Windows 10 コンピュータの仕様とシステム要件を見つける方法

ここでは、Windows 10 のコンピュータの仕様、要件、バージョン、対応言語の概要について説明します。

または Windows の モバイル仕様を参照してください

目次


Windows 10 インストールのシステム要件


これらは Windows 10 を PC にインストールするための基本要件です。 これら要件にデバイスが合致しない場合、 Windows 10 で素晴らしい使用体験が得られず、あたらしい PC の購入を検討されるかもしれません。
プロセッサ:
1 ギガヘルツ (Ghz)以上のプロセッサまたは システム・オン・チップ(SoC)
RAM: 
32 ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GB
ハード ドライブの空き領域:
32 ビット版 OS では 16 GB、64 ビット版 OS では 32 GB
グラフィックス カード:
DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)
ディスプレイ:
800x600
インターネット接続:

アップデートの実行、一部の機能の利用およびダウンロードには、インターネット接続が必要です。Windows 10 Pro(S モード)、Windows 10 Pro Education(S モード)、Windows 10 Education (S モード)、および Windows 10 Enterprise(S モード)では、デバイスの初期セットアップ(Out of Box Experience または OOBE)中にインターネット接続、Microsoft アカウント(MSA)または Azure アクティビティディレクトリ(AAD)アカウントが必要となります。Windows 10(S モード) からデバイスを切り替えるにも、インターネット接続が必要です。 S モードの詳細はこちらからご覧ください

時間が経過するとともにアップデートのために要件が追加で必要となる可能性があります。同様にOS内の 特定の機能 をオンにするための要件も必要となるでしょう。

Windows 10 を最新の状態に維持


Windows 10 は、サポートされているデバイス寿命の更新を実現するよう作られています。 2つのタイプの更新(品質更新と機能更新)が提供されます。 品質更新にはセキュリティと非セキュリティアップデートが含まれ、特に通常は月に1度のリリースを目標としています。機能更新には品質更新だけでなく Windows 10 への新機能の追加も含み、年に2度提供されます。 デバイスがこれらの更新をしっかりと受信し、最新の状態にしておくことは、デバイスのセキュリティの観点にとって重要です。 自分でしなくてすむように、 Windows 10 が定期的にチェックします。アップデートが利用可能な場合―およびデバイスに十分なディスク容量がある場合、自動的にインストールされます。 Windows 10が引き続き更新されるには、デバイスに十分な空き容量が確実にあることが重要です。 下記の注意事項において適用される詳細を参照してください。
アップデートに関する重要な注意事項:
    • デバイスのハードウェアに互換性がない場合、現在のドライバが不足しているか、ハードドライブの空き容量が十分ではない場合、またはOEM(Original Equipment Manufacturer)のサポートが期間外の場合は、アップデートを受信できない場合があります。 Windows ライフサイクルファクトシート もしくは Windows 製品に関するライフサイクルのよくある質問 をご参照いただき、各機能のアップデートに関するサービスタイムラインについての詳細をご覧ください。
      • 更新プログラムのインストールに必要なディスク容量の一部に関しては、一時的にのみ必要とされます。 通常、更新プログラムをインストールして10日後に、ディスククリーンアップが自動的に実行され、不要な古い Windows ファイルのコピーが削除され、再度空き容量を作り出します。
    • 更新のすべての機能が使用できないデバイスもあります。
    • 更新を実行するにはインターネット接続が必要であり、これにはインターネットアクセス(ISP)の料金がかかる場合があります。
    • 更新のインストールに際し、サポートが必要な場合は Windows 10 Update Assistant もご参照ください。

アップデートのためのハードドライブスペース 要件の詳細


デバイスに付属する Windows オペレーティングシステムのサイズ、および Windows アップデートをダウンロードしてインストールするために必要なスペースは、さまざまな要因に依存するため、大幅に変化します。 詳細はこちらをご参照ください。 アップデートに必要とされるハードドライブの空き容量に影響を与える要因としては、マシンに以前にインストールされた Windows のバージョン、仮想メモリのページファイルや休止状態のファイルなど、Windows のファイルから再利用できるディスク容量、どのアプリケーションがデバイスにインストールされているか、それらのアプリケーションがどのようにデータを保存しているかあげられます。たとえば、OneDrive (Windows 10デバイスにインストールされているアプリ)などのクラウドストレージサービスにファイルを移動したり、不要なファイルをデバイスから削除したり、USB フラッシュドライブを挿入するなど、ディスク容量を空けるための手順を実行してから、更新を完了する必要があることがあります。
既に十分な空き容量がない場合、可能であれば、自動的にハードドライブの空き容量を作り出し(上記のディスククリーンアップなど)、自動クリーンアップが不十分な場合はさらに空き容量が作り出されます。 詳細は、最新の Windows 10 アップデートをインストールするための空き容量を作る もしくは関連するよくある質問をご訪問ください。

