Trace Id is missing
メイン コンテンツへスキップ
Microsoft 365
Photograph of a person standing at a counter-height table in a large, open office space looking at a laptop.

Office 365 E5 (Teams なし)

Office 365 E5 は、Microsoft 365 の生産性向上アプリに高度な分析、セキュリティ、コンプライアンスのサービスを組み合わせたクラウドベースのスイートです。

  • モバイル用 Microsoft 365 をユーザー 1 人あたり最大 5 台の Windows PC または Mac、5 台のタブレット、5 台のスマートフォンにインストールできます。5
  • データ分析と視覚化を利用して、情報に基づいた意思決定を行うことができます。
  • メール メッセージ、リンク (URL)、コラボレーション ツールがもたらす悪意のある脅威から組織を安全に守ることができます。
  • コンプライアンス リスクを評価し、機密データのガバナンスと保護を行い、規制要件に効果的に対応できます。

システム要件 >

Microsoft Teams は別ライセンスとなります。新しいサブスクリプション構造の詳細情報 >

ご購入前のご相談

お電話でのご相談を 0120-167-400 で承ります。営業時間: 月曜日 - 金曜日、午前 9:00 - 午後 5:30。

Originally starting from ¥5,359 now starting from ¥5,359

¥5,359 ¥5,359

ユーザー/月

年間サブスクリプション - 自動更新1

Office 365 E5 にはこれらが含まれています

  • Word

  • Excel

  • PowerPoint

  • Outlook

  • OneNote

  • SharePoint

  • OneDrive

Office 365 E5 だけの利点

  • Power BI Pro

    ビジネス分析を使用して、十分な情報に基づくすばやい意思決定を実現する分析情報を得ることができます。

  • Microsoft Defender for Office 365 – Plan 2

    組織をフィッシングやゼロデイ マルウェアなどの巧妙化した攻撃から保護するのに役立ちます。

  • Microsoft 365 Cloud App Security

    組織内で使用されるアプリに対する充実した可視化、サイバー脅威を特定して対処するための高度な分析、データ移動に対するリアルタイムの監視と制御を利用できます。

Office 365 共通の機能

  • Microsoft 365 アプリ

    Microsoft 365 アプリ (Word、Excel、PowerPoint、OneNote (Windows PC のみ)、Access (Windows PC のみ) など) をユーザー 1 人あたり最大 5 台の Windows PC または Mac、5 台のタブレット、5 台のスマートフォンにインストールできます。

  • Microsoft 365 アプリの多言語ユーザー インターフェイス

  • モバイル用 Microsoft 365

    モバイル デバイスとタブレットのために設計された Microsoft 365 アプリを使用できます。

  • Exchange Online

    100 GB の法人メールと予定表の機能で仕事をスマートに進めることができます。

  • Outlook

    メール、予定表、連絡先のすべてが 1 つの場所に集まっているため、つながって、常に情報を整理することができます。

  • Microsoft Delve

    自分の Microsoft 365 プロファイルを Delve で管理できます。現在自分に最も関係のある情報を、すべての Microsoft 365 アプリから見つけて整理することができます。

  • Microsoft 365 グループ

    既にお使いの Microsoft 365 のツールとこのサービスを併用すると、チームメイトと一緒に文書を書く、スプレッドシートを作成する、プロジェクト計画を作成する、会議のスケジュールを決定する、メールを送信するなどの共同作業ができるようになります。

  • Microsoft Whiteboard

    アイデアとコンテンツについての共同作業をフリーフォームのデジタル キャンバスで行うことができます。

  • Microsoft 365 の SharePoint

    SharePoint Online ストレージを使用してコンテンツ、知識、アプリを共有し、管理することができます。チームワークの力となり、情報がすばやく見つかり、組織全体でシームレスに共同作業できます。

  • Microsoft Bookings

    顧客からの予約受付と予定の管理をシンプルにします。

  • OneDrive for work

    1-5 TB 分またはそれ以上の個人用クラウド ストレージにどこからでも、どのデバイスでもアクセスできます3。組織内外の人とのドキュメント共有も簡単で、誰が閲覧または編集できるかをファイルごとに制御できます。 

