生産性のライブラリ

すばやく作業を進めるための簡単な方法を検索する

下を検索するか、[財務]、[人事]、[マーケティング]、[営業] をクリックします
Microsoft 365 の詳細情報

オフィスとのギャップを埋める在宅勤務環境への 5 つの工夫

勤務時間の全体または一部を在宅で働く (テレワークする) 人も、単にプロジェクトの遅れを取り戻すために自宅や外出先で仕事をしたいという人も、今や少数派ではなくなりました。Global Workplace Analytics によると、在宅で働く人の数 (自営を除く) は、2005 年から 103% 増えており、しかもこの傾向は終わる気配がありません。現在、在宅で働く時間が少なくとも半分に達する従業員の数は、370 万人に達しています。テレワークは、労働者にとって柔軟性、ワークライフ バランスの向上などの多くのメリットがあるだけでなく、雇用者もコスト節約や人材プールの拡大など、さまざまなメリットを得られます。テレワークへの移行が急速に進む中で、生産性、つながり、幸福感を維持する方法を見つけることの重要性がこれまで以上に高まっています。

ここでは、在宅勤務という働き方を最大限に活かす 5 つの方法を紹介します。

  1. インスタント メッセージング (IM) でつながる — インスタント メッセージングには、テレワーク労働者にとって 2 つの大きなメリットがあります。まず、共同作業者がすぐに連絡を取ることができるため、プールサイドや映画でさぼろうとする考えを打ち砕いてくれます。また、自宅作業者の孤立感も遠ざけてくれます。テレワークに関する研究の積み重ねから、リアルタイムで同時にやり取りができるという IM の特性は、存在感、帰属感、幸福感といった人々の感情を強めてくれることがわかりました。別のいくつかの研究からは、顔文字を使うことが人々の総合的な関わりを高め、より強い共感を生むこと、また、グローバルな仮想チームがデジタルな関わり方をしている場合、ソーシャルで楽しい要素を取り入れると共同作業の質が高まり、よりよい関係を築けることもわかっています。Microsoft の Office 365 などのソフトウェアでは、Skype for Business による IM が提供されているため、すぐにリアルタイムでつながることができ、顔文字も利用できます。堅苦しさがなく、会話に近く、電話よりもすぐに連絡ができます。

使用を開始する

その他のトピック