Windows および Mac 向け Office 2019 の提供開始

本日、Windows および Mac 向け Office 2019 の一般提供が開始されました。Office 2019 は、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Project、Visio、Access、Publisher の次のオンプレミス バージョンです。

Office のクラウド接続バージョンである Office 365 ProPlus は、展開や管理にかかる所有コストを最小に抑えつつ、Office の作業における生産性や安全性を最大限に高めます。ただし、クラウドをまだ利用していないお客様向けに、Office 2019 はユーザーおよび IT 担当者向けのオンプレミス アプリの新機能および更新プログラムを提供します。Windows Long Term Servicing Channel (LTSC) リリースと同様に、Office 2019 では、クラウドに接続できないお客様、または定期的に更新プログラムを受け取ることができないお客様向けに、機能強化を行いました。

Office 2019 の機能強化は、この 3 年間に Office 365 ProPlus に追加された多くの機能のサブセットです。Office 2019 は 1 回限りのリリースであり、機能の更新プログラムはその後提供されません。ただし、Office 365 ProPlus の毎月の新機能追加は引き続き行われる予定です。これには、コラボレーション、人口知能 (AI)、セキュリティなどのイノベーションが含まれます。

Office 2019 で PowerPoint を使用しているデバイスを示す画像

Office 2019 ではアプリ間で利用できる機能が提供され、ユーザーは優れたコンテンツを少ない時間で作成できます。PowerPoint 2019 では、変形やズームなどの新機能を利用して映画のようなプレゼンテーションを作成できます。Windows の複数のアプリ間で利用できるインク機能 (ペンシル ケース内の移動、筆圧、傾き効果) が強化され、ドキュメントを自然に作成できます。

デバイスで Office 2019 の Excel を使用している画像

Excel 2019 に、新しい計算式やグラフ、PowerPivot の機能強化など、新しく強力なデータ分析機能が追加されました。

ノート PC を開いて Word ドキュメントで作業している画像

Word 2019 および Outlook 2019 は、ユーザーが最も重要な作業に集中できるよう支援します。音声読み上げや文字間隔などの学習ツールを使用すれば、コンテンツの作成作業が簡単になります。フォーカス モードは注意力散漫にならないように、コンテンツを中心に表示します。また、優先受信トレイは、重要度が高いメールだけを表示します。これにより仕事を効率的に進めることができます。Office 2019 の新機能の詳細については、よく寄せられる質問をご覧ください。

これ以外にも、Office 2019 には、セキュリティの向上と管理の合理化のための機能が追加されています。クイック実行 (C2R) という最新の展開テクノロジが Office 2013 で導入されましたが、現在は世界中の何億ものデバイスに Office を展開および更新するために使用されています。 Office 2019 では、Office のオンプレミス バージョンをクイック実行に移行することでコストを削減し、セキュリティを強化します。クイック実行のメリットとしては、毎月のセキュリティ更新プログラムの受け取り、最新バージョンのアプリのインストール、Windows 10 のダウンロード最適化テクノロジによるネットワーク トラフィックの削減、Office 365 ProPlus への簡単なアップグレード パスが挙げられます。 また、クイック実行では、Microsoft インストーラー (MSI) ベースの製品と同じように、企業向けの管理機能が提供され、以前の MSI ベースの製品から Office 2019 に移行する場合のインプレース アップグレードもサポートします。詳細については、Office 2019 クイック実行によく寄せられる質問をご覧ください。

Office 2019 製品リリースにはサーバーの更新プログラムも含まれ、数週間後には、Exchange Server 2019、Skype for Business Server 2019、SharePoint Server 2019、Project Server 2019 もリリース予定です。

Office 2019 は、まだクラウドに移行する準備が整っていないお客様にメリットがある更新プログラムです。新しいオンプレミス バージョンの Office をリリースするたびに、お客様からこれが最後になるのかというお問い合わせをいただきます。オンプレミス バージョンは今後もリリースしていきます。クラウドに接続することで、生産性およびセキュリティの向上、総コストの削減という現実的なメリットがありますが、Microsoft は、クラウド サービスの利用についてはお客様により状況が異なることを認識しています。お客様のクラウドへの移行を、お客様のペースで柔軟に進めるという視点から、Office のオンプレミス バージョンを提供することは Microsoft の重要な義務であると考えています。

提供状況

  • 本日から、商用ボリューム ライセンスの (信頼済みの) お客様に Office 2019 の提供が開始されます。
  • Office 2019 は、コンシューマーおよび法人のお客様に提供されます。中国、インド、日本のコンシューマーのお客様向けには、Office 2019 スイート製品は今後数か月で提供されます。
  • 一部の機能は Office 2019 の Mac または Windows のバージョンでのみ提供されます。詳細については、よく寄せられる質問をご覧ください。


本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。