  • Sway

    視覚に訴えるニュースレター、プレゼンテーション、ドキュメントを数分で作成できます。

  • Microsoft Stream

    インテリジェントなビデオでエンゲージメントを促進し、情報を伝えることができます。

  • Microsoft Forms

    アンケート、クイズ、投票を簡単に作成できます。

  • Power Apps for Microsoft 365

    ビジネスに必要なアプリを自分で構築します。既に使用しているアプリの機能を拡張またはカスタマイズすることもできます。

  • Microsoft Planner

    チーム作業を整理し、新しいプランを作成し、タスクを割り当て、ファイルを共有し、チャットし、進捗状況を更新します。

  • Power Automate for Microsoft 365

    繰り返し作業を簡単に実行できるように、ワークフローを自動化します。

  • Microsoft Graph

    この統一プログラマビリティ モデルを利用してアクセスできるデータは、何百万人ものユーザーとやりとりする組織やコンシューマーのためのアプリを構築するのに使用できます。

  • 共有コンピューターのライセンス認証

  • Microsoft To Do

    一日の計画を立てて管理できます。

  • Microsoft Purview 情報保護

    Microsoft 365 の基本的なメッセージ暗号化と Microsoft Purview データ損失防止 (メールとファイル用) を使用して情報を保護できます。

  • Microsoft Viva Insights (パーソナル インサイト)

    従業員が成功を続けていくのに役立つデータ駆動の、プライバシーが保護されたインサイトと個人のウェルビーイングのエクスペリエンスを利用できます。4

  • 追加のコンプライアンス機能

    法的コンプライアンスを促進するための機能としてコンテンツ検索、メール アーカイブ、Microsoft Purview eDiscovery、基本的監査、手動データ保持ポリシーと秘密度ラベルがあります。

  • グループ ポリシーのサポート、Microsoft 365 テレメトリ、ローミング設定

  • Microsoft Viva Engage (コミュニティと会話)

    従業員がつながり、自分を表現し、帰属を実感できる場所を用意して、職場での有意義な関係を築くことができます。4

  • シングル サインオン (SSO) のためのオンプレミスの Active Directory 同期

  • Visio for the web

    Visio for the web を使用して本格的なダイアグラムやフローチャートを作成し、編集し、共有し、共同で作り上げることができます。

  • Azure Information Protection

    社外と共有されるメール、ドキュメント、機密データを制御し、セキュリティで保護することができます。

  • Microsoft 365 on the web

    どこからでも作成、共有、共同作業ができます。

アドオン サービス

Microsoft Copilot for Microsoft 365

お客様の組織がこれまで以上に多くのことを達成できるように、AI を活用しましょう。

Microsoft Teams Enterprise

チャット、会議、ファイル共有、ビジネス アプリでの作業を 1 つの共有ワークスペースの中で行うことができる Microsoft Teams を、スタンドアロンのソリューションとして追加できます。

Microsoft Viva

従業員全体のエンゲージメントと生産性をさらに高めましょう。

Microsoft Priva プライバシー リスク管理

プライバシー リスクを特定して防御することができます。主体の要求の自動化と管理を大規模に行うことができます。

Microsoft 365 でさらに多くのことを達成しましょう

人とチームが最高の仕事をできるよう支援する

Microsoft 365 では、クラウドの力を活用して人々と組織の生産性をさらに高めることができます。

Microsoft 365 E5 にアップグレード

Microsoft 365 E5 は、クラス最高の生産性向上アプリと高度なセキュリティ、コンプライアンス、音声通信、分析の機能を組み合わせた、エンタープライズのためのソリューションです。

Office 365 vs Microsoft 365

組織のニーズを満たすソリューションを見つけましょう。

展開に関するリソース

Microsoft 365 の計画と展開などのトピックに関する情報をご用意しています。

よく寄せられる質問

最もよく寄せられる質問

  • はい。アップグレードが必要な場合は、アカウントを別のプランに移行できます。たとえば、Office 365 E3 プランから Office 365 E5 プランにアップグレードできます。

