクとスピーカーが必要で、現在 Windows 11 ではオーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、スペイン、イギリス、米国で利用可能です。
DirectStorage 標準NVM Expressコントローラードライバーで動き、シェーダーモデル6.0をサポートするDirectX 12対応GPUを載せたNVMe接続SSDを必要とします。
DirectX 12 Ultimate 対応しているゲームとグラフィックス チップが必要です。
プレゼンス デバイスからのユーザーの距離またはデバイスを使用しようとするユーザーの動きを検知できるセンサーが必要です。
インテリジェント ビデオ会議 ビデオ カメラとマイク、スピーカー (オーディオ出力) が必要です。
Multiple Voice Assistant (MVA) マイクとスピーカーが必要です。
Snap 3 列レイアウトを使用するには、幅が 1920 有効ピクセル以上のディスプレイが必要です。
タスク バーからミュートとアンミュート ビデオ カメラとマイク、スピーカー (オーディオ出力) が必要です。アプリはグローバルなミュートの切り替えを有効化できる機能に対応していることが必要です。
立体音響 対応しているハードウェアとソフトウェアが必要です。
Microsoft Teams ビデオ カメラとマイク、スピーカー (オーディオ出力) が必要です。
タッチ操作 マルチタッチに対応している画面またはモニターが必要です。
2 要素認証 PIN、生体認証デバイス (指紋リーダーや赤外線照射カメラ)、Wi-Fi 機能または Bluetooth 機能を備えたスマートフォンのいずれかを使用する必要があります。
音声入力 マイクを備えている PC が必要です。
Wake on Voice モダン スタンバイ電源モデルとマイクが必要です。
Wi-Fi 6E 新しい WLAN IHV ハードウェアとドライバー、さらに Wi-Fi 6E 対応の AP/ルーターが必要です。
Windows Hello 生体認証のための近赤外線 (IR) イメージング用に構成されたカメラまたは指紋リーダーが必要です。生体認証センサーを搭載していないデバイスでは、Windows Hello を PIN または移植可能な Microsoft 互換セキュリティ キーで使用できます。
Windows プロジェクション Windows Display Driver Model (WDDM) 2.0 をサポートするディスプレイ アダプターと、Wi-Fi Direct をサポートする Wi-Fi アダプターが必要です。
Xbox (アプリ) Xbox Live アカウントが必要ですが、一部の国と地域ではこのサービスが提供されていません。このサービスが利用な地域に関する最新情報は Xbox Live がサポートされている国と地域をご覧ください。Xbox アプリの一部の機能を使用するには有効な Xbox Game Pass のサブスクリプション (別売り) が必要です。Game Pass の詳細をご覧ください

 | 

Windows 11 へのアップグレード時に廃止および削除される主な機能のリスト
マイナス記号のアイコン

機能の廃止と削除

Windows 10 から Windows 11 へのアップグレードや Windows 11 の更新プログラムのインストールによって、一部の機能の廃止や削除が行われる場合があります。この対象になる主な機能の一部について、下記でご覧ください。

Cortana は初回のシステム起動時に起動されなくなり、タスクバーへのピン留めも行われなくなります。
デスクトップ壁紙 は Microsoft アカウントでサインインした場合、デバイス間の移動ができません。
Internet Explorer Windows 11では Internet Explorer 11 デスクトップアプリケーションに代わり、Microsoft Edge の IE モードが導入されます。詳細については Internet Explorer 11 デスクトップアプリケーションのサポート終了について FAQをご覧ください。
管理範囲 会社が「スタート」およびタスク バーをカスタマイズできる範囲は限られています:
  • 会社は「スタート」のレイアウトを変更することができますが、レイアウトをロックダウンし、ユーザーが変更できないようにすることはできません。
  • 会社は、タスク バーのピン留めと並べ替えを制御できます。
数式入力パネル は削除されます。数式認識エンジンはオンデマンドでのみインストールされ、数式入力コントロールと認識機能が含まれます。OneNote 等のアプリ内での数式手書き入力はこの変更の影響を受けません。
マルチアプリ キオスク モード は利用できません。Windows 11 でのキオスク モードは、単一アプリの使用のみ可能です。
「ニュースと関心」(News and Interests) が進化しました。タスクバーのウィジェットアイコンをクリックすると使える機能が追加されました。
ロック画面の簡易ステータス と関連設定は削除されています。
S モード は Windows 11 Home エディションでのみ利用できます。
インターネットの検索結果 Windows 11 では、インターネット検索結果の表示をレジストリ キーの設定変更で無効化することはできません。 関連するグループ ポリシーの設定は、この変更による影響を受けません。
Snipping Tool および Snip and Sketch は、慣れ親しんだ Snipping Tool という名前のもと、一つのエクスペリエンスに統合されました。
スタート は Windows 11 で大幅に変更され、次の主な廃止と削除が含まれます。
  • 名前付きグループとアプリのフォルダーがサポートされなくなり、レイアウトは現在サイズ変更できません。
  • ピン留めされたアプリは Windows 10 からのアップグレード時に移行されません。
  • ライブ タイルは廃止されます。一目で見られるダイナミックなコンテンツについては、新しいウィジェット機能をご覧ください。
タブレット モード はなくなり、キーボードの取り付けと取り外しに対応する新しい機能が追加されました。
タスクバー は次の点を含み変更されます。
  • タスクバーに People は表示されません。
  • アップグレードしたデバイスで、以前のカスタマイズを含み、一部のアイコンがシステムトレイ (systray) に表示されなくなる場合があります。
  • 画面の下部への位置調整が唯一許可された領域です。
  • アプリによってタスクバーのエリアをカスタマイズできなくなります。
タイムライン は削除されます。Microsoft Edge で一部の同様の機能を利用できます。
タッチ キーボード は 18 インチ以上のモニター画面ではキーボード レイアウトをドック/アンドックできなくなります。
ウォレット は削除されます。
Windows 展開サービス は、一部非推奨となっています。詳しくは こちらの記事をご覧ください。
Microsoft Store for Business および Microsoft Store for Education で、プライベート ストア タブは使用できなくなります。アプリ展開オプションについては こちらのブログ投稿を参照してください。

