Microsoft 365 Business の新しいセキュリティ機能によるビジネスの保護

多くの中小企業 (SMB) は、会社をサイバー攻撃から守り、データを安全に保つ能力を備えているかどうかについて懸念しているにもかかわらず、一般的な脅威に対する基本的な保護を実施していません。Microsoft が中小企業を対象に最近実施した調査によると、71% の企業がサイバー攻撃に対して脆弱であると感じていますが、侵害の経験がある企業では、この数字は 87% に跳ね上がります。

このような懸念にもかかわらず、紛失したり盗難に遭ったりしたデバイスのデータをリモートから削除できると回答した中小企業はわずか 41% で、メールの暗号化を採用していると回答した企業は半分だけでした。この 2 つは、大企業では不可欠な機能と見なされています。中小企業では、高度な IT ソリューションを実装するための専門知識がなく、またそのようなソリューションは高価で複雑すぎるという声も多く聞かれます。 ここでは、対話型のインフォグラフィックで詳しい調査データを紹介します。

Microsoft 365 Business — 中小企業のために

サイバー攻撃に対する中小企業の防御を強化し、機密情報を保護するために、Microsoft は本日、Microsoft 365 Business への高度なセキュリティ機能の追加を発表します。これは、従業員数が 300 人までの企業に対して、従業員の能力を高め、ビジネス データを保護するための包括的なソリューションを手頃な価格で提供するものです。Microsoft 365 Business には、生産性と共同作業のための Office 365 に加えてデバイス管理とセキュリティの機能も含まれており、業務に使用されるすべてのデバイスにおいて会社の情報を保護することができます。 さらに、フィッシングやランサムウェアから保護し、ビジネス データの意図しない漏洩を阻止するための新しい手段を追加します。

中小企業セキュリティ調査 — 対話型インフォグラフィック


従業員をフィッシングやランサムウェアから保護

サイバー犯罪ではフィッシングやランサムウェアによる攻撃が行われ、ウイルスやマルウェアをダウンロードしたり、気付かないうちに機密情報を漏洩したりしてしまいます。これらの攻撃は、顧客の信頼感の喪失から金銭的な損害まで、企業にとって大きな問題を引き起こすおそれがあります。

フィッシング、マルウェア、ウイルスに対する防御を強化するために、サイバー脅威からの次のような高度な保護が Microsoft 365 Business に組み込まれました。

  • 添付ファイルの高度なスキャンと AI を利用した分析。危険なメッセージを検出して破棄します。
  • メールに含まれるリンクの自動チェック。フィッシング攻撃の一環でないかどうかを調べ、ユーザーが危険な Web サイトにアクセスすることを防ぎます。
  • デバイスの保護。ランサムウェアや悪意のある Web サイトとデバイスがやり取りをすることを阻止します。

ビジネス データの意図しない漏洩を防止

多くの中小企業は機密情報を扱っています。半分以上が社会保障番号を収集して保管し、29% は銀行口座の詳細情報を処理しています。この種の機密情報の意図しない漏洩を防止することは、どれだけ努力し、従業員がまじめに取り組んでも、困難な場合があります。

機密性の高いビジネス データを保護するために、Microsoft は Microsoft 365 Business に次の機能を追加します。

  • データ損失防止ポリシー。社会保障番号やクレジットカード番号などの機密情報を発見、監視、保護します。
  • Outlook での情報保護。管理者や従業員がメール内の機密データへのアクセスを管理できます。たとえば、暗号化ルールを設定することにより、メールの転送、コピー、他のプログラムへの貼り付けを防止できます。
  • メールのアーカイブおよび保存ポリシー。継続的なデータのバックアップとコンプライアンスにより、データが適切に保持されるようにします。
  • すべての Windows デバイスに BitLocker デバイス暗号化を適用する機能。保護対象のデバイスが紛失または盗難に遭った場合に、データの盗難や公開から保護します。

Microsoft 365 Business は、業界最先端のプライバシー保護も備えています。お客様は常にデータの唯一の所有者であり、会社の中でだれがどのデータにアクセスできるかを制御できます。

1 つのサブスクリプションによる包括的な保護

Solace IT Solutions 社 CEO の Chris Oakman 氏は、中小企業と協力して、彼らが適切なテクノロジを用意して運用できるようにサポートしています。彼は、チームの生産性を高め、ビジネス データを安全に保つことは、複雑ではなく費用もかからないと言います。

「私の仕事では、スパム フィルタリングやフィッシング対策などの個別のセキュリティ サービスに費用を多く支払ってきた中小企業と数多く出会います」と、Oakman 氏は言います。「そのような企業では、このような機能に加えて多数のデータ保護機能も統合的な形で備えている Microsoft 365 Business を使用すると、年間で最大 3,000 ドルを節約できる可能性があります。」

これらの新機能により、Microsoft 365 Business は企業にとって生産性、セキュリティ、デバイス管理の総合的なソリューションとなります。次のビデオで、英国で美容室向けにソフトウェア ソリューションを開発している iSalon Software が Microsoft 365 Business を利用して、どのように生産性とセキュリティを高めているかをご覧ください。

詳細情報

脅威保護、アーカイブ、情報保護の機能は、新規の Microsoft 365 Business のお客様は現時点で利用でき、既存のお客様は今後数週間かけて利用可能になります。データ損失防止と、Office デスクトップ アプリケーションに依存する機能のサポートは、数か月のうちに行われます。セキュリティの拡張機能を有効にする方法の詳細については、Microsoft 365 Business のサポート記事をお読みください。

Microsoft は、世界中の中小企業にパワーを与え、安全性を確保できるよう全力で取り組んでいます。Microsoft 365 Business がどのように自社のビジネスに役立つかを詳しく知るには、こちらのガイド ツアーをご覧ください。Microsoft パートナーにお問い合わせいただくか、Microsoft Store にアクセスして Microsoft 365 Business:Safe and Secure または Cybersecurity for Small Business無料ストア内ワークショップに申し込んでいただくこともできます。


本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。