    ほとんどの場合は、管理センターでプランの切り替えウィザードを使用してプランをアップグレードできます。ただし、サブスクリプションのユーザー数が 300 人を超えている場合や、プランの購入にプリペイド カードを使用した場合は、プランの切り替えウィザードを利用できません。プラン切り替えウィザードの対象になっていないプランについては、手動でアップグレードできます。Office 365 プランのアップグレードについての詳細情報をご覧ください。 

    注: アカウントをアップグレードすると、ドメイン名が新しいアカウントに移行されます。これは、独自のドメイン名を Microsoft 365 アカウントで使用している場合も、Microsoft 365 とともに新しいドメイン名をセットアップした場合も同じです。

  • サブスクリプションはいつでもキャンセルできます。Office 365 E5 などの年間契約のサブスクリプションでは、契約期間終了前にキャンセルするとキャンセル料が発生します。 マイクロソフト オンライン サブスクリプション契約の全文をご覧ください。 

  • お客様のデータはお客様のものです。Office 365 サブスクリプションをキャンセルする場合、データ (たとえば、チーム サイトのメールやドキュメントなど) をダウンロードし、別の場所に保存することができます。ただし、キャンセルする前にデータを保存する必要があります。サブスクリプションをキャンセルした後 90 日間は、Microsoft 365 アカウントに関連付けられたデータに、管理者が機能制限付きのアカウントでアクセスすることができます。

  • はい。無料試用期間終了までに作成されたユーザー アカウントと同じ数の Office 365 サブスクリプションを購入された場合は、これらのユーザー アカウントの情報と設定がそのまま引き継がれます。無料試用期間が終了すると、それ以降は Office 365 を無料で使用することはできません。30 日の猶予期間が設けられており、その間に Office 365 を購入すればアカウント情報は削除されません。試用版のアカウント情報が削除されると、その情報は取り戻せなくなります。

  • Office 365 のプランはすべて、インストールしてライセンス認証するときとサブスクリプション アカウントを管理するときにインターネット アクセスが必要になります。また、Microsoft 365 のクラウド生産性サービス (メール、会議、IT 管理など) やその他のサービスにアクセスするときにもインターネットに接続する必要があります。 

    多くの Office 365 のプランには、デスクトップ版の Microsoft 365 も含まれます (Office 365 E5 や Office 365 E3 など)。デスクトップ版の Microsoft 365 アプリをインストールしておくと、オフラインでも作業でき、次回インターネットに接続したときにすべての作業が自動的に同期されます。したがって、ドキュメントが最新の状態かどうかを心配する必要はありません。デスクトップ版の Microsoft 365 も、インターネットに接続しているときは自動的に最新の状態が保たれ、アップグレードされるので、常に最新のツールで作業できます。 Office 365 のプランの比較については、こちらをご覧ください

  • お客様が所有するドメイン名を Microsoft 365 に追加してドメインベースのメール アドレスを作成できます。 ご利用中のドメイン レジストラーまたは DNS ホスティング プロバイダーを特定する方法については、こちらをご覧ください。または、カスタムまたは複数のドメインの追加についての詳細情報をご覧ください。 

  • Microsoft のパートナーとしてトレーニングを受けた IT および開発企業が、Microsoft 365 への移行やお客様の業務に合わせたソリューションの開発をサポートします。 Microsoft パートナーを見つけるには、こちらをご覧ください

  • FastTrack for Microsoft 365 は、お客様が Microsoft 365 への移行をスムーズに自信を持って行い、ビジネス上の価値を短期間で実現できるようにお手伝いするカスタマー サクセス サービスです。

    FastTrack Center は世界各地に分散する数百名のエンジニアのチームであり、IT 担当者やパートナーが Microsoft 365 を問題なく導入できるようにサポートします。

    FastTrack エンジニアは個々のお客様に合わせた遠隔サポートを行い、お客様が技術環境を準備して円滑にオンボーディングと移行を実施できるようにお手伝いします。