Windows 10 の機能固有の要件


Windows の実行に必要な上記の要件に加え、一部の機能には追加の要件があります。 場合によっては、更新されたバージョンの Windows 10 に含まれている機能が 新しいプロセッサを使っており、最高のエクスペリエンスを提供します。 具体的なハードウェアのサポートについては、相手先商標製造会社 (OEM) に問い合わせてください。 主な機能に追加される要件の詳細は以下のとおりです。

  • BitLocker ドライブ暗号化 (Windows 10 Pro もしくは Windows 10 Enterprise でのみご利用いただけます) では =トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) 1.2 以上および Trusted Computing Group (TCG) に準拠した BIOS もしくは UEFI が必要です。BitLocker は TPM のないデバイスでも使用できますが、USB フラッシュドライブなどのリムーバブルデバイスにスタートアップキーを保存しなくてはなりません。 デバイスを Azure Active Directory(AAD) に参加させる際、自動的に暗号化したい場合TPM 2.0 およびand InstantGo のサポートが必要です。有効にするシナリオのデバイスの正しい TPM バージョンと InstantGo をサポートしているか、PCの製造元に確認してください。
  • BitLocker To Go には、USB フラッシュ ドライブが必要です(Windows 10 Pro もしくは Windows 10 Enterprise でのみご利用いただけます) 。
  • クライアント Hyper-V には、第 2 レベルのアドレス変換 (SLAT) 機能と追加の 2 GB の RAM を含む 64 ビット システムが必要です (Windows 10 Pro および Windows 10 Enterprise のみ)。
  • 現在、Windows 10 で Cortana を使用できるのは、米国、英国、中国、フランス、イタリア、ドイツ、ブラジル、メキシコ、日本、カナダ、スペイン、オーストラリア、インドのみとなっています。
  • 一部の機能を利用するにはMicrosoft アカウント が必要です。
  • Miracast を使用するには、Windows Display Driver Model (WDDM) 1.3 をサポートするディスプレイ アダプターと、Wi-Fi Direct をサポートする Wi-Fi アダプターが必要です。
  • 映画 & テレビ アプリケーションは、一部の地域でご利用いただけない場合があります。ご利用いただける地域の最新情報については、 映画 & テレビ ページをご覧ください。
  • セキュア ブートには、UEFI v2.3.1 Errata B をサポートし、UEFI 署名データベースに Microsoft Windows 証明機関が含まれているファームウェアが必要です。
  • Skype は、特定の国や地域でのみご利用いただけます。通話先は、特定の国や地域に限定されます。緊急電話、特定の有料番号 (ダイヤル Q2 など)、および Skype でのアクセスが禁止されている特定の番号 (非地理的番号など) とは通話できません。詳細については、Office の FAQ ページをご覧ください。
  • スナップ: スナップ可能なアプリケーションの数は、アプリケーションの最小解像度(Tablet モードでは2つのアプリケーション、デスクトップモードでは4つのアプリケーション)によって異なります。
  • 音声認識の精度はデバイスのマイクに依存します。音声認識の精度を向上するには、次のものが必要です。
    • 高品位マイクロフォン アレイ
    • マイクロフォン アレイのジオメトリが公開されたハードウェア ドライバー
  • タブレット モードはタブレットでご利用いただけ、 GPIO インジケーター付きのタブレットおよび 2-in-1 PC、またはラップトップ/スレート インジケーター付きの PC は、自動的に "タブレット モード" に切り替えるように設定できます。
  • タッチ機能: タッチ機能を使う場合は、タブレット、またはマルチタッチに対応しているモニターが必要です。
  • 2 要素認証を行うには、PIN、生体認証デバイス (指紋リーダーや赤外線照射カメラ)、Wi-Fi 機能または Bluetooth 機能を備えたスマートフォンのいずれかを使用する必要があります。
  • Windows Hello は、生体認証に適した近赤外線(IR)イメージングまたは指紋リーダー向けに構成されたカメラが必要です。 生体認証センサーを搭載していないデバイスでは、Windows Hello を PIN または移植可能なMicrosoft互換セキュリティキーで使用できます。
  • Xbox アプリのご利用には Xbox Live アカウントが必要ですが、一部の国と地域では Xbox Live サービスが提供されていません。サービスが提供されている国と地域の最新情報については、「Xbox Live サービスを提供している国と地域」をご覧ください。
  • Wi-Fi Direct 印刷 を行うには、Wi-Fi Direct をサポートする Wi-Fi アダプターと、Wi-Fi Direct 印刷をサポートするデバイスが必要です。

