Microsoft アカウントの安全性を高めるには

お客様のアカウントの安全確保は、マイクロソフトにとっての最優先事項です。
お客様のセキュリティ保護に役立つ情報をご案内しておりますので、下記ご覧の上、お客さまがご利用いただいている PC の設定を改めてご確認ください。

01安全性の高いパスワードの作成

安全性の高いパスワードの要件:

  • 他人に推測されにくい内容になっていますか
  • 長さは 8 文字以上ですか
  • アルファベット、数字、記号が組み合わされていますか
  • お客様のお名前、誕生日などの個人情報は含まれていませんか
  • 特定の単語を使っていませんか
  • 今までに使用したパスワードとはまったく異なる内容になっていますか
  • オンライン バンキングや別のメール アカウントなどで使用しているパスワードとは異なる内容になっていますか

今すぐパスワードを変更する

02常に最新のセキュリティ情報を設定する

セキュリティ情報 (代替のメール アドレスや電話番号など) を最新の状態に設定しておくと、問題が発生した際にお客様の身元を確認することができます。たとえばパスワードを忘れた場合や、他のユーザーがお客様のアカウントを乗っ取ろうとした場合でも、セキュリティ情報を使用してアカウントを回復することができます。

マイクロソフトでは、ご登録いただいたセキュリティ情報を迷惑メールの送信やマーケティング目的などに利用することは一切ありません。

今すぐセキュリティ情報を管理する

セキュリティ情報の詳細はこちら

03PC にウイルス対策ソフトウェアをインストールする

PC にインストールされるマルウェア (悪意のあるソフトウェア) によってパスワードが盗まれる可能性があります。たとえば新しいツールなどをダウンロードする際、お客様が気付かないうちに自動的にマルウェアがインストールされている場合があります。

ウイルスやマルウェアが検知された場合、それらを除去した後にパスワードを変更することが重要です。

注意:
Windows 8/8.1 または Windows RT/Windows RT 8.1 を使っている場合は、Windows 付属の無料ウイルス対策ソフトウェアである Windows Defender を利用できます。Windows Defender は Windows Update によって自動的に更新されます。
それ以前のバージョンの Windows を使用している場合は、 Microsoft Security Essentialsを無料でダウンロードすることができます。

ウイルス対策ソフトウェアのインストールが完了したら、更新プログラムのダウンロードと PC のスキャンを定期的に実行するように設定ください。

042 段階認証を有効にする

2 段階認証では、Microsoft アカウントへのサインインときに 2 つの方法で本人確認を行います。

  • パスワード
  • 追加のセキュリティ コード

他人にパスワードを知られたとしても、2 段階認証によってサインインを困難にすることで、アカウントを保護することができます。2 段階認証を有効にした場合、信頼されていないデバイスからサインインすると、追加の確認ページが表示されます。

この確認ページでは、サインインのためのセキュリティ コードの入力が求められます。新しいセキュリティ コードは携帯電話または代替のメール アドレスに送られますが、スマートフォン用の認証アプリで入手することもできます。

今すぐ 2 段階認証を有効にする

2 段階認証の詳細はこちら

05オペレーティング システム、ブラウザー、その他のソフトウェアを更新する

大半のサービス プロバイダーやアプリ プロバイダーでは、お使いの PC を保護できるように、セキュリティ更新プログラムを定期的に配布しています。それらを利用することで、セキュリティ ホールをふさぎ、ウイルスなどのマルウェアによる攻撃を防ぐことができます。

Windows を使用している場合は、このような更新プログラムを自動的に受信するために、Windows Update を有効にしてください。

自動更新の詳細はこちら

06不審な電子メールと Web サイトに注意する

見覚えのない差出人からのメールや、内容がわからない添付ファイルは開かないでください。ウイルスはメールの添付ファイルに潜んでいることが多く、添付ファイルを開くと即座に拡散されるようになっています。

あらかじめ内容が分かっている添付ファイル以外は開かないことをおすすめします。

信頼できる Web サイトについての詳細はこちら

07インターネット ブラウザーのポップアップ ブロック機能を使用する

ポップアップ ウィンドウとは、閲覧中の Web サイトとは別に、自動的に開く小さなウィンドウのことです。ほとんどは広告ですが、悪意のある危険なプログラムが含まれている場合もあります。

ポップアップ ブロック機能を使って、ポップアップ ウィンドウの一部または全部を表示しないようにすることができます。Internet Explorer のポップアップ ブロック機能は既定で有効になっています。

Smart Screen フィルター機能も、危険性のある Web サイトや既知のマルウェアを検知するために役立ちます。