    対象となるお客様には、Office 365 のご購入後 30 日以内に FastTrack Center からご連絡します。FastTrack のリソースとサービスをご利用いただけるのは、Office 365 Enterprise のプラン、または有料の Government、Kiosk、Nonprofit のプランを 150 シート以上購入された場合となります。

    詳細情報をサービスの説明と FastTrack FAQ でご覧ください。  

プランと価格

  • 主要なクレジット カードを利用できます。サブスクリプションの金額は、クレジット カードの明細に表示されます。請求書払いにすることもでき、選択されたサービスに応じて毎月または年 1 回のご請求となります。請求書が発行されると、メールで通知が送信されます。サブスクリプションを購入したときに発注書 (PO) 番号を入力した場合は、その番号が請求書に表示されます。

     

  • Office 365 Enterprise プランでは年間契約をご利用いただけます。年間契約の場合は 1 年間のサブスクリプションにサインアップしますが、そのときに月々払いにするか、年間一括前払いにするかを選ぶことができます。

  • はい、ディスカウントはエンタープライズ契約のお客様がボリューム ライセンスを通じて購入される場合に適用可能です。Microsoft のパートナーが大企業向けの購入オプションをご案内し、最適なオプションの決定をお手伝いします。ボリューム ライセンスについての詳細情報をご覧ください。  Microsoft パートナーを見つけるには、こちらをご覧ください。 

     

  • E5 の特長は、ビジネスのための包括的なセキュリティです。E5 では個人と組織の分析が可能であることに加えて、組織が保有するデータについてのコントロールの幅をこれまで以上に広げる "アクセス制御" と、高度な脅威に対する防御のための Microsoft Defender for Microsoft 365 も含まれています。

  • 今すぐ E5 にアップグレードすることも、更新のときまで待ってから更新プロセスの中で切り替えることもできます。

    • アカウント担当者またはパートナーからサブスクリプションを購入した場合は、その担当者またはパートナーの協力を得てアップグレードしてください。
    • Microsoft から直接サブスクリプションを購入した場合は、アップグレードをご自身で、Microsoft 365 管理センターで行うことができます。今すぐご自身でアップグレードを行うには、Office 365 E4 から Office 365 E5 へのアップグレードの説明をご覧ください。
  • [1] 有料サブスクリプションのキャンセル ポリシーは、お客様のステータス、製品、および Microsoft でのドメイン選択などの要因によって異なる場合があります。サブスクリプションのキャンセルはいつでも、Microsoft 365 管理センターで行うことができます。サブスクリプションによっては、キャンセル料が発生する場合があります。Microsoft 365 サブスクリプションをキャンセルする方法をご覧ください。サブスクリプションがキャンセルされると、関連するデータがすべて削除されます。Microsoft 365 でのデータの保持、削除、破棄に関する詳細情報をご覧ください
  • [2] 1 か月の無料試用期間終了後、お客様のサブスクリプションは自動的に 12 か月の有料サブスクリプションに切り替わり、該当するサブスクリプション料金が請求されます。無料試用中のキャンセルはいつでもでき、その後請求されることはありません。サインアップするにはクレジット カードが必要です。 詳細については、こちらをご覧ください
  • [3] 無制限の OneDrive ストレージを利用できるのはサブスクリプションのユーザー数が 5 人以上の場合です。Microsoft により、ユーザー 1 人あたり 5 TB の初期ストレージが提供されます。追加の OneDrive ストレージが必要になった場合は、そのつど Microsoft サポートにリクエストできます。ユーザー数が 5 人未満のサブスクリプションでは、ユーザー 1 人あたり 1 TB の OneDrive ストレージが割り当てられます。
  • [4] プレミアム機能を使用するには Microsoft Viva のライセンスが必要です。Microsoft Teams に統合された機能を有効にするには Teams のライセンスが必要ですが、Teams がなくても Web または他のアプリ内エクスペリエンスを介して使用できます。 詳細については、こちらをご覧ください
  • [5] モバイル アプリを使用できるかどうかは、国/地域によって異なります。

フォローしてください