言語バージョン


Windows 10 がサポートする言語には次が含まれます: アラビア語 (サウジアラビア)、ブルガリア語 (ブルガリア)、中国語 (簡体字、中国)、中国語 (香港)、中国語 (繁体字、台湾)、クロアチア語 (クロアチア)、チェコ語 (チェコ共和国)、デンマーク語 (デンマーク)、オランダ語 (オランダ)、英語 (英国)、英語 (米国)、エストニア語 (エストニア)、フィンランド語 (フィンランド)、フランス語 (フランス)、フランス語 (カナダ)、ドイツ語 (ドイツ)、ギリシャ語 (ギリシャ)、ヘブライ語 (イスラエル)、ハンガリー語 (ハンガリー)、イタリア語 (イタリア)、日本語 (日本)、韓国語 (韓国)、ラトビア語 (ラトビア)、リトアニア語 (リトアニア)、ノルウェー語、ブークモール (ノルウェー)、ポーランド語 (ポーランド)、ポルトガル語 (ブラジル)、ポルトガル語 (ポルトガル)、ルーマニア語 (ルーマニア)、ロシア語 (ロシア)、セルビア語 (ラテン、セルビア)、スロバキア語 (スロバキア)、スロベニア語 (スロベニア)、スペイン語 (スペイン、インターナショナル ソート)、スペイン語 (メキシコ)、スウェーデン語 (スウェーデン)、タイ語 (タイ)、トルコ語 (トルコ)、ウクライナ語 (ウクライナ)
その他の言語については Language Interface Pack が提供されます