以下のアプリはアップグレードで削除はされませんが、新しいデバイスや Windows 11 のクリーン インストールではインストールされません。以下は Store からダウンロードできます。

 | 

環状矢印の青いアイコン

Windows 11 を最新の状態に維持

Windows エクスペリエンスの継続的改善への取り組みの一環として、Microsoft ではソフトウェアの更新プログラムと修正プログラムを作成してリリースしています。これらの更新プログラムはお使いのデバイスのサポート期間中、継続的に提供されます。

お使いのデバイスを最新の状態に維持することは、セキュリティ上でも、機能上でも重要です。インターネットに接続されているとき、Windows 11 は定期的に更新プログラムの有無を確認するため、自分で確認する必要はありません (発生した ISP 料金はお客様のご負担となります)。設定 | 更新とセキュリティ | Windows Update に移動することで、デバイスで保留中またはオプションの更新を利用できるかどうかを確認できます。

更新をインストールする十分なストレージ容量があることをご確認ください。またハードウェアが相手先ブランド供給 (OEM)側で対応していることもご確認ください。

Windows 製品のライフサイクルのよくある質問

Windows 11 を最新の状態に維持するためのストレージ容量の要件の詳細

デバイスに搭載の Windows オペレーティング システムのサイズと、Windows Update をダウンロードおよびインストールするために必要なストレージ容量は、さまざまな要素に左右されるため、一概には言えません。詳細はこちらをご参照ください。更新プログラムに必要な空き領域に影響を与える要因には、以前にインストールされた Windows のバージョン、仮想メモリのページファイルや休止状態ファイルなど Windows ファイルの再利用で利用可能になる空き領域の量、デバイスにインストールされているアプリケーション、アプリケーションによるデータの保存方法などが含まれます。更新の際、Windows は必要な領域を空けるために自動クリーンアップを行い、それでも容量が不十分な場合は、さらに空き領域を作るようにユーザーをガイドします。また空き領域はユーザーが手動で作ることもできます。

 | 

吹き出しと歯車

言語バージョン

Windows 11 の完全に翻訳された言語のリスト:

  • アラビア語 (サウジアラビア)
  • ブルガリア語 (ブルガリア)
  • 中国語 (中国)
  • 中国語 (台湾)
  • クロアチア語 (クロアチア)
  • チェコ語 (チェコ共和国)
  • デンマーク語 (デンマーク)
  • オランダ語 (オランダ)
  • 英語 (イギリス)
  • 英語 (アメリカ合衆国)
  • エストニア語 (エストニア)
  • フィンランド語 ( フィンランド)
  • フランス語 (フランス)
  • フランス語 (カナダ)
  • ドイツ語 (ドイツ)
  • ギリシャ語 (ギリシャ語)
  • ヘブライ語 (イスラエル)
  • ハンガリー語 (ハンガリー)
  • イタリア語 (イタリア)
  • 日本語 (日本)
  • 韓国語 (韓国)
  • ラトビア語 (ラトビア)
  • リトアニア語 (リトアニア)
  • ノルウェー語、ブークモール (ノルウェー)
  • ポーランド語 (ポーランド)
  • ポルトガル語 (ブラジル)
  • ポルトガル語 (ポルトガル)
  • ルーマニア語 (ルーマニア)
  • ロシア語 (ロシア)
  • セルビア語 (ラテン、セルビア)
  • スロバキア語 (スロバキア)
  • スロベニア語 (スロベニア)
  • スペイン語 (スペイン)
  • スペイン語 (メキシコ)
  • スウェーデン語 (スウェーデン)
  • タイ語 (タイ)
  • トルコ語 (トルコ)
  • ウクライナ語 (ウクライナ語)

その他にも追加で Language Interface Packs

が提供されている言語があります。
Microsoft Windows のアイコン

Windows 10 の仕様と要件をお探しですか?

心電図と心臓

互換性の確認

PC 正常性チェック アプリを使用すると、お使いの PC で Windows 11 を実行できるかを確認できます。

心電図と心臓