スキップしてメイン コンテンツへ

SQL Server 2019 のメリット

SQL Server 2019 は、ビッグ データのサポート機能を搭載。革新的なセキュリティ、およびコンプライアンス機能、業界をリードするパフォーマンス、ミッションクリティカルな高可用性、そして高度な分析をすべてのワークロードで実現します。

ビッグ データの分析

SQL Server 2019 により、ビッグ データ環境が管理しやすくなりました。SQL Server と緊密に統合され、マイクロソフトにより完全にサポートされた Hadoop Distributed File System (HDFS)、Spark、そして分析ツールといった、データ レイクの主要な要素をご提供します。Kubernetes 管理クラスター上の Linux コンテナを使用して簡単なデプロイも可能です。

データの仮想化

SQL Server 2016 では、データの移動やコピーを一切行うことなく、PolyBase により SQL Server 内で T-SQL クエリを実行し、Hadoop からデータを引き出して、構造化された形式でデータを返すことができました。今回、マイクロソフトはデータ仮想化の構想をさらに拡大。Oracle、Teradata、MongoDB、そして他の SQL Server など、新たなデータ ソースがご利用いただけます。

Windows、Linux、コンテナで SQL Server 2019 をインストールする

Windows

Windows

SQL Server 2019 データベース エンジンを Windows で実行する。

Windows

Windows

SQL Server 2019 データベース エンジンを Windows で実行する。

Linux

Linux

SQL Server 2019 データベース エンジンを Linux で実行する。

Docker

Docker

SQL Server 2019 データベース エンジン コンテナ イメージを Docker で実行する。

ビッグ データの分析

SQL Server 2019 ビッグ データ分析コンテナ イメージを Kubernetes で実行する。

Back To Top