機能の廃止と削除


Windows 7 または 8.1などの以前のバージョンの Windows から Windows 10 にアップグレードする場合、および Windows 10 に新しい更新プログラムをインストールする場合、一部の機能は廃止または削除される可能性があります。 削除された機能の一部については、以下をご参照ください。
  • デスクトップメッセージングアプリ:デスクトップ上のメッセージングアプリには同期機能があり、これにより Windows Mobile から受信した SMS テキストメッセージを同期し、そのコピーをデスクトップに保存することができます。2019 年 5 月のアップデート (Windows 10、バージョン1903) 以降、同期機能はすべてのデバイスから削除されています。この変更により、そのデバイスで受信したメッセージにのみアクセスすることができます。
  • Wi-Fi WEP と TKIP:2019 年 5 月のアップデート (Windows 10、バージョン1903) 以降、WEP または TKIP で保護されているWi-Fiネットワーク(WPA2 または WPA3 を使用しているネットワークほど安全ではない)に接続すると警告文が表示されます。将来のリリースでは、これらの古い暗号を使用する Wi-Fi ネットワークへの接続が許可されなくなります。WPA2 または WPA3 で利用可能な AES 暗号を使用するように Wi-Fi ルーターを更新する必要があります。
  • Windows To Go:この機能の開発は打ち切られました。機能のアップデートはサポートされておらず、多くのデバイスメーカーのサポートを受けられない特殊な USB が必要になります。
  • モバイル コンパニオン: 2018 年 10 月のアップデート (Windows 10、バージョン1809) 以降、モバイル コンパニオンは PC から削除されます。設定アプリのモバイルページで、お使いの携帯電話と PC を同期してください。モバイル コンパニオンの機能が全て含まれます。
  • ホームグループ:ホームグループは、2018 年 4 月の更新プログラム (Windows 10、バージョン1803) 以降削除されましたが、プリンター、ファイルやフォルダーの共有は引き続き行えます。Windows 10 の以前のバージョンから更新すると、エクスプローラー、コントロール パネル、トラブルシューティング ([設定] > [更新とセキュリティ] > [トラブルシューティング]) にホームグループが表示されなくなります。ホームグループを使って共有したプリンター、ファイル、フォルダーはいずれも引き続き共有され続けます。 ホームグループを使用する代わりに、これからは Windows 10 に組み込まれた機能を使ってプリンター、ファイル、フォルダーの共有を行えます。
  • People アプリ:Windows 10 では、People アプリは Office 365 の連絡先と学校または仕事の組織の連絡先からのメールを会話に表示します。2018 年 4 月の更新プログラム (Windows 10、バージョン1803) 以降、 People アプリでこれらの特定の連絡先からの新しいメールを見るためには、オンラインで、メールPeopleまたはカレンダー アプリを通して Office 365 アカウントまたは、仕事または学校のアカウントにサインインしている必要があります。 仕事または学校の組織のアカウントと、一部の Office 365 アカウントのメールしか表示されないことをご了承ください。
  • リーダーアプリ:Fall Creators Update (Windows 10, version 1709) 以降、リーダーアプリは Windows 10 から削除されました。PDF ファイルの閲覧には、Microsoft Edge を代替アプリとして推奨します。同様の機能が提供されるほか、改善されたアクセシビリティのサポート、手描き入力の改良、Cortana に質問への対応など、追加の機能もご利用いただけます。同様に、 XPS ファイルの閲覧には Windows XPS ビューアー、 TIFF ファイルの表示には Windows フォト アプリをお勧めします。また、以前の Windows 10 のバージョンをご利用のユーザーはリーダーアプリの使用を続けられます。
  • Windows Journal:Windows 10 Anniversary Update (Windows 10、バージョン 1607) 以降、Windows Journal は削除されました。Windows Journal が削除された後、Journal ファイル (拡張子が .JNT または .JTP) を開いたり、編集することはできなくなります。 Windows Journal の代わりに、OneNote に切り替えることをお勧めします。 Journal ファイルを開いたり、編集する必要がある場合については、こちらの情報を参照してください。
  • Windows Media デジタル著作権管理 (WMDRM): Windows 10 Anniversary Update (Windows 10、バージョン 1607) 以降、WMDRM はサポートされていません。この著作権管理テクノロジで保護された音楽ファイルやビデオファイルを再生することはできません。詳しくは、こちらをクリックしてください。

以下の変更は、Windows 7、Windows 8、または Windows 8.1 から Windows 10 にアップグレードするデバイスに影響します:

  • Windows メディア センター:Windows 7 Home Premium、Windows 7 Professional、Windows 7 Ultimate、Windows 8 Pro with Media Center、Windows 8.1 Pro with Media Center のいずれかがインストールされている場合に Windows 10 をインストールすると、Windows Media Center が削除されます。
  • モバイルデバイス管理 (MDM): Windows 10 Home エディションでは MDM 機能をご利用いただけません。
  • Windows 7 搭載デスクトップガジェット:これらはWindows 10 のインストール時に削除されます。
  • ソリティア、マインスイーパー、ハーツの各ゲーム:Windows 7 にあらかじめインストールされていた各ゲームは、Windows 10 にアップグレードする際に削除されます。新しいバージョンのソリティアとマインスイーパーとして、"Microsoft Solitaire Collection" と "Microsoft Minesweeper" が既にリリースされています。
  • フロッピー ドライブ:フロッピー ドライブをお持ちの場合は、Windows Update または製造元の Web サイトから最新版ドライバーをダウンロードする必要があります。
  • システムに Windows Live Essentials がインストールされている場合、OneDrive アプリケーションが削除され、Windows に搭載の OneDrive に置き換えられます。
  • OneDriveプレースホルダファイル:OneDriveプレースホルダファイルは Windows 10 ではサポートされていません。Windows 8.1 では、 OneDrive で利用でき、ローカルのデバイスでは利用できないファイルにはプレースホルダーが表示されていました。Windows 10 では、同期されるフォルダーをユーザーが OneDrive 設定で指定することができます。
  • スナップ: タブレット モードではスナップできるアプリが 2 個に制限されます。