現在位置:障碍者採用トップ > 採用メッセージ
マイクロソフトは、皆さんご存知の Windows や Office だけでなく、Surface や Xbox そして IT ソリューションを支える数多くのコンピューター製品を開発、販売しております。また、"地球上のすべての個人、すべての組織に関わる人たちが、より多くのことを達成できるようにする" というミッションを掲げ、日々、製品の開発に取り組んでおります。

マイクロソフトでは、"ダイバーシティ&インクルージョン" を推進しており、視覚、聴覚、上肢、下肢、内部など、異なる障碍特性のある社員が在籍し、それぞれの専門分野で活躍しています。同質の才能だけが集って培われた文化からは、革新的なことは生まれない。 さまざまな個性、さまざまなバックボーン、さまざまなキャリアを持った人間が混ざり合い、刺激し合うことで、いままでにない新しい可能性が生まれていく。障碍の有無もまたダイバーシティと考えています。たとえ障碍をお持ちであろうと、ソフトウェアの力でそれを克服して、その人が持っている "ポテンシャル" を引き出していきたい。それをマイクロソフトの社内だけでなく、私たちが生きる世の中全体に波及させることで、社会をより良く変えていくことに貢献できればと思っています。

障碍をお持ちの方にとって、その障碍とどのように向き合っていくかということは、仕事をする上で一つのポイントになると思います。面接では、皆さんの障碍について、思い描かれているキャリア ビジョンについて、詳しくお伺いしたいと考えております。また、マイクロソフトでは仕事に対する "思い" をとても大切にしています。障碍に対して決して否定的にならず、ポジティブに仕事をしていただきたいです。マイクロソフトではサポートができる環境をご用意しておりますので、安心して前向きに仕事に取り組んでください。

就職活動という限られた時間の中では、いかに自分をアピールできるかが、成功のカギになります。これまで採用活動をしてきた経験では、自己アピールに関して消極的な印象を受ける方が比較的多いように感じます。人事はエントリーされる方についてよく知りたいと思っています。ご自分に自信を持って「何をしたいのか」が伝わるように積極的にアピールしてください。たくさんのご応募をお待ちしております。