Microsoft、ナスダック、リフィニティブがリアルタイム データと Excel のインサイトで一般投資家を支援

金融投資は、毎日の生活で把握する必要のある、最も重要な事項のひとつです。数百万人もの人々が、予算と資産の管理に Excel を選択しています。このような管理をシームレスに行えるようにするため、Microsoft は昨年、人工知能 (AI) の機能を利用した Excel のデータの種類である [株式] を導入しました。これは、株式相場の情報を価格、変動、通貨などの豊富な情報のレイヤーを持つ対話型のエンティティに変換します。

本日 Microsoft は、ナスダックおよびリフィニティブと提携して、米国上場株式の全範囲に関する最新の金融情報を取り込めるように取り組んでいることをお知らせします。これには、世界最大の証券取引所であるナスダック株式市場の株式、および世界最大の金融市場データおよびインフラストラクチャ プロバイダーの 1 つであるリフィニティブからの情報が含まれ、それが直接 Excel の [株式] データ型に変換されます。

[株式] データ型により、個人の投資について Excel でより優れた管理を行うことができ、最新の株価、取引量、その他の金融情報を確認することができます。Excel から離れて別の情報源を検索する必要はありません。ナスダックとリフィニティブから提供されるリアルタイムで信頼できるデータにより、これはさらに優れた機能となります。Excel の [株式] には、ナスダック総合指数、ダウ平均株価、S&P 500 などの以前から利用できる投資信託や株価指数などのデータに加えて、ビットコイン、債券、国際通貨、時間外取引の情報、業界や企業の説明などの会社に関する情報などが含まれるようになりました。

「リアルタイムの市場データのリーチを拡大することは、市場へのアクセシビリティを高めるために不可欠です。」と、Oliver Albers 氏 (Senior Vice President and Head of Strategic Partnerships for Nasdaq’s Global Information Services) は述べています。「Microsoft とのコラボレーションは、重要な市場情報を個々の投資家に提供するための重要なステップです。Microsoft は個人のエンパワーメントに焦点を当てており、それは金融市場をよりインクルーシブなものにするという私たちの使命と完全に一致しています。」

「金融情報に関心を持つ人は、今日の複雑で動きの速いグローバル市場をうまく進んでいくために、迅速で信頼性の高いデータを必要としています。」と Brennan Carley 氏 (リフィニティブ社 Global Head of Enterprise) は語ります。「リフィニティブには、金融担当者に Microsoft Excel でデータを提供する長年の経験があります。そして今日、Microsoft とのパートナーシップを通じて、一般投資家がこれらの機能にアクセスできるようになったことをお知らせすることができ、大変うれしく思っています。」

Excel の [株式] がどのように機能するかを詳しく理解するため、Microsoft の株式を見てみましょう。MSFT に入力して [株式] をクリックすると、Excel ではそれを株式として認識し、関連情報の多くのプロパティ (価格、変動、最終取引時間、直近 52 週間の最高値/最低値、その他の価格情報などのリアルタイム属性) に関連付けられた機能豊富なエンティティに変換することができます。これらの属性を別々のセルに取り込んだり、数式内で直接使用したりすることができます。最近更新されたデータ カードでは、Excel ユーザーがそのような情報を操作しているときに、利用可能なカテゴリの簡単なプレビューを確認できます。株式ポートフォリオから株式銘柄コードのリストを 1 つの列に追加すると、株価とその日の損益が表示され、ボタンをクリックするとそれが更新される様子を想像してみてください。

Excel で [株式] データの種類が動作しているスクリーンショット。

Microsoft が提供するデータ サービスの力と、ナスダックやリフィニティブのような信頼性の高い市場の情報源を組み合わせ、市場で目にするようなデータに一般投資家の皆さまもアクセスできるようにすることで、金融リテラシーを向上させることができます。これはほんの始まりにすぎません。まもなく、過去のデータを確認したり、数分ごとに自動的に価格を更新したりできるようになる予定です。

Microsoft は、お客様がデータを最大限に活用できるよう、Excel の改善に引き続き取り組んでまいります。Excel for Office 365 を使ってさっそく投資を管理してみましょう。このテンプレートを使用して投資情報を確認することができます